Photo by Amazon.co.jp

アイリスオーヤマ IRISOHYAMA アイリスプラザ キャットランド ベージュ QQ80037

メーカー:
アイリスオーヤマ IRISOHYAMA

上下運動ができる室内遊具タワーです。顔の形の入口がかわいいボックスが付いています。柱に麻を巻いているので爪とぎができます。

最低価格
10,800円

アイリスオーヤマ IRISOHYAMA アイリスプラザ キャットランド ベージュ QQ80037に関する記事

  • キャットタワーの基礎知識と選び方&おすすめ商品3選

    キャットタワーの種類ってたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。メーカーはどこがいいのか?突っ張りタイプがいいのか?手作りは自信が無いし…と悩んでしまう方も多いと思います。今回はキャットタワーの選び方や、アイリスオーヤマなどのおすすめ商品をご紹介します。 キャットタワーの種類と特徴 お部屋の作りや猫の年齢によって、キャットタワーの種類を選びます。それぞれにメリットとデメリットがありますのできちんと検討しておきましょう。 据え置き 一番メジャーなタイプです。組み立ててお部屋に置くだけ。猫もすぐに乗って遊べます。猫がよく行っているお気に入りの場所に置きましょう。大きさや価格も幅広いのが特徴です。猫の大きさやお部屋の広さで選べます。 メリット 簡単に移動ができます。猫が場所を気に入らないようであれば移動しましょう。掃除のときに動かすこともできます。大掃除のときには簡単にバラしてキレイにできますね。小さなタイプもたくさんあります。子猫や身体が小さな猫にピッタリのものも多いです。 デメリット 高さがあるほどやや不安定です。特に若い猫はジャンプ力がありますのでグラつくことがあります。若い猫はキャットタワーが倒れても身軽にかわせますが、高齢の猫には注意しましょう。キャットタワーの下敷きになってしまうとケガをします。 天井タイプ 据え置くだけでなく、天井に突っ張りをします。最初の組み立ては少し力が要ることがあります。猫は外を見るのが好きです。窓際などに設置してあげましょう。高さのあるものが多いことが特徴です。上下運動が活発な猫が好みます。 メリット 安定感があります。天井の突っ張りで横の動きにも強いでしょう。活発な猫や多頭飼いの家庭で好まれます。小さな子どもがぶつかっても少々のことでは倒れません。地震などが心配な方へもおすすめです。 デメリット 天井の突っ張りをするので移動が困難です。天井に突っ張らない状態で、猫が気に入るか様子を見ましょう。掃除も掃除機やコロコロで一段ずつすることになります。価格は据え置きタイプよりも少し高いです。小さなタイプのものがほとんどありません。 キャットタワーの選び方 かわいいデザインのものや、価格が安いものがたくさんあります。しかし猫が使いやすいことが何よりも大切です。猫の特徴や年齢などを考慮して選びましょう。 高さ 猫は高いところに登るのが大好きです。高いところでくつろぐのは猫のストレス解消にもなります。猫にとってキャットタワーは「高ければ高いほどいい」が本音でしょう。 しかし、安全面には注意が必要です。何かのはずみで、タワーから落ちてしまうこともあります。特に高齢の猫やもともと臆病な猫は花火や雷などに驚きやすいです。うっかり足を踏み外しても大事に至らない高さにしましょう。 大きさ 大きなキャットタワーは猫も喜んでくれます。しかしお部屋のスペースも考えておきましょう。大きすぎると移動や掃除も大変です。引っ越しをすることもあるかもしれません。人間は猫と違って横のスペースが必要です。お互いが心地よく共存することが前提です。 足場の間隔 特に横広のキャットタワーの中には、足場の間隔が広いものがあります。しかし、これは若い猫や大きな猫向きです。高齢の猫や身体が小さい猫だと、足場の間隔は狭い方が良いです。足を踏み外すと危ないためです。高齢の猫は人間が気づかないような軽い捻挫をすることもあります。無理なく横移動ができる間隔を選びましょう。 くつろぎスペース キャットタワーは登ったところでくつろぐことも大事です。猫は高いところに登って、ゆっくりと下を見下ろすことが好きです。そのためのスペースもチェックしましょう。身体が大きな猫だとスペースが足りず安定しないことがあります。事前に普段猫がくつろいでいるスペースの広さを確認しましょう。 掃除のしやすさ 猫が滑らないような素材を使っているものがほとんどです。そのため掃除が困難なものが多いでしょう。ホウキやウェットシートでは掃除できません。猫はとてもキレイ好きです。掃除機やコロコロでの掃除を前提として検討します。設置する場所自体の掃除のしやすさも考えておきましょう。 素材 木製、段ボール製などがあります。猫の好みと大きさで選びましょう。どちらも猫が好む材質ではあります。普段ダンボールの箱に入りたがる猫であれば、ダンボール製が好まれます。ただし、ダンボール製は重さに弱く、耐久性もありません。猫が大きいのであれば木製の方が安全です。 爪とぎ部分 猫はリラックスすると爪とぎをしたくなります。ストレスが溜まっても同じです。つまり猫がいるところには、いつも爪とぎが必要です。キャットタワーの中には爪とぎ部分が弱いものがあります。柱に麻の紐が巻き付けてあるものが丈夫です。 キャットタワーの主なメーカー アイリスオーヤマ 家電やインテリア、日用品などを幅広く扱っています。犬や猫、さらには小動物用のペット用品を揃えており、安価で良いものがたくさんあります。 ペティオ ペット用品を専門に取り扱っています。ペット用のフードやリードはもちろん、食器やおもちゃも多くの種類を展開しています。 キャットタワーおすすめ商品3選 アイリスオーヤマ キャットランド QQ80037  ふわふわの生地が猫をリラックスさせてくれます。はしごがついているので、子猫でも登っていくことができますね。爪とぎもしっかりついています。高さがありますが、足元が広くどっしりしていますので安全です。 [heim-af]vbvkfhuz[/heim-af] ペティオ necoco コーナーや壁ぎわに置きやすいキャットリビングタワー ロータイプ お部屋が狭い方にはこれがおすすめです。お部屋の角にすっぽり収まります。高さは低めですが、小さな猫や高齢の猫に安心です。リラックススペースは表から見えにくいので猫が落ち着いて過ごせます。 [heim-af]tsceutht[/heim-af] タンスのゲン ハピネコ 丈夫な天井突っ張りタイプです。爪とぎやくつろぎスペースだけでなくハンモックや筒型ドームもついています。猫の好奇心を見事にくすぐるキャットタワーですね。階段もついていますので子猫のときから使えます。 [heim-af]ohupjluf[/heim-af] まとめ 猫がキャットタワーでくつろいでくれると安心しますよね。ストレスを溜めないことは猫の健康に欠かせません。お気に入りのキャットタワーを探してあげましょう。

    HEIM編集部