自宅で究極の卵かけご飯!「究極のTKG」詳細レビュー

自宅で究極の卵かけご飯!「究極のTKG」詳細レビュー

自宅だけではなく、多くの飲食店でも注文できるようになったTKG(たまごかけごはん)。その人気もあってか、なんとタカラトミーアーツがTKG専用のマシン「究極のTKG(たまごかけごはん)」という商品を発売しています。今回は「究極のTKG」を実際に使用し、本当に究極のTKGができるか検証してみたいと思います。

おもちゃというよりキッチン家電

おもちゃというよりキッチン家電

箱は思いのほか大きく、単2電池を2本使いますので、おもちゃというよりはキッチン家電と言えるかもしれません。

機能としても、白身を撹拌(かくはん)させるミキサーもついていますので、そのまま置いておくとちょっとしたフードプロセッサーのような見た目です。

おもちゃというよりキッチン家電

内容物を箱から取り出すと、メインのマシンが一つと説明書、掃除用のブラシが付いています。

おもちゃというよりキッチン家電

単2電池はマシンの裏側に設置します。プラスドライバーが必要です。

おもちゃというよりキッチン家電

土台部分以外のマシンの部品をよく洗ったら、マシン上部の蓋を開けて卵を入れます。

卵を入れた部分の上に蓋をして、上からチョップボタンを押すと、卵の殻を割ることができます。

おもちゃというよりキッチン家電

ストッパーを解放して、チョップボタンを下まで押すと、卵が下に落ちます。受け皿に穴が開いているため、その穴から白身だけが更に下にあるミキサー部分に落ちていきます。

土台に付いているホイップスイッチを押すと、ミキサーが回転しはじめて白身が巻き込まれ、黄身と白身が完全に分離します。

おもちゃというよりキッチン家電

しばらく回転し続けると、白身がメレンゲ状になっていきます。白身の固さはお好みによって変えることができますので、好きなタイミングでミキサーを止めます。

説明書によると、3分ほど回転させていると、かなり形をしっかり保った白身になるようです。今回は3分回してみました。

おもちゃというよりキッチン家電

白身と黄身はそれぞれ違うトレイに収まっていますので、簡単にごはんに乗せることができます。ホカホカの白米の上に、まずは白身を乗せ、真ん中に黄身を乗せれば完成です!

お手入れはちょっと大変かも

パーツが多くて、複雑な構造なため、お手入れは少し大変かなと思いました。イメージとしては、フードプロセッサーのような手間具合です。ですので、毎日使うといよりは、特別な日(友だちを驚かせるなど)に利用するのがいいかもしれません。

さいごに

いつものTKGをちょっと楽しく食べることができていいなと思いました。また、メレンゲを簡単につくることができますので、メレンゲづくりマシンとして活躍しそうです!是非試してみてください。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,980円(税込)
3.26(285件)

この商品の特徴

究極のTKG(たまごかけごはん)が登場! 殻のまま生たまごをセットし、パンチボタンを押すと手を汚さずにたまごを割ることができ、黄身と白身を分けることができます。 ミキサースイッチを押すと白身を撹拌(かくはん)し簡単にふわふわなメレンゲが完成! キミも究極のたまご(T)かけ(K)ご飯(G)を食べよう!

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

究極のTKG(たまごかけごはん)が登場! 殻のまま生たまごをセットし、パンチボタンを押すと手を汚さずにたまごを割ることができ、黄身と白身を分けることができます。 ミキサースイッチを押すと白身を撹拌(かくはん)し簡単にふわふわなメレンゲが完成! キミも究極のたまご(T)かけ(K)ご飯(G)を食べよう!

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー