切り花のおすすめ5選!プレゼント向けも

切り花のおすすめ5選!プレゼント向けも

切り花とは茎の部分で切り取った花のことで、店頭ではつぼみや咲き始めの状態で買うことができます。花屋やスーパー、通販で購入できます。定番のバラやユリなどの花だけでなく、枝ものや葉ものだけを花瓶に飾るのも人気です。これまで花を飾る習慣がなく、飾り方や相場などが分からないという場合でも、切り花の知識があれば気軽に花を買うきっかけになるかもしれません。今回は切り花の選び方やおすすめ商品を紹介します。

切り花とは

切り花とは

切り花とは茎の部分で切り取った花のことで、花瓶に飾ったり、生け花やフラワーアレンジメントの花材としても使われます。切り花を飾ることでお部屋を華やかにすることができ、癒しを与えてくれます。花屋や八百屋、スーパー、ネット通販などで購入することができ、育てやすい品種であれば自分で栽培することも可能です。

切り花の選び方

花の品種で選ぶ

通年で購入できる品種はいつでも楽しめる

 

通年で購入できる品種はいつでも楽しめる

ハウス栽培により定番のバラやユリ、カーネーション、菊などは年間を通して購入することができます。季節を気にせず気軽に切り花を楽しみたい方はいつでも買えるものを選ぶと良いでしょう。

季節感を出すなら旬の花を選ぼう

季節感を出すなら旬の花を選ぼう

季節に合った花を選ぶことでお部屋のコーディネートがまとまるのはもちろん、季節感のある贈り物をすることもできます。季節ごとに旬の花があり、春はサクラやチューリップやスイートピー、初夏はアジサイやヒマワリ、秋はリンドウやコスモス、冬はスイセンやラナンキュラスなどが店頭に並びます。

用途に合わせて選ぶ

自宅用やプレゼントは好みに合わせよう

自宅用やプレゼントは好みに合わせよう

切り花を購入するシーンには「自宅用」「お祝い用の贈りもの」「お供え用」などの用途があります。自宅用やプレゼントは自分や相手の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。難しく感じる場合は、同系色で明るい色の花を数種類組み合わせていくときれいにまとまります。

お供え用はマナーを守って選ぼう

お供え用はマナーを守って選ぼう

出典:Amazon.co.jp

切り花を購入するときに注意したいのは、お供えにはトゲのあるバラや香りがキツいもの、花粉が落ちてしまう花を選ばないというマナーがあるということです。また、亡くなって間もなくは白あがりもしくは淡い色まででまとめた方が良いとされています。

花の色で雰囲気が変わる

花の色で雰囲気が変わる

切り花は、わずかな色の違いで印象が変わるということがあります。クリーム系や淡いピンクや黄色などの花は柔らかい雰囲気が出ます。元気を出したいときやパッと明るい印象にしたいときは、ビタミンカラーの黄色・オレンジや明るいピンクなどがおすすめです。情熱的な赤やワインレッド、アンティーク感を出すことができるブラウン系やスモーキーな色合いもおしゃれです。

贈りものには花言葉も考慮してみよう

贈りものには花言葉も考慮してみよう

出典:Amazon.co.jp

花には花言葉があり、その内容を重視して花を飾ったり、贈ることができます。ただし、複数の意味を持つことがあったり、希望の花言葉を持つ花が店頭にないこともあるので注意してください。代表的な花言葉には、赤いバラの花言葉の「情熱・あなたを愛しています」、スズランの「純粋」、かすみ草「幸福」などがあります。

切り花の生け方

切り花の生け方

切り花の生け方は、茎を少しカットして清潔な花瓶に入れた水につけるだけです。そのとき、葉が水に浸かってしまう場合は水の濁りの原因になってしまいますので、あらかじめ取り除くようにしてください。

切り花を長持ちさせる方法

切り花の寿命とは

切り花の鮮度を保ちながら飾ることができるのは、およそ1週間が目安です。花の持つ生命力はもちろん、室温や置かれる環境で花の持ちが左右されます。できる限り長持ちさせたいという場合は、風通しの良い環境に置き、こまめに水替えをするなどのサポートをしてください。

温度管理とこまめな水替えが大切

切り花を長持ちさせるためには、温度管理と花瓶の水をきれいに保つことが大切です。高温多湿やエアコンの直風、直射日光が当たる場所に飾るのは好ましくないので、涼しく風通しの良い場所に置くようにしましょう。また、水を吸い上げて生きているため、花瓶を清潔に保ち、水をこまめに取り替えることで切り花の持ちを良くすることができます。

水切りをすると長持ちする

水切りとは、茎を水に浸けたまま茎を切ることを指します。この方法は切った直後に断面が空気に触れないというメリットがあります。水切りをすることで、花が再び水を吸い上げることができ、切り花を長持ちさせることができます。水切りのコツは、切れ味の良いハサミで花の茎を斜めに切ることです。

延命剤を使おう

切り花用の延命剤を使うと、花瓶の水がバクテリアなどの繁殖により濁ることを防ぐ効果があります。切り花用の延命剤は花屋やホームセンター、ネット通販などで購入することができます。ただし、延命剤は切り花に養分を与える栄養剤のような役割をするものと捉えておくようにしてください。水替えをして、きれいな水に交換したときに延命剤を薄めて使うと良いでしょう。

切り花のおすすめ5選

プリティマーメイド生花 切花 切り花 SPミニバラレッド Rマカレナなど 5本
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

プリティマーメイド生花 切花 切り花 SPミニバラレッド Rマカレナなど 5本

価格情報がありません

1本に複数の花がついているスプレータイプのバラです。ボリュームがあるので空間を華やかにしてくれます。切り離してフラワーアレンジメントにも使用可能です。バラは水を良く吸い上げますので花瓶の水をやや多めにすると良いでしょう。5本セットで届きます。

1本に複数の花がついているスプレータイプのバラです。ボリュームがあるので空間を華やかにしてくれます。切り離してフラワーアレンジメントにも使用可能です。バラは水を良く吸い上げますので花瓶の水をやや多めにすると良いでしょう。5本セットで届きます。

はなはなアルストロメリア 切花 一級品 70cm(花5個・蕾5個付き)×10本入りAmazon最安値2,750円(税込)

出典:Amazon.co.jp

はなはなアルストロメリア 切花 一級品 70cm(花5個・蕾5個付き)×10本入り

Amazon最安値2,750円(税込)

花の内側にある模様が特徴のアルストロメリアは、1本に複数の蕾がつくので次々に花を咲かせてくれる楽しみがあります。こちらは黄色の10本入りですが、カラーが豊富でミックスタイプも選べます。切り花を長持ちさせる活力剤「キープフラワー」がついており、アレンジ用にユーカリもしくは他の花もサービスで付いてきます。

花の内側にある模様が特徴のアルストロメリアは、1本に複数の蕾がつくので次々に花を咲かせてくれる楽しみがあります。こちらは黄色の10本入りですが、カラーが豊富でミックスタイプも選べます。切り花を長持ちさせる活力剤「キープフラワー」がついており、アレンジ用にユーカリもしくは他の花もサービスで付いてきます。

プリティマーメイドトルコキキョウ
価格情報がありません

プリティマーメイドルスカス
価格情報がありません

プリティマーメイドデンファレ
価格情報がありません

切り花のおすすめ商品比較表

商品画像
生花 切花 切り花 SPミニバラレッド Rマカレナなど 5本
アルストロメリア 切花 一級品 70cm(花5個・蕾5個付き)×10本入り
トルコキキョウ
ルスカス
デンファレ
メーカー

プリティマーメイド

はなはな

プリティマーメイド

プリティマーメイド

プリティマーメイド

商品名

生花 切花 切り花 SPミニバラレッド Rマカレナなど 5本

アルストロメリア 切花 一級品 70cm(花5個・蕾5個付き)×10本入り

トルコキキョウ

ルスカス

デンファレ

最安値
価格情報がありません
Amazon2,750円(税込)
価格情報がありません
価格情報がありません
価格情報がありません
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事