門松のおすすめ3選!ミニサイズも

門松のおすすめ3選!ミニサイズも

年の瀬が近づいてくると、玄関先に「門松」を出しているお宅をよく見かけるようになります。自分も飾ってみたい、と思っても、いきなり門松を購入するのはちょっとハードルが高いですよね。販売されている門松は商品ごとに、大きな値段の違いがありますが、どのような特徴の違いがあるのでしょうか。今回は、「門松を飾る意味は?」「いつからいつまで出しておけばいいの?」「処分の仕方は?」という基礎知識や、おすすめ商品をご紹介します。

門松を飾る意味

日本では、新年を迎えると、歳神様という神様が各家庭に訪れると考えられてきました。歳神様はわたしたちの生活を見守ってくれる神様で、歳神様が訪れた家には幸運が舞い降りるとされています。その神様の目印になるように、門松を飾るようになったと言われています。

門松の選び方

サイズ

玄関先に置く大きなものもあれば、飾り棚におけるような小さいサイズ、更に小さなミニ門松もあります。どこに置くのかを考え、サイズを選びましょう。

装飾

本格的な門松は、藁の周囲に縄が3本巻いてあるものになります。かなり大きめで、玄関先に飾れば、立派な雰囲気を演出します。値段は1対で5万円ほどで、高価なものが多いです。

竹と松以外にも、梅や葉牡丹などの縁起物を寄せ植えたタイプの門松もあります。梅の赤色や、葉牡丹の紫色が加わることで、華やかな印象になります。

生門松or造花門松

生門松

本物の竹や松を使って作られた門松です。本格的な門松がいい、という方はこちらを選びましょう。シーズンが終わると処分しなければなりません。販売店が引き取ってくれる場合もありますので、購入前に確認しておく必要があります。

造花門松

生門松と異なり、管理が簡単です。比較的軽量なので女性でも簡単に移動させることができ、毎年使うことができるので処分の必要もありません。

門松の飾り方

門松には雄松と雌松があります。雄松は黒松という種類の松で、葉が太く、長く、硬いことが特徴です。雌松は赤松という種類で、葉が細く、短く、柔らかいことが特徴です。雄松を左、雌松を右に置く決まりになっています。

出飾り

2番目に高い竹が外側に向く置き方です。子どもが早く家を出て、幸せになってほしい、という意味があります。一般的な家庭では、出飾りが多くなっています。

迎飾り

2番目に高い竹が内側に向く置き方です。お嫁さんや赤ちゃんがほしい、という意味が込められています。お店の店先では、お客さんやお金が入ってくるように迎飾りをするところも多くあります。

門松を飾る期間

門松は12/20~28、もしくは12/30に飾ります。12/29に飾るのは「二重苦」、12/31に飾るのは「一日飾り」として神を疎かにしていると捉えられます。

門松は、「松の内」と呼ばれる1/7まで飾っておくのが一般的です。1/6の夕方に片付けてしまう地域が多いようです。

門松のおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,408円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値19,805円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,642円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー