ガラス板。レザークラフトで革の床面を整えるのに使いますが、今回は革を薄く漉く時に、革の下に敷いて使ってます。

レザークラフトで革小物を作ったりする場合は、革の床面(裏側のちょっとけばけばした面のこと。出来上がった時に内側になって、外からは見えない方の面)に、トコノールとかトコフィニッシュ(工作のりみたいな、粘りが少しあるけど伸びのいいゼリー状のもの)を塗ってけばけばを整えてから、
さらに、このガラス板の側面の、丸くカットされてる面を使って、床面をもっとツルツルに仕上げるのに使います。

靴作りでは、床面をツルツルに整えることはしませんが、別の用途で使います。

革漉き、と言う作業で、靴の足先や踵に挟み込む「芯」という材料の端っこ(ぐるり一周)を段差が無くなるように、革包丁を使って斜めに漉いて薄くするのですが、その際、加工する芯材の下に、このガラス板を敷いて作業します。
また、芯材だけでなく、革を漉く時にも下に敷きます。

靴のあちこちに段差があると、履いた時にゴワゴワしたりするからだと思いますが、とにかく段差が出そうな所は、革包丁とガラス板を使ってせっせと漉きます。
しっかり研いである革包丁と、このガラス板があると、上手く漉けると思います。

#靴作り#レザークラフト#革漉き#ガラス板

おすすめ投稿

楽天お買い物マラソン2022年10月度
楽天お買い物マラソン2022年10月度