メガネ用の曇り止めおすすめ9選!スプレー式やジェルタイプも

メガネ用の曇り止めおすすめ9選!スプレー式やジェルタイプも

メガネ用の曇り止めは、マスクを付けて呼吸したときや、冬の寒い時期などの眼鏡のくもりを予防するためのアイテムです。メガネ用の曇り止めには、一般的なメガネ拭きと同じように使えるクロスタイプ(シートタイプ)に加えて、液だれしにくく塗りやすいジェルタイプ、広範囲に塗布できるスプレータイプなど様々な種類があります。今回は、メガネ用の曇り止めの選び方と、ソフト99コーポレーションやパールが販売している商品や、「アンチフォグ」などのおすすめの商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

メガネ用の曇り止めを使うメリット

メガネが曇る原因は結露の発生

メガネが曇ってしまうのは、レンズに結露が付着してしまうことが原因です。空気中に含まれる水分量は、気温が高いほど多く、気温が下がるほど少なくなります。寒い季節は眼鏡のレンズも冷えるため、そこにあたたかい空気が触れると、空気が冷えて結露が発生してメガネが曇ってしまう仕組みです。

メガネ用の曇り止めは界面活性剤で結露を予防する

メガネ用のくもり止めには、界面活性剤という親水性が高い成分が使用されています。これは食器用洗剤にも使用されている成分で、表面張力をなくすことで結露を平らな状態になじませることができます。眼鏡についた結露は、眼鏡用くもり止めによって薄く広げられ、素早く蒸発します。この働きによって、眼鏡がくもることを防いでいます。

メガネ用の曇り止めの選び方

タイプごとの特徴をチェックして選ぶ

携帯性に優れて手軽に使える「クロス・シートタイプ」

携帯性に優れて手軽に使える「クロス・シートタイプ」

出典:Amazon.co.jp

クロスタイプやシートタイプのメガネ用の曇り止めは、メガネの表面をサッと拭くだけで使用できます。個包装になった使い捨てタイプや、繰り返し使用できるタイプなどがあり、かさばらないため携帯性に優れています。また、液体タイプのように飛び散る心配がないため、人が多い場所や会社のデスクでも気軽に使えます。

広範囲に吹きかけられる「スプレータイプ」

広範囲に吹きかけられる「スプレータイプ」

出典:Amazon.co.jp

スプレータイプのメガネ用の曇り止めは、1度スプレーするだけで広範囲に均一に塗布できるのが特徴です。スプレーで液を付けて、布などで軽く拭き取るだけ使えます。フレームやノーズパットの縁など、手では塗り広げにくい細かな場所にも簡単につけることができます。ただし液垂れしやすいので、ティッシュや布を下に敷いてから使うのがおすすめです。

液垂れしにくく塗りやすい「ジェルタイプ」

液垂れしにくく塗りやすい「ジェルタイプ」

出典:Amazon.co.jp

ジェルタイプのメガネ用の曇り止めは、効果の持続時間が長いことが特徴です。使用方法はレンズに少量滴下して、指で塗り広げてから布などで拭き取ります。液が飛び散る心配もなく場所を選ばずに使用できることや、携帯用のミニサイズなどの種類もあるのがメリットです。使用時には塗りムラにならないように、丁寧に塗り広げることが大切です。

自分が使っているメガネのレンズに対応したものを選ぶ

自分が使っているメガネのレンズに対応したものを選ぶ

出典:www.photo-ac.com

メガネ用の曇り止めを選ぶときは、自分のメガネに使用できるかも確認しておきましょう。メガネのレンズの素材によっては、対応していない場合もあるので注意が必要です。また、一般的な視力矯正用のメガネに加えて、サングラスやヘルメットのシールド、ゴーグルなどに使えるものもあります。ガラスや鏡の曇り止めとして使えるものもあり、様々な用途に活用したい方におすすめです。

曇り止め効果が高い「強力タイプ」もチェック

メガネ用の曇り止めの効果は、種類によって差があります。特に気温が低い地域に住んでいる方や、マスク着用時の曇りが気になる方には、くもり止め効果が高いものがおすすめです。「強力タイプ」と表示されているものなど、効果の持続時間が長いものを選びましょう。

クリーナー効果があるものもチェック

メガネ用の曇り止めには、殺菌効果があるものや、眼鏡クリーナーとして使用できるものもあります。1つで複数の機能があれば手入れを楽に行えて、ケア用品をいくつも揃える必要がなく手軽に使えます。

【クロス・シートタイプ】メガネ用の曇り止めおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

約300回使用可能!保管用の缶も付いてくる

界面活性剤が含まれている、メガネの曇り止め用のクロスです。レンズの汚れをきれいに落としてからクロスを使用することで、メガネの曇りを予防します。1枚でおよそ300回使えます。また通常のメガネに加えて、サングラスやゴーグルなどの曇り止めにも活用できる商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

約300回使用可能!保管用の缶も付いてくる

界面活性剤が含まれている、メガネの曇り止め用のクロスです。レンズの汚れをきれいに落としてからクロスを使用することで、メガネの曇りを予防します。1枚でおよそ300回使えます。また通常のメガネに加えて、サングラスやゴーグルなどの曇り止めにも活用できる商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

1枚で何度も使用できるドライタイプのシート

繰り返し使えるクロスタイプの曇り止めです。眼鏡が曇ったときに、いつでも使用することができます。通常の眼鏡だけでなく、PC用眼鏡や花粉対策用の眼鏡にも使えます。使用中のクロスは、チャック式の別袋で保存することができるため、持ち運びにも便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

1枚で何度も使用できるドライタイプのシート

繰り返し使えるクロスタイプの曇り止めです。眼鏡が曇ったときに、いつでも使用することができます。通常の眼鏡だけでなく、PC用眼鏡や花粉対策用の眼鏡にも使えます。使用中のクロスは、チャック式の別袋で保存することができるため、持ち運びにも便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

猫の形にデザインされたシートがかわいい

猫のデザインが特徴的なメガネ用の曇り止めクロスです。曇り止めとしての使用に加えて、クリーナーとしても使えるタイプです。繰り返し使うことができるため、使用後は付属のチャック付きポーチに入れておくのがおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

猫の形にデザインされたシートがかわいい

猫のデザインが特徴的なメガネ用の曇り止めクロスです。曇り止めとしての使用に加えて、クリーナーとしても使えるタイプです。繰り返し使うことができるため、使用後は付属のチャック付きポーチに入れておくのがおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

カメラのレンズや鏡など様々なアイテムに使用できる

3枚セットのメガネ用曇り止めクロスです。レンズを水洗いして汚れを落としてから、息を吹きかけて曇らせたものをクロスで拭き取ります。1回の使用で、およそ24時間効果が続きます。メガネだけでなく、ゴーグルやカメラレンズ、鏡、ガラスなど、様々なものの曇り防止に活用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

カメラのレンズや鏡など様々なアイテムに使用できる

3枚セットのメガネ用曇り止めクロスです。レンズを水洗いして汚れを落としてから、息を吹きかけて曇らせたものをクロスで拭き取ります。1回の使用で、およそ24時間効果が続きます。メガネだけでなく、ゴーグルやカメラレンズ、鏡、ガラスなど、様々なものの曇り防止に活用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【ジェルタイプ】メガネ用の曇り止めおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

4.67(3件)

1滴分のジェルを塗り込むだけで作業完了

ガラス製やプラスチック製のメガネレンズに使える曇り止めです。液をレンズに1滴塗り込むだけで、手軽に使用することができます。ジェルタイプになっているため、塗布するときに液が飛び散ってしまう心配もありません。約100回使用可能で、コンパクトなサイズでも長く使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

1滴分のジェルを塗り込むだけで作業完了

ガラス製やプラスチック製のメガネレンズに使える曇り止めです。液をレンズに1滴塗り込むだけで、手軽に使用することができます。ジェルタイプになっているため、塗布するときに液が飛び散ってしまう心配もありません。約100回使用可能で、コンパクトなサイズでも長く使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

5.00(1件)

曇りをしっかり予防できるジェル状クリーナー

メガネの曇りを防止するためのジェル状のクリーナーです。ジェルを1〜2滴ほどレンズに乗せてから指で伸ばしたあと、布やティッシュで全体を拭き取ります。1本あたり、約30〜50回の使用が可能です。通常のメガネのレンズだけでなく、工業用の安全メガネやゴーグルなどにも使用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

曇りをしっかり予防できるジェル状クリーナー

メガネの曇りを防止するためのジェル状のクリーナーです。ジェルを1〜2滴ほどレンズに乗せてから指で伸ばしたあと、布やティッシュで全体を拭き取ります。1本あたり、約30〜50回の使用が可能です。通常のメガネのレンズだけでなく、工業用の安全メガネやゴーグルなどにも使用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

プラスチックレンズや日焼け防止レンズにも対応

コンパクトで持ち運びに便利なくもり止めです。ヘッド部分がスポンジになっているため、液が飛び散ったり、垂れてしまう心配はありません。特殊なくもり防止剤によって、くもり止めが長続きします。携帯しやすいミニサイズの曇り止めを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

プラスチックレンズや日焼け防止レンズにも対応

コンパクトで持ち運びに便利なくもり止めです。ヘッド部分がスポンジになっているため、液が飛び散ったり、垂れてしまう心配はありません。特殊なくもり防止剤によって、くもり止めが長続きします。携帯しやすいミニサイズの曇り止めを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【スプレータイプ】メガネ用の曇り止めおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

コーティングレンズにも使える中性タイプ

スプレータイプの眼鏡用曇り止めです。レンズの両面に吹きかけて、柔らかい布で拭き取るだけで簡単に使用できます。フッ素効果によって曇り止めが長時間持続します。液性は中性タイプで、レンズを傷つけにくくなっているのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

コーティングレンズにも使える中性タイプ

スプレータイプの眼鏡用曇り止めです。レンズの両面に吹きかけて、柔らかい布で拭き取るだけで簡単に使用できます。フッ素効果によって曇り止めが長時間持続します。液性は中性タイプで、レンズを傷つけにくくなっているのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

携帯しやすいミニサイズのスプレーボトル

プラスチック製の素材に対応した、くもり止めです。眼鏡やサングラスなど、様々なプラスチックレンズに対応しています。シュッとスプレーするだけで広範囲に届き、液が乾いたらきれいに拭き取るだけで手軽に使えます。コンパクトなサイズなので、持ち運び用にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

携帯しやすいミニサイズのスプレーボトル

プラスチック製の素材に対応した、くもり止めです。眼鏡やサングラスなど、様々なプラスチックレンズに対応しています。シュッとスプレーするだけで広範囲に届き、液が乾いたらきれいに拭き取るだけで手軽に使えます。コンパクトなサイズなので、持ち運び用にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

メガネ用の曇り止めを使うときのコツ

メガネの汚れを落としてから使う

メガネの汚れを落としてから使う

出典:www.photo-ac.com

メガネ用の曇り止めの効果をより高くするためには、事前にメガネの汚れを落としておくことが大切です。レンズに汚れが付着しているとくもり止めが均一に広がらずに、効果を発揮できません。また、メガネにホコリやゴミが付いた状態だと、曇り止めを拭き取る際にレンズに傷がつく可能性もあります。メガネ用のクリーナーや、専用の洗浄機を活用して、レンズをきれいな状態にしてから曇り止めを使いましょう。

メガネが曇りにくいマスクもチェックしよう

マスク着用時のメガネの曇りが気になっている方は、マスク自体を変えてみるのもおすすめです。通気性が良い素材を使ったものや、鼻の部分が顔にフィットする形状のものなど、様々な工夫をした商品が販売されています。メガネの曇り予防におすすめのマスクを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

メガネ用の曇り止めおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事