家庭用焼却炉のおすすめ10選!法律や規制も紹介

業務用ほど大型ではなく、ホームセンターで手軽に購入することができる家庭用簡易焼却炉ですが、使用には少々注意が必要です。野焼きは法律で禁止されていますが、条件に沿って行うのなら規制の対象にはなりません。今回は家庭用焼却炉に関する法律についてや、煙が出ないコンパクトタイプなどの、おすすめの商品をご紹介します。

庭先に落ち葉がたまってしまう…

秋になると庭の木々から葉が落ちて、なかなか片付かないという方も多いのではないでしょうか?袋に詰めてゴミに出しても良いのですが、大量の落ち葉をゴミ袋にまとめる手間と労力を考えると、家庭用焼却炉の使用もおすすめです。実際に使用している方からは、「燃やした後の灰を庭の植物の肥料にしている」「良く燃えて便利だ」との声があります。煙突がついたものや、ドラム缶を再利用したコンパクトなものまで様々な種類があるので、庭のサイズや用途にあわせて選ぶことができます。

家庭用焼却炉ではなにが燃やせるのか

出典:Amazon

実際に家庭用焼却炉を使用している方は、ガーデニングで出た草や剪定枝、落ち葉、木の廃材などを燃やしている方が多いです。中には機密書類や紙ゴミを燃やしている方もいるようです。各商品の説明を見てみると、「おむつや紙ゴミは燃やせない」と書かれているものと、「木片と一緒ならおむつも燃やせる」と書かれているもの、「燃料として紙くず、機密文章が燃やせる」としているものなど様々です。迷った場合は商品説明を確認したり、市町村の役場に問い合わせたりしましょう。

家庭用焼却炉は法律や規制で制限があるのか

法律上、野焼き(ゴミの野外焼却)は禁止されています。その理由は、煙による近隣住民とのトラブルや、ダイオキシン、一酸化酸素などの有害物質が発生する原因になる可能性があるからです。ただし、「公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却」は認められています。庭先での家庭用焼却炉の使用は、これにあたると考えられます。使用する際は、風向きや天候などを考慮して、安全に注意して使用しましょう。

家庭用焼却炉の選び方

何を燃やしたいのかサイズや容量で選ぶ

出典:Amazon

家庭用焼却炉は、煙突がついた高さのあるサイズから、ドラム缶を半分にカットしてつくったコンパクトなサイズまで、様々な容量のものがあります。何を燃やしたいのか、どのくらいの量を燃やすのかによって、選ぶべき製品が異なります。また、燃やすものの量が多くても、庭の広さによってはコンパクトなものしか購入できないこともあるでしょう。燃やしたいものと、設置スペースにあったサイズを選びましょう。

使用期間によって材質を選ぶ

出典:Amazon

家庭用焼却炉の素材には、鉄、ステンレス、アルマ加工などがあります。焼却炉の内側が高温になることや、雨ざらしでの保管になることから、素材によって耐久性が異なります。鉄製の家庭用焼却炉は水分で錆び、腐食が早いので、1~2年程度が寿命だと言われています。ステンレスはさびにくく丈夫なので、比較的耐久性にすぐれています。また、鉄にアルマ加工(アルミニウム加工)を施したものは、耐熱、耐蝕、耐ガスに対して優れた効果を発揮するため、家庭用焼却炉にとって最適の加工だと言われています。

燃焼時間を確認する

家庭用焼却炉の大きさやパワーによって、燃焼時間が異なります。もちろん燃やす量によっても変動はありますが、1回の焼却で2~3時間かかるものもあれば、30~40分程度で終わるものもあります。焼却中はその場を離れることができないので、気になる方は焼却時間を確認しておきましょう。焼却時間に関しては、愛用者の口コミも参考になります。

燃やすことができるものをチェック

出典:Amazon

商品説明を見ると、燃やせるものと燃やせないものが明記されています。庭のお手入れで出た草や枝葉、木くずだけを燃やしたいのか、紙ゴミや書類などを燃やしたいのかによって、選ぶ家庭用焼却炉は異なります。自分が何を燃やしたいのかを明確にすると、最適な製品を絞ることができます。

煙が出るかどうかも確認

出典:Amazon

広い庭があり隣家と距離がある一軒家なのか、仕切りを隔ててすぐに隣家の庭があるのかによって感じ方も変わりますが、煙の有無も大きなポイントとなります。煙が流れると臭いだけではなく、洗濯物や壁が汚れたり、健康被害が出たりする危険性もあります。製品によっては、煙が出るのは最初の1~2分のみというものもあります。できるだけ多くの口コミをチェックして、購入する商品の煙の出方を確認しておきましょう。

家庭用焼却炉を使うときの注意点

ベランダ・室内・屋上では使わない

当然ながら、家庭用焼却炉を室内で使用することはできません。また、屋外であるベランダや屋上でも使用することはできません。消防法で定められていることなので気をつけましょう。

有害物質が出るものは燃やさない

草や落ち葉と一緒に他のゴミも燃やせると便利なのですが、ダイオキシンや一酸化炭素などの有害物質が出る素材は燃やすことができません。一例を挙げると、紙おむつ、下着・肌着などの衣類、靴、蛍光灯、ビニール、プラスチック、ビン、カン、瀬戸物、台所の生ゴミなども燃やすことができません。知らず知らずのうちに法律違反を犯していたということがないように、燃やせるものと燃やせないものをしっかりと認識しておきましょう。心配であれば、市町村の担当者に詳細を確認すると安心です。

天気や環境をチェック

家庭用焼却炉を使用するタイミングにも注意が必要です。例えば、風が強い日は炎が広がりやすくなるだけではなく、煙も遠くまで流れやすくなり、近隣住民に迷惑をかける可能性があります。また、洗濯物を干している隣での使用もやめた方が良いでしょう。

家庭用焼却炉のおすすめ10選

最安値9,195円(税込)

3.55(67件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値8,595円(税込)

4.50(68件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値16,000円(税込)

4.40(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値6,350円(税込)

4.05(55件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値28,000円(税込)

3.80(66件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値69,500円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値9,000円(税込)

4.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値128,600円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値15,000円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

家庭用焼却炉は法律や近隣住民への配慮が必要ですが、正しく使えばとても便利なアイテムです。選び方のポイントを参考にして、自分にぴったりの家庭用焼却炉を見つけてください。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事