まるで折り紙のような美しいドリッパー

コーヒーの抽出に欠かすことのできない器具のひとつ、ドリッパー。機能面はもちろん、デザイン面も私にとっては大切なドリッパー選びの基準。そんな機能面とデザイン面の両方を高い水準で兼ね備えているのが ORIGAMI から出ている「Dripper Air S」です。

まずなんと言っても見た目のインパクト。この大胆な凹凸により、ペーパーフィルターとの間に大きな隙間ができ、抽出の際の抜けが良くなる(気がしている)。その特長を活かすため、私は浅煎りの抽出にのみ使用しています。

一応ドリッパーホルダーはありますが、ドリッパーを直接サーバーに乗せて使用することもできます。その方が肩肘張らず気楽に淹れることができ、私の性には合っている感じがしています。素材違いで磁器のものもあるので、気になる方はそちらもぜひチェックしてみてください。

最後に機能面について少し触れていきます。
正直、HARIOやKalita、KONOなどの超有名なドリッパーと遜色ないです。お店のバリスタさんが使っているところも何度が目にしているので、本当に間違いないドリッパーなのだろうと、素人ながらに思います。

また、軽量、耐衝撃性に優れており、気軽に持ち運びが出来るAS樹脂製となっています。冷めにくく、抽出時の湯温を維持しやすいのも利点だとか。そして面白いのが、円錐フィルターとウェーブフィルターの両方が使えるという点。豆によってフィルターを変えてみたり、気分によって変えてみたり。重量だけでなくフットワークすらも軽いようです笑

ということで、私が一番愛用しているドリッパーの紹介でした。ではまた。

#コーヒーのある暮らし
#コーヒー器具
#暮らしの道具
#オリガミドリッパー
#origamidripper
#ドリッパー

おすすめ投稿