機内に持ち込めるスーツケースのおすすめ10選!大きさや種類も

機内に持ち込めるスーツケースは、国内線と国際線、座席数などで持ち込み可能なサイズが異なります。軽量のソフトタイプや衝撃に強いハードタイプがあり、容量は30lが一般的で、最大容量は42lです。女性におすすめのかわいいデザインはもちろん、ビジネス向きまでデザインの選択肢も豊富です。ランキングによく登場するリモワなど、様々なブランドから販売されています。そこで今回は、機内に持ち込めるスーツケースの選び方とおすすめ商品をご紹介いたします。

飛行機のサイズチェックに引っかからないために

飛行機へスーツケースを持ち込みたいけれど、定められたサイズがいまいち把握できていない方は多いのではないでしょうか。国内線・国際線には、それぞれサイズの規定があり、重量もクリアしていれば機内へ持ち込み可能です。また、スーツケースはソフトタイプとハードタイプという本体の素材や、開閉方法が異なります。飛行機を使う移動を前提とした使い勝手の良さと、範囲内のサイズであることを踏まえて購入しましょう。

機内に持ち込むメリットとは?

おろしたてのスーツケースが傷だらけになったという経験がある方は多いはずです。機内にスーツケースを持ち込むと、空港に預けたときの雑な取り扱いをされる心配がありません。また、飛行機を降りた後に自分の荷物が出てくるのを待つ必要がないのもメリットのひとつです。

持ち込み可能なサイズとは

機内に持ち込めるスーツケースは、国内線と国際線でサイズの規定が異なります。また、航空会社によっても異なるので注意が必要です。

国内線の場合

国内線では、100席を目安として未満・以上で規定が異なります。また、LCC(格安航空会社)などの場合は、JALやANAといった大手と同じところもあれば、重量を含めて自社の規定を持つこともあります。普段利用することの多い航空会社の規定は購入前に確認しておきましょう。また、規定が変更されることもあるので注意が必要です。

座席数が100席未満

縦・横・高さの和が100cm以内で、45×35×20cm以内と定められています。小さめなので実用性には欠けますが、荷物が少ない旅行用として購入しておくと良いでしょう。

座席数が100席以上

縦・横・高さの和が115cm以内で、さらに55×40×25cm以内と定められています。ほとんどの航空会社に当てはまることが多いサイズです。「3辺の和」と「3辺それぞれの長さ」という両方をクリアする必要があるので、商品を選ぶ際はよく確認してください。

国際線の場合

国際線は、3辺の和が115cm以内と定められています。国内線のように各辺のサイズまでは指定されていません。

機内に持ち込めるスーツケースの選び方

サイズは最も重要なポイント

出典:Amazon

機内に持ち込むスーツケースは、国内線と国際線で規定が異なるので注意が必要です。特に格安航空を使う可能性がある方は、サイズ選びを慎重に行いましょう。上記でお伝えしたサイズに合うものを選んでください。

ケースのタイプで選ぶ

セキュリテイを重視したい方向けの「ハードタイプ」

出典:Amazon

ハードタイプは、頑丈で密閉性が高いのが特徴です。水の浸透を避けたい場合や、割れ物を運ぶ時などにも適しています。旅行中などのセキュリティを重視する方にもおすすめです。ただし、飛行機の中でちょっと物を取り出したいということがしにくい面もあります。

荷物を詰めやすい「ソフトタイプ」

出典:Amazon

柔軟性が高いソフトタイプは、軽くて持ち運びやすいのが特徴です。ハードタイプのように素材がかっちりしていないので、荷物を詰めやすいです。その反面、汚れが付いたら落としにくく、防犯を重視する場合には適していません。ただし、機内持ち込みを前提とするのであれば、切り裂かれる心配は極めて少ないです。外せない機能を想像しながら選んでみてください。

開閉方法は2タイプ

スーツケースの開閉方法はファスナー式とフレーム式の二種類があります。旅行中のセキュリティにも関わるので、特徴を確認しておくことをおすすめします。

荷物が出し入れしやすい「ファスナー式」

出典:Amazon

ファスナー式は、荷物を取り出したいときに少しだけ開けて出し入れができます。機内持ち込みサイズはコンパクトなものが多いので、ファスナー式のラインナップは豊富です。しかし、フレーム式と比べると防犯面で劣るので、ダブルジッパーを選ぶなど、少しでも堅牢性(けんろうせい)が高いものを選ぶのがおすすめです。

防犯面でも安心の「フレーム式」

出典:Amazon

フレーム式は、密閉性が高く、衝撃に強いのが特徴です。水に濡れる環境でも中身が濡れる心配がありません。また、頑丈で他者から壊される可能性が低いので、セキュリティを重視する方におすすめです。移動中などに中のものを出したい場合でも、全体を開く必要がある点には注意が必要です。

扱いやすい重さで選ぶ

スーツケース選びでは、本体の重さもチェックしたいポイントです。素材の特徴から考えても、ソフトタイプのスーツケースは軽くて扱いやすいです。数日の旅行など軽やかに移動したい場合は、重さも確認してください。

荷物をしっかり守る丈夫さも欲しい

丈夫さを重視したいのであれば、ハードタイプでフレーム式のスーツケースが適しています。ソフトタイプに比べると重たいですが、堅牢性が高いので多少の衝撃に耐えることが可能です。

表面の加工で選ぶ

ハードタイプのスーツケースは、鏡面加工とエンボス加工という2種類の表面加工があります。それぞれ質感や見た目などが異なりますので、特徴をおさえておきましょう。

光沢が魅力の「鏡面加工」

鏡面加工を施してあるスーツケースの表面は、まるで鏡のような光沢感があるのが特徴です。発色の良さや光が当たったときの美しさが魅力で、感触がつるつるしています。鏡面加工ならではの見た目のインパクトや高級感で選ばれています。ただし、キズが付きやすいので、気になる方は注意が必要です。

傷が目立ちにくい「エンボス加工」

シボ加工とも呼ばれる「エンボス加工」は、表面に細かい凹凸の加工を施してあります。つやのないざらざらとした質感と手触りが特徴で、キズが付きにくいです。万が一キズがついても目立ちにくいですが、ステッカーが貼り付きにくいという面もあります。自分好みにカスタマイズしたい方は注意が必要です。

TSAロック付きであるか

TSAロックとは、アメリカ運輸保安局(TSA)の特殊なロックのことです。ハワイやグアム、サイパンを含むアメリカへ渡航する際は、空港でスーツケースを開いて検査が行われます。そのため、鍵を閉めたままではスーツケースを壊されてしまいます。TSAロックであればロックをしつつ、TSAの検査を受けることが可能です。販売されているスーツケースはTSAがついているものがほとんどですが、購入の際は念のため確認しておくことをおすすめします。

好みのデザインで選ぶ

移動をともにするスーツケースは、デザインにもこだわりたいですよね。販売されているスーツケースは、デザインの選択肢が豊富に揃っています。仕事用にはシンプルなものや、TPOに合う落ち着いたデザインを選びましょう。プライベートには可愛らしいものや、少し凝ったデザインを選ぶのもおすすめです。

機内に持ち込めるスーツケースのおすすめ10選

最安値21,680円(税込)

3.77(88件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ハードタイプには珍しいフロントポケットを搭載しており、ポケット内にはPC収納スペースがあるビジネスにも嬉しい構造のスーツケースです。また静音性が高いタイヤを使用しており、移動時のストレスを軽減することができます。旋回性にも優れており、方向転換も簡単にできます。

最安値11,648円(税込)

4.20(130件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

アメリカ発で世界シェアNo.2ブランド「アメリカンツーリスター」の大人気モデル「アローナライトスピナー」です。表面の光沢と美しい模様のデザインが魅力的です。このモデルは大容量でありながら軽量なのが特徴です。本体には軽量かつ耐久性や耐衝撃性に優れた「ポリカーボネート」「ABS素材」が採用されています。長期旅行もおしゃれに快適に過ごしたい方におすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。機内持ち込みできるスーツケースは、小ぶりなものが多いながらも選択肢が豊富です。航空会社の規定に合うかを確認しながら選んでください!

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事