電動コーヒーミルのおすすめ6選!人気のメリタやおしゃれなタイプも

電動コーヒーミルのおすすめ6選!人気のメリタやおしゃれなタイプも

おうちで挽きたてのコーヒーを飲みたい!そんな想いを叶えてくれるのが電動コーヒーミルです。電動コーヒーミルさえあれば、コーヒー豆をその場ですぐに挽くことができるため、飲みたいときにいつでもおいしいコーヒーを飲むことができます。今回は電動コーヒーミルの種類や選ぶポイント、メリタやデロンギ、カリタなど代表的なメーカーの基礎知識やおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:amzn.to

電動コーヒーミルの種類

電動コーヒーミルは、豆の挽き方によって2種類に分けることができます。

カッター式(プロペラ式)

カッター式(プロペラ式)

出典:Amazon.co.jp

カッター式は、刃をぐるぐると回転させてコーヒー豆を粉砕するタイプです。大きさは比較的小さく、持ち運びや収納にも便利です。価格は臼式よりも安いものが多いです。

豆の挽き具合については多少ムラが出ますが、長い時間スイッチを押し続ければその分細かく挽くことができます。

手軽に使うことができるので、初心者の方にもおすすめのタイプです。

臼式(コニカル刃)

臼式(コニカル刃)

出典:Amazon.co.jp

臼式は、上下二枚の刃でコーヒー豆をすりつぶすタイプです。カッター式に比べ、大きいため持ち運びには向いていません。価格はカッター式に比べると高いですが、その分本格的で高性能です。豆の挽き具合は、ダイヤルなどで設定が可能でムラも少ないのがポイントです。

豆の挽き具合にこだわりたい方におすすめのタイプです。

電動コーヒーミルを選ぶときのポイント

電動コーヒーミルを選ぶ際には、カッター式と臼式の2つのタイプ以外にも、チェックした方がいいポイントがあります。ここでは、4つのポイントをご紹介します。

本体の大きさ

大きさは、収納もしやすいコンパクトサイズのものから、基本的にキッチンなどに置いたままの大きなサイズのものまで多くあります。また、カッター式と臼式によっても、大きさが変わりますのでタイプにも注意しましょう。

一度に挽ける豆の量

商品によって一度に挽ける豆の量が違います。一度に何杯分の豆を挽きたいのかを事前に確認し、コーヒーミルの容量を決めましょう。

対応粒度

対応粒度

挽き具合を調節できるかどうかも、チェックポイントの1つです。カッター式と臼式という種類別で、挽き具合は変わりますが、同じタイプのものでも商品によって対応粒度が変わります。例えば、粗く挽くことのできる商品もあれば、エスプレッソ用のように極細挽きができる商品も売り出されています。

豆の挽き具合によってコーヒーの味も変わってきますので、自分好みの挽き具合に対応できるかどうかをチェックしておきましょう。

手入れのしやすさ

コーヒー豆には、表面に油が出ているものもあるのです。コーヒーミルの手入れをしないとこの油が酸化し、固まってしまいます。このような汚れのついた刃で豆を挽いてしまうと、味も落ちてしまいせっかくのコーヒー豆の味が落ちてしまいます。ですので、使い終わった後に残った粉をきちんと落とすなど、お手入れをしっかりすることが大切です。

部品を解体して、一つずつ洗うことができるかどうかや、専用のブラシが付属しているかなど、お手入れのしやすさを確認しておきましょう。もしブラシが付属していない場合には、別売りのコーヒーミル専用ブラシもありますので用意しておくのもよいかもしれません。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,134円(税込)
4.55(118件)

この商品の特徴

サイズ:約長さ約18.5×幅1.8cm 素材・材質:毛/豚毛、柄/ラバーウッド、バンド/アルミ 原産国:台湾

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

サイズ:約長さ約18.5×幅1.8cm 素材・材質:毛/豚毛、柄/ラバーウッド、バンド/アルミ 原産国:台湾

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

電動コーヒーミルの主なメーカー

カリタ

電動コーヒーミルだけではなく、コーヒードリッパーやドリップポット、ろ紙までコーヒーを淹れるために必要な商品を数多く売り出しているメーカー。性能の異なる5種類の電動コーヒーミルを扱っています。

ラッセルホブス

1952年にイギリスで誕生したラッセルホブスは、品質やデザインそして技術力の優れた家電メーカー。電動コーヒーミルだけではなく、ケトルやポップアップトースターなど多くの家電を取り揃えています。

デロンギ

1995年に設立されたデロンギは、オイルヒーターやファンヒーターなどの暖房器具に始まり、コーヒーメーカーや電動コーヒーミル、さらには電気ケトルまで幅広く家電を扱うメーカー。コンパクトなものと大型もの合計4つの電動コーヒーミルを取り揃えています。

メリタ

1908年創業のドイツのコーヒー機器メーカーです。コーヒードリップ用のペーパーフィルターから、食品まで幅広く事業を展開しています。

おすすめ電動コーヒーミル6選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,200円(税込)
4.25(408件)

この商品の特徴

上部スイッチを押すだけの簡単コーヒーグラインダー。一度に70gまで挽く事が可能で5杯分(約40g)なら15秒程度で、レギュラーコーヒー用まで挽く事が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

上部スイッチを押すだけの簡単コーヒーグラインダー。一度に70gまで挽く事が可能で5杯分(約40g)なら15秒程度で、レギュラーコーヒー用まで挽く事が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,012円(税込)
4.26(769件)

この商品の特徴

カリタ 電動コーヒーミル CM-50 ブラックは、50gの豆を15秒で中挽きに仕上げることのできるコーヒーミルです。粗挽き、中挽き、細挽きに対応しています。ボタンが大きく、初心者の方でも使いやすいのもポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

カリタ 電動コーヒーミル CM-50 ブラックは、50gの豆を15秒で中挽きに仕上げることのできるコーヒーミルです。粗挽き、中挽き、細挽きに対応しています。ボタンが大きく、初心者の方でも使いやすいのもポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,448円(税込)
4.30(768件)

この商品の特徴

ラッセルホブスの電動コーヒーミル7660JPは、粉をこぼさずフィルターへ入れられることで人気の商品です。独特な形をした刃とボウルで、挽きムラ軽減をします。粗挽きには約7秒、中挽きには約10秒、細挽きには20秒以上かかります。付属で掃除用ブラシもついてくるので、お手入れも簡単にできるのも嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ラッセルホブスの電動コーヒーミル7660JPは、粉をこぼさずフィルターへ入れられることで人気の商品です。独特な形をした刃とボウルで、挽きムラ軽減をします。粗挽きには約7秒、中挽きには約10秒、細挽きには20秒以上かかります。付属で掃除用ブラシもついてくるので、お手入れも簡単にできるのも嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,680円(税込)
3.90(315件)

この商品の特徴

キングトップのKH-001は、コンパクトタイプでありながら200Wのハイパワーモーターを搭載した商品です。ボタンを押しながら挽き具合を調整することができ、コーヒー豆以外にもコショウ、砂糖、ハーブ、ナッツ、スパイス、スパイスミックス、穀物、塩、亜麻仁、ゴマ、乾燥唐辛子などにも使用できます。時間の目安としては、フレンチプレスコーヒーは8秒、モカは10秒、エスプレッソは12秒です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

キングトップのKH-001は、コンパクトタイプでありながら200Wのハイパワーモーターを搭載した商品です。ボタンを押しながら挽き具合を調整することができ、コーヒー豆以外にもコショウ、砂糖、ハーブ、ナッツ、スパイス、スパイスミックス、穀物、塩、亜麻仁、ゴマ、乾燥唐辛子などにも使用できます。時間の目安としては、フレンチプレスコーヒーは8秒、モカは10秒、エスプレッソは12秒です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,621円(税込)
3.40(89件)

この商品の特徴

デロンギのKG79Jは、コンパクトな臼式のコーヒーミルです。杯数ダイヤルと粒度ダイヤルで、量や挽き具合を調整することができます。ホッパーふたが確実に閉まっていないと動作しない設計になっているので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

デロンギのKG79Jは、コンパクトな臼式のコーヒーミルです。杯数ダイヤルと粒度ダイヤルで、量や挽き具合を調整することができます。ホッパーふたが確実に閉まっていないと動作しない設計になっているので、小さな子どもがいる家庭でも安心して使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値54,000円(税込)
5.00(1件)

この商品の特徴

コーヒーメーカーとして名を馳せるメリタのCG-111は、230段階から粒度を選べるコーヒーミルです。ですので、エスプレッソを淹れるために挽くこともできるのです。220gまで豆を貯蔵することができます。コーヒー豆の挽き具合に、細かくこだわりたいという方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コーヒーメーカーとして名を馳せるメリタのCG-111は、230段階から粒度を選べるコーヒーミルです。ですので、エスプレッソを淹れるために挽くこともできるのです。220gまで豆を貯蔵することができます。コーヒー豆の挽き具合に、細かくこだわりたいという方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー