5つの「レス」が詰まった《レスボックス》で、朝のお弁当づくりを時短にしよう!

5つの「レス」が詰まった《レスボックス》で、朝のお弁当づくりを時短にしよう!

今回は、小森樹脂の「レスボックス」を紹介します。仕切りがついたお弁当箱で、おかずを簡単につめることができます。朝のお弁当づくりを楽にするポイントを紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

アイキャッチ画像出典:item.rakuten.co.jp

●お弁当づくりを楽にしてくれる「レスボックス」

小森樹脂の「レスボックス」は、全部で3色展開。名前の「レス」には、なんと全部で5つの意味が込められていて、毎日のお弁当づくりを楽にするポイントがつまっています。

●つくり置きのおかずを入れるだけでお弁当が完成

まず1つ目は、時短を意味する「タイムレス」。

レスボックスには、そのまま冷凍できる専用のおかず入れが付いています!つくり置きのおかずを冷凍しておけば、朝はご飯を詰めるだけでお弁当が完成しちゃいます。

●おかずを詰める場所も迷わず時短

2つ目と3つ目のレスは、「アドレス」と「カップレス」。

おかずの入れ場所(アドレス)が決めやすいから、詰める作業が時短に。おかずカップも必要無いから、エコで経済的に使えます。

●主食のスペースが小さいから「カロリーレス」にもつながる

おかず入れが大きくて、主食の炭水化物が少なくなることで、4つ目のレス「カロリーレス」を実現。

最後の1つ「レバーレス」は、レバー無しでも開けやすいフタのこと。細かい溝が無いから、洗い物も楽ちんです。

商品情報

  • 商品名:レスボックス500(レス・イズ・モア)
  • カラー:ベビーピンク / ミントグリーン / ライラック
  • 価格 : 1,300円(税抜)

今回は、お弁当づくりを時短で済ませられる「レスボックス」を紹介しました。毎日の家事が大変な方も、朝の時間にちょっと余裕ができそうです。

小森樹脂はほかにも、ランチプレート型のお弁当箱など、便利なグッズを販売しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

この記事の修正依頼を送る

関連記事