ボディオイルのおすすめ4選!保湿成分入りも

ボディオイルのおすすめ4選!保湿成分入りも

自宅でのボディマッサージをより快適にしてくれるのが「ボディオイル(マッサージオイル)」です。アロマ効果のあるものや、人気の保湿効果が期待できるタイプなど、様々な種類があります。薬局(ドラッグストア)などで販売されていますが、ダイソーなどの100均で購入できる安いプチプラ商品もあります。今回はボディオイルの選び方や、おすすめ商品をご紹介します。

ボディオイルの種類

さらっとした質感のホホバオイル

ホホバオイルとは、ホホバの木から採れたオイルです。敏感肌の方を含め、どのような肌質の方にも合う万能のオイルと言われています。オイル特有のベタベタ感がなく、さらっとした質感で、優れた保湿力も持っています。

保湿力が高いオリーブオイル

天然のオリーブの果肉から抽出されたオイルで、とろみがあるのが特徴です。フェイスパックとして、また、乾燥した髪や爪などにも効果的に働きます。保湿効果と肌への浸透性も高いです。香りが強いので好みは分かれそうです。

敏感肌におすすめのアボガドオイル

濃厚でしっかりとした感触のオイルで、保湿力に優れているので乾燥肌のケアに効果的です。また皮膚を保護すると言われています。

肌なじみが良いマカダミアナッツ油

マカダミアナッツの堅果から抽出されたオイルで、香りもほとんどなく、皮膚への浸透性が高いです。肌なじみのいいオイルで老化肌や乾燥肌に効果があると言われています。

栄養価が高いスウィートアーモンドオイル

バラ科に属しているアーモンドの実から抽出されるオイルで、栄養価が非常に高いです。若返りのビタミンと言われるビタミンEが豊富に含まれています。テクスチャーはとろみがあり、マイルドな質感です。肌への刺激が少ないので赤ちゃんにも使うことができます。

ボディオイルの選び方

乾燥対策には保湿成分配合がおすすめ

肌への保湿効果が高いボディオイルですが、その中でもホホバオイルとオリーブオイルは、特に保湿力が高いと言われています。肌の乾燥を予防したい方は、特に保湿力に優れたオイルを選ぶようにしましょう。

使いやすいテクスチャーを選ぶ

普段から使うボディオイルの使い心地はとても大切ですよね。質感がさらっとしたホホバオイルから、濃厚な質感のアボガドオイルまでテクスチャーはそれぞれです。お好みの使いやすいオイルを選びましょう。

好みに合わせて香りを選ぶ

ボディオイルにはさまざまな香りの商品があり、マッサージ効果とともに香りでリラックスすることもできます。寝る前のマッサージでは、香りのいいボディオイルで睡眠の質も向上してくれることでしょう。リラックス効果には甘いフローラルな香りを、気分をすっきりとさせたいときにはさわやかな香りを選ぶといいでしょう。

使い続けられるコスパを選ぶ

マッサージは肌への摩擦がないように、オイルをたっぷりと使います。高額過ぎて少しずつしか使えない…ということがないよう、表示されている素材を確認しつつ、無理なく使い続けることができる価格のものを選びましょう。

ボディオイルの使い方

STEP1:マッサージする環境を整える

マッサージするのに、周りが散らかっていたり、窮屈な環境ではリラックス効果も半減してしまいます。室内の温度も暑すぎず寒すぎず、快適な環境にしておきましょう。

STEP2:体調を整える

マッサージ時に自分の体が緊張していたり、興奮していてはマッサージ効果、またリラックス効果は得られません。おすすめなのがお風呂上がりで体の緊張が解け、すっきりしているときや寝る前の気分が落ち着いているときに行うといいでしょう。

STEP3:オイルを温める

オイルはそのままの状態だと固まっていたり伸びが悪く、マッサージ時に体への摩擦を引き起こしてしまいます。そこで、ボディオイルはまず手のひらに出し、両手を軽くすり合わせ、人肌くらいに温めると使いやすくなります。

STEP4:体の先端から中心にマッサージする

ボディオイルを使い、足の先からケアするようにマッサージを行いましょう。特に保湿したい部分や疲れがたまっている部分は優しくじっくりとマッサージを行います。滑りが悪くなったと感じたら、オイルを都度足すようにしてください。

ボディオイルの主なメーカー

エルビーバ

ピュアでナチュラル、そしてオーガニックのスキンケア商品を取り扱うカリフォルニアで生まれたメーカーです。敏感肌の方にも合うスキンケア商品で、ボディオイルは妊娠線予防にも効果があると言われ、大変人気です。

専科

毎日のスキンケアの時間を特別なものにしたいという気持ちから、使いやすさと確かな効果を目指したスキンケア商品を開発・製造・販売するメーカーです。ロングヒットとなっている濃厚な白まゆのような泡で洗う洗顔フォームや、UVケア商品などが人気です。

ボディオイルのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

4種類の天然オイル美容液を配合し、うるおいが長く続くもち肌にしてくれるマッサージオイルです。無香料の他に、リラックス効果やすっきりとリフレッシュすることができる香りなどから選ぶことができます。その日の気分によって使い分けるのもいいですね。

4種類の天然オイル美容液を配合し、うるおいが長く続くもち肌にしてくれるマッサージオイルです。無香料の他に、リラックス効果やすっきりとリフレッシュすることができる香りなどから選ぶことができます。その日の気分によって使い分けるのもいいですね。

出典:Amazon.co.jp

栄養価の高いホホバの実を贅沢に使用したマッサージオイルです。ホホバオイルは肌になじみやすく、敏感肌やオイリー肌など、どんな肌質にも適応すると言われています。肌に負担がかからないので、ベビーマッサージとしても使うことができます。さらっとした使い心地で、100%オーガニックが肌に優しいマッサージオイルです。

栄養価の高いホホバの実を贅沢に使用したマッサージオイルです。ホホバオイルは肌になじみやすく、敏感肌やオイリー肌など、どんな肌質にも適応すると言われています。肌に負担がかからないので、ベビーマッサージとしても使うことができます。さらっとした使い心地で、100%オーガニックが肌に優しいマッサージオイルです。

出典:Amazon.co.jp

ハーブの香りで気分もすっきり、元気を与えてくれるマッサージオイルです。キク科の植物「アルニカ」から抽出されたエキスを使用しています。スポーツ後のマッサージなどに効果があると言われています。血行を良くし、こりをほぐすことができるマッサージオイルです。

ハーブの香りで気分もすっきり、元気を与えてくれるマッサージオイルです。キク科の植物「アルニカ」から抽出されたエキスを使用しています。スポーツ後のマッサージなどに効果があると言われています。血行を良くし、こりをほぐすことができるマッサージオイルです。

出典:Amazon.co.jp

香りのあるオイルが苦手という方にも使っていただける無香料のマッサージオイルです。さまざまな植物性オイルの特徴を活かしてブレンドされ、嫌なべたつきも少なく使いやすいオイルです。マッサージするごとに肌をしっとりとさせ、保湿効果も高いのが特徴です。

香りのあるオイルが苦手という方にも使っていただける無香料のマッサージオイルです。さまざまな植物性オイルの特徴を活かしてブレンドされ、嫌なべたつきも少なく使いやすいオイルです。マッサージするごとに肌をしっとりとさせ、保湿効果も高いのが特徴です。

ボディオイルのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー