塗るタイプの制汗剤の選び方&おすすめ5選【2018年版】

汗の臭いが気になるという方に人気なのが制汗剤です。中でも、電車や車、教室やオフィスなど屋内での汗対策にぴったりなのが、塗るタイプの制汗剤です。今回は塗るタイプの制汗剤の選び方や、スプレータイプとの違い、おすすめの商品などをご紹介します。

塗るタイプの制汗剤の種類と特徴

スプレータイプの制汗剤とは異なり、肌にしっかりと密着し汗を抑えてくれるのが特徴です。無香料の商品も多く、匂いに敏感な方も安心して使用することができます。塗りやすいスティックタイプや、しっかりと密着してくれるクリームタイプなどがあります。

スプレータイプとの違い

メリット

スプレータイプ

香りの種類が多く、香水のような楽しみ方もできます。また噴出し口が肌に触れないので、友人・知人と貸し借りすることも可能です。

塗るタイプ

リップクリームのようなデザインのスティックタイプなら、気軽に塗ることができる上、制汗剤の香りを周囲に広めることがないので安心です。また肌に密着するのでその効果を実感しやすいと言われています。

デメリット

スプレータイプ

容量によって大きさが異なり、持ち運びに向いていない大きさもあります。また人が多い場所での使用には、スプレーが他の人にかかってしまわないように注意が必要です。

塗るタイプ

肌に直接触れるタイプなので、敏感肌の方や、肌が荒れやすい方は使用を控える必要があります。またクリームタイプは、クリームが乾いていないうちに服を着ると、クリームが服についてしまう可能性があります。

塗るタイプの制汗剤の選び方

サイズ

クリーム、スティック問わず、持ち運びしやすいサイズが多いのが特徴です。外出時だけ使う場合は、少量サイズがおすすめです。一方、スポーツをしている方など、使う頻度の高い方は、大容量のものを購入すると経済的です。

香り

かすかなせっけんの香りなど、好き嫌いが分かれにくい自然な香りを選ぶと、周囲の人に不快感を与えません。また、香水を使っている方は、香水の邪魔にならないように無香料のもの選びましょう。

使用箇所

制汗剤といえば、脇に使うものを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、他の部位に特化した商品もあります。特に、蒸れてニオイが気になってしまう足には、足専用の制汗・消臭剤がおすすめです。

タイプ

クリームタイプは使用する場合に手が汚れてしまうというデメリットがあります。さっと取り出してすぐに使いたいときはスティックタイプ、自宅でゆっくりと塗る時間がある場合はクリームタイプなど、タイプで使い分けるのもいいですね。

塗るタイプの制汗剤の購入方法

ドラッグストア・コンビニ

コンビニでお手軽に購入することもできます。ですが、多種多様なラインナップの中から選びたいというのであれば、やはりドラッグストアに行くのがおすすめです。テスターを置いているお店もあるので、自分にあった商品をじっくりと選ぶことができます。

ネット販売

インターネットで購入するのも便利な方法です。インターネット販売でしか購入できない制汗剤などもあるので、よりこだわったものを探したい、という方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

塗るタイプの制汗剤の主なメーカー

花王

8×4(エイトフォー)などの制汗剤で知られる大手メーカーです。ソフィーナやカネボウといった化粧品ブランドを持ち、幅広い世代から人気があります。

シービック

人気シリーズである「デオナチュレ」のメーカーです。デオナチュレの製造・販売はもちろん、人気の柔軟材「ダウニー」などの輸入販売も行っています。

LION

歯磨き粉などの日用品を取り扱っています。「今日を愛する」のキャッチコピーはテレビCMなどで目にした方も多いのではないでしょうか。スプレータイプの制汗剤「Ban」が有名な商品です。

塗るタイプの制汗剤のおすすめ5選

まとめ

汗の臭いを気にしすぎると、アクティブに活動することができなくなってしまいます。今まで使用したことがなかった方も手に取ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事