登山テントのおすすめ12選!吊り下げ式やスリーブ式も

登山テントのおすすめ12選!吊り下げ式やスリーブ式も

登山テントとは、登山の途中でテント泊するために必要なアウトドアグッズです。軽量でコンパクトなので持ち運びがしやすく、山岳テントとも呼ばれています。一人用や二人用、四人用など様々な大きさがあり、重いものだと3kgほどのテントもあります。今回は、安い人気商品や、風に強い最強テント、軽量で簡易的に設営出来るソロテント、冬に対応しているテント、吊り下げ式からスリーブ式まで、おすすめの登山テントをご紹介します。モンベルやコールマン、MSRなどの有名メーカー商品もまとめてみました。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

設営が簡単でコンパクトなテントがほしい

設営が簡単でコンパクトなテントがほしい

出典:Amazon

キャンプ用テントは、設営が難しく、時間がかかってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、登山テントです。登山テントは設営にも時間がかからず、撤収するときもコンパクトになるため、初心者の方にも人気のテントです。荷物の重量を減らしたい方や、テントの設営が苦手な方、テント設営に時間をかけたくない方にもおすすめです。

登山用テントとキャンプ用テントとの違い

登山用テントとキャンプ用テントとの違い

出典:Amazon

登山時には、テントをリュックに入れて人が歩いて運ぶため、登山テントはキャンプ用テントより軽量でコンパクトにつくられています。また登山時の悪天候にも対応しなければならないため、キャンプ用テントに比べると、防水性や耐久性に優れています。

登山テントの選び方 

テントのタイプで選ぶ 

軽量で設営が簡単なシングルウォール

軽量で設営が簡単なシングルウォール

出典:Amazon

テントには、1枚のシートでできたシングルウォールというタイプがあります。シングルウォールテントは、軽量でコンパクトであるのが特徴です。そのため、シングルウォールのテントは、荷物を軽く・少なくしたい方におすすめです。また、仕組みが単純なので、初心者の方でも簡単に設営できます。

広くて防水性が高いダブルウォール 

広くて防水性が高いダブルウォール 

出典:Amazon

ダブルウォールとは、インナーテントとフライシートの2枚のシートでできているテントです。インナーテントに防水機能はありませんが、その代わりに防水処理が施されたフライシートが雨を防いでくれます。ダブルウォールテントは、テント内に露ができにくく、広いスペースを確保することができます。

設営方法で選ぶ 

ペグ打ちの必要がない自立式 

ペグ打ちの必要がない自立式 

出典:Amazon

自立式のテントは、ペグを打つ必要がなく、技術がなくても簡単に設営できるテントです。自立式テントの中には、ペグを打って耐風性を高めるものもあります。山岳地帯で多くの方に使用されています。登山初心者の方で、テント設営に不安がある方は、自立式のテントを購入することをおすすめします。

丈夫な仕上がりの非自立式

丈夫な仕上がりの非自立式

出典:Amazon

非自立式のテントは、ひもやペグで固定しないとテントの形を保つことが出来ないテントのことです。フレームやポールを用いてテントを設営するため、設営難易度は高いですが、テントを地面にしっかりと固定出来るため、自立式と比較すると丈夫な仕上がりになります。風の強い地帯でも安心して使用できます。

初心者には吊り下げ式

初心者には吊り下げ式

出典:Amazon

自立式テントには「吊り下げ式」というフレームの取り付けタイプがあります。フレームにフックを引っ掛けるだけでテントを組み立てることができるので、初心者の方におすすめのタイプです。

安定感のあるスリーブ式

安定感のあるスリーブ式

出典:mont-bell

自立式テントには「スリーブ式」というフレームを取り付けるタイプがあります。スリーブ式は昔からある一般的な方法で、フックを使用する吊り下げタイプとは違い、生地全体でフレームをくるむので、強度が高いのが特徴です。山岳地帯における風が強い場所でテント設営する場合は、吊り下げ式のテントよりもスリーブ式のテントの方が、強度に安定感がありおすすめです。

人数に合わせてサイズを選ぶ 

4人で登山をする場合は、4人用のテントでは中に荷物を入れることを考慮されていないため、小さく感じるかもしれません。そのため、テントを選ぶ際は、使用人数より大きめのテントを選ぶようにしましょう。また荷物を運ぶ際には、1人が4人用のテントを運ぶのは負担が大きいので、2人~3人用テントを2つ購入して荷物を分配したほうが、重さを分散できるのでおすすめです。

素材で選ぶ 

価格の低いポリエステル製

価格の低いポリエステル製

出典:Amazon

ポリエステルは、テントの生地に使われる最も一般的な素材です。火に弱いため、焚火の火の粉などが飛べばすぐに穴があいてしまうという欠点がありますが、ポリエステル素材で作られたテントの価格よりリーズナブルな値段で購入できます。渇きが早いのも特徴です。

火に強いナイロン製

火に強いナイロン製

出典:Amazon

ナイロン素材のテントは、ポリエステルと違い火に強いのが特徴です。中でも自己消化性の性能を持つ商品は、火がついても自ら炎症拡大を停止する仕組みになっているため安心です。また、軽量で柔軟性があることからも、ウルトラライト系のテントに使用されています。

厚みと密度を見て耐久性を確認 

テントの生地の厚さや密度は、糸の太さによって変わります。糸の太さは「デニール(D)」という単位で表記され、数字が大きければ大きいほど生地の厚みは増し、耐久性は上がります。ただ、耐久性を選べば荷物の重さが増え、軽さを選べば耐久性が劣るので、時と場合に応じて選ぶ必要があります。

季節に合わせて選ぶ

夏にはメッシュ素材や防虫ネットを 

夏場に、暑いからといって夏の夜にテントを開けっ放しにしておくと、ランプの光に寄ってきて、虫がテント内に入ってくることがあります。そういったことを防ぐためにも、メッシュ素材のインナーシートや、防虫ネットがあると便利です。夏場に多くテントを使用する場合は、防虫対策をしっかりしましょう。

冬には雪用フライシートを

一般的なフライシートは、防水加工がされており通気性がありません。そのため、一般的なフライシートに雪が積もると、テントの中と外を繋ぐ隙間が完全にふさがってしまい、最悪の場合、酸欠に陥る可能性があります。そんな時におすすめなのが、雪用フライシートです。雪用フライシートは雪を防ぐために作られており、通気性がある素材でできているので、隙間が埋まっても換気を行うことができます。

持ち運びやすさを確認

持ち運びやすさを確認

長時間に荷物を背負って歩くことを考えると、テントの重量は軽ければ軽いほど望ましいでしょう。自分の体力に自信がなかったり、できるだけ荷物を軽くしたいと考えている方は、少し価格が高くなっても、軽量でコンパクトなテントを購入することをおすすめします。

1〜2人用のおすすめ登山テント9選

最安値13,180円(税込)
4.36(343件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

人気のアウトドアブランド、コールマンのダブルウォールテントです。スタイリッシュなカラーとデザインで、テントを設営するのが楽しくなりそうです。ポールポケット式なので1人でも設営しやすいところもポイントです。前室が高く設計されており、コンパクトなサイズながら開放感に優れています。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

人気のアウトドアブランド、コールマンのダブルウォールテントです。スタイリッシュなカラーとデザインで、テントを設営するのが楽しくなりそうです。ポールポケット式なので1人でも設営しやすいところもポイントです。前室が高く設計されており、コンパクトなサイズながら開放感に優れています。

最安値39,800円(税込)
3.50(31件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

モンベルの、ムーンライトテントです。本体の重さは2.1kgです。アウトドア用品で有名なモンベルに昔からある、定番商品です。月明かりの中でも設営できることが商品名の由来。防水性に優れ、通気性が抜群です。見た目よりも居住空間が広いのが魅力。コンパクトで軽いテントなので、自転車やバイクに積んで走りたい人におすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

モンベルの、ムーンライトテントです。本体の重さは2.1kgです。アウトドア用品で有名なモンベルに昔からある、定番商品です。月明かりの中でも設営できることが商品名の由来。防水性に優れ、通気性が抜群です。見た目よりも居住空間が広いのが魅力。コンパクトで軽いテントなので、自転車やバイクに積んで走りたい人におすすめです。

最安値4,640円(税込)
4.71(24件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

アライテントのトレックライズ0です。本体の素材は28dnリップストップナイロンで、軽量化を図っています。重さは1250gです。半月型の入り口が、解放感を与えてくれます。ベンチレーターとメッシュが付いており、換気性の良いテントですので夏の蒸れを軽減してくれます。切れ目がないフレームスリープが特徴で、素早く設営したい人におすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

アライテントのトレックライズ0です。本体の素材は28dnリップストップナイロンで、軽量化を図っています。重さは1250gです。半月型の入り口が、解放感を与えてくれます。ベンチレーターとメッシュが付いており、換気性の良いテントですので夏の蒸れを軽減してくれます。切れ目がないフレームスリープが特徴で、素早く設営したい人におすすめです。

最安値45,576円(税込)
5.00(5件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値46,224円(税込)
4.50(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ソロキャンパーにおすすめの1人用テントです。ダブルウォールながら収納時サイズが非常にコンパクトで、重さもフレームを使用して950gと驚きの軽さです。持ち運びがしやすいため、バイクでのツーリングなど荷物の量が限定されるようなときに重宝しそうです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ソロキャンパーにおすすめの1人用テントです。ダブルウォールながら収納時サイズが非常にコンパクトで、重さもフレームを使用して950gと驚きの軽さです。持ち運びがしやすいため、バイクでのツーリングなど荷物の量が限定されるようなときに重宝しそうです。

最安値51,516円(税込)
5.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値59,400円(税込)
4.65(12件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

3〜4人用のおすすめ登山テント3選

最安値15,999円(税込)
4.40(27件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値39,852円(税込)
4.40(48件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ダンロップのコンパクトテントです。2人用から5人用まであります。オールシーズン使用することができるテントです。日本で製造されたテントなので、安全性が高いです。3~5分程度でテントの設置作業も撤収作業も完成するほど簡単なので、初心者の方でも安心です。シンプルで軽量のテントを使用したい方におすすめです。

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

この商品の特徴

ダンロップのコンパクトテントです。2人用から5人用まであります。オールシーズン使用することができるテントです。日本で製造されたテントなので、安全性が高いです。3~5分程度でテントの設置作業も撤収作業も完成するほど簡単なので、初心者の方でも安心です。シンプルで軽量のテントを使用したい方におすすめです。

まとめ

登山テントは、重さや機能性など様々な選び方があります。自分に合ったテントを見つけてて、快適に過ごしましょう。

登山テントのおすすめ商品比較表

おすすめ記事

ドームテントの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー