ミル付きコーヒーメーカーのおすすめ4選【2020年版】

ミル付きコーヒーメーカーのおすすめ4選【2020年版】

ミル付きコーヒーメーカーは、いつでも挽きたての豆で美味しいコーヒーをつくれる便利なマシンです。全自動型のモデルを選べば、豆を挽くところからコーヒーの抽出までの工程をボタン一つで行うことができます。今回はミル付きコーヒーメーカーの選び方に加え、コンパクトで一人暮らしにぴったりのシロカやおしゃれで本格的なデロンギ、人気のパナソニックなど2018年のおすすめメーカーの商品をご紹介します。

ミル付きコーヒーメーカーとは?

ミル付きコーヒーメーカーとは?

出典:Amazon.co.jp

ミル付きコーヒーメーカーとは、コーヒーメーカーに豆を挽くための「ミル」が付属しているマシンのことです。自分の手でコーヒー豆を挽く必要がないので、簡単に本格的なコーヒーを味わうことが可能です。豆を挽くところからコーヒーの抽出まで全て自動で行うマシンを選べば、ボタン1つで挽きたてのコーヒーを楽しめるのが魅力です。

ミル付きコーヒーメーカーのメリット

本格コーヒーが自宅で飲める

ミル付きコーヒーメーカーは、本格的なおいしいコーヒーを自宅で楽しめるのがメリットです。わざわざカフェやコーヒーチェーンのお店に出向かずとも、いつでも簡単においしいコーヒーを楽しめます。誰にも邪魔されず、家でゆっくりとコーヒーを味わいながらリラックスタイムを過ごせます。

カフェで飲むよりもお得

ミル付きのコーヒーメーカーは、お店で淹れたものと変わらないおいしさなのに、カフェでコーヒーを飲むよりお得です。お店で飲むコーヒーには、コーヒー豆や水などの材料費以外にもお店の家賃や人件費が含まれています。それらを踏まえて考えると、お店で頻繁にコーヒーを飲む方は、ミル付きコーヒーメーカーを使うことでコーヒー代を節約することが可能です。

タイマーセットで好きなときに予約可能

ミル付きのコーヒーメーカーの中には、タイマーセットでコーヒーをつくる時間を設定できるマシンもあります。夜のうちにタイマーをセットしておけば、翌朝コーヒーの良い香りとともに目覚めることもできます。バタバタしやすい忙しい朝にはぴったりの機能です。

ミル付きコーヒーメーカーがおすすめの方

忙しい朝でもおいしいコーヒーが飲みたい方

忙しい朝でもおいしいコーヒーが飲みたい方

朝からおいしいコーヒーでほっと一息できたら、今よりもっと充実した朝を過ごせそうですよね。手動タイプのミル付きコーヒーメーカーだと少し手間がかかってしまいますが、全自動のミル付きコーヒーメーカーであれば簡単にコーヒーを淹れることができます。ボタンを押しておけば、朝食をつくったり、身支度を整えている間にコーヒーができるので、「コーヒーを淹れる時間が惜しい!」とはなりません。朝はバタバタしていつも時間がない方でも、ボタンひとつで本格的なコーヒーを一気につくることができます。朝は忙しいという方にこそ、ミル付きコーヒーメーカーはおすすめです。

いつでも挽きたてのコーヒーが飲みたい方

いつでも挽きたてのコーヒーが飲みたい方

ミル付きコーヒーメーカーがあれば、お店に行かなくても、いつでも挽きたてのコーヒーを楽しめます。インスタントコーヒーはもちろん、既に豆を挽いて売っているコーヒー豆とでは香りや味が異なります。挽いた豆を保存しておくと、どうしても香りや風味が徐々に飛んでしまいますが、ミル付きコーヒーメーカーはその都度コーヒー豆を挽くので、コーヒー豆本来の香りや風味を思う存分味わうことができます。挽きたてのコーヒーを楽しみたい方や、豆の種類にこだわりたいという方におすすめです。

ミル付きコーヒーメーカー選び方

種類で選ぶ

すべての作業が自動でできる「全自動型」

すべての作業が自動でできる「全自動型」

出典:Amazon.co.jp

全自動型は、ボタンを押すだけで、ミルでコーヒー豆を挽くところから抽出まですべての工程を自動で行ってくれます。本格的なコーヒーを最も手軽に楽しむことができるのが特徴です。特に手動型にこだわる必要がないのであれば「全自動型」がおすすめです。また、全自動型のコーヒーメーカーの中には、カフェラテなどのミルクメニューに対応しているマシンもあるので、飲みたいコーヒーが淹れられるものを選ぶと良いでしょう。

少し手間がかかる「手動型」

少し手間がかかる「手動型」

出典:Amazon.co.jp

手動型は、コーヒーメーカー本体にミルが付いた商品です。そのため、ミルでコーヒー豆をひいた後、手動でドリップに切り替える必要があります。ボタン一つで淹れることができる全自動型タイプに比べると、少し手間がかかりますが、自分で豆を挽くところからはじめたい方には手動型がおすすめです。

必要な容量で選ぶ

ミル付きコーヒーメーカーは、商品によって淹れられるコーヒーの容量が異なります。目安としては、コーヒー1杯を約140ml と考え、コーヒーメーカーを使用する人数や、一度に淹れられるコーヒーの杯数をイメージして、適切な容量のマシンを選ぶと良いでしょう。

設置するスペースを確認

コーヒーメーカーは、常にキッチンやダイニングに置いて使うので、設置するスペースの確保もしておきましょう。ミル付きのコーヒーメーカーは、思っているよりスペースを必要とする場合もあります。日々の暮らしのなかで邪魔にならないよう、どこに設置して使うのかをきちんと考えてから購入するのがおすすめです。ミル付きコーヒーメーカーは、コンセントを使うことになるので、コンセントの位置やタコ足配線にならないかなど、配線の確認も忘れずにおこないましょう。

ミル付きコーヒーメーカーのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

豆を挽く工程からドリップ、洗浄まで全自動で行うコーヒーメーカーです。沸騰浄水機能を搭載しており、水道水のカルキを90%以上除去できます。豆の挽き分け機能とコーヒーの淹れ分け機能を組み合わせることで、好みに合わせて4種類の味わいが楽しめます。ストレートやアメリカン、カフェオレ、アイスコーヒーなど飲み方に合わせた抽出が可能です。

タイプ
ドリップ式(全自動)
タンク容量
670ml
付属機能
保温,蒸らし,浄水
本体サイズ
幅220×高さ345×奥行245mm
本体重量
2.9kg

豆を挽く工程からドリップ、洗浄まで全自動で行うコーヒーメーカーです。沸騰浄水機能を搭載しており、水道水のカルキを90%以上除去できます。豆の挽き分け機能とコーヒーの淹れ分け機能を組み合わせることで、好みに合わせて4種類の味わいが楽しめます。ストレートやアメリカン、カフェオレ、アイスコーヒーなど飲み方に合わせた抽出が可能です。

タイプ
ドリップ式(全自動)
タンク容量
670ml
付属機能
保温,蒸らし,浄水
本体サイズ
幅220×高さ345×奥行245mm
本体重量
2.9kg

出典:Amazon.co.jp

自由に豆の挽き方を選べるドリップ式の全自動コーヒーメーカーです。摩擦熱が少なく、一定の力で豆を挽くコーン式のミルを採用しているので、コーヒー本来の香りと旨味を引き出します。コーヒー粉からでも自動で抽出できるのはもちろん、ホットとアイス両方のコーヒーをつくることができます。夜にセットしておけば、忙しい朝にもできたてのコーヒーを味わえるタイマー予約機能が付いています。好みの挽き方とテイストを選べるタッチパネルで簡単に操作できるので、家族暮らしの方におすすめです。

タイプ
ドリップ式(全自動)
タンク容量
540ml
付属機能
保温,蒸らし,タイマー
本体サイズ
幅160×高さ390×奥行270mm
本体重量
4.0kg

自由に豆の挽き方を選べるドリップ式の全自動コーヒーメーカーです。摩擦熱が少なく、一定の力で豆を挽くコーン式のミルを採用しているので、コーヒー本来の香りと旨味を引き出します。コーヒー粉からでも自動で抽出できるのはもちろん、ホットとアイス両方のコーヒーをつくることができます。夜にセットしておけば、忙しい朝にもできたてのコーヒーを味わえるタイマー予約機能が付いています。好みの挽き方とテイストを選べるタッチパネルで簡単に操作できるので、家族暮らしの方におすすめです。

タイプ
ドリップ式(全自動)
タンク容量
540ml
付属機能
保温,蒸らし,タイマー
本体サイズ
幅160×高さ390×奥行270mm
本体重量
4.0kg

出典:Amazon.co.jp

コーヒーミルを内蔵した全自動のコーヒーメーカーで、いつでも挽きたての香り高いコーヒーを楽しむことができます。コーヒー豆やその日の気分に合わせて挽き具合を調節できます。また、メッシュフィルターを採用しているので、ペーパーフィルターを用意する必要がなく経済的で、豆本来の旨味を残さず抽出することができます。フィルターと給水タンクは取り外しできてお手入れも楽々です。

タイプ
ドリップ式(全自動)
タンク容量
600ml
付属機能
保温,自動電源オフ
本体サイズ
幅約177×高さ約292×奥行約286mm
本体重量
2.5kg

コーヒーミルを内蔵した全自動のコーヒーメーカーで、いつでも挽きたての香り高いコーヒーを楽しむことができます。コーヒー豆やその日の気分に合わせて挽き具合を調節できます。また、メッシュフィルターを採用しているので、ペーパーフィルターを用意する必要がなく経済的で、豆本来の旨味を残さず抽出することができます。フィルターと給水タンクは取り外しできてお手入れも楽々です。

タイプ
ドリップ式(全自動)
タンク容量
600ml
付属機能
保温,自動電源オフ
本体サイズ
幅約177×高さ約292×奥行約286mm
本体重量
2.5kg

出典:Amazon.co.jp

レギュラーコーヒーも手軽に楽しめる全自動タイプのエスプレッソマシンです。ハンドドリップでいれたような芳醇な香りとコーヒーのうまみを楽しめます。コーヒーの濃さ、量を自由にカスタマイズできるほか、抽出温度を4段階に設定できます。大きい投入口の豆ホッパー、フロントスライド式水タンクおよび豆カス入れなどが採用されており、お手入れしやすいのが特徴です。

タイプ
ドリップ式(全自動)
タンク容量
1800ml
付属機能
蒸らし,自動電源オフ
本体サイズ
幅238×高さ350×奥行430mm
本体重量
9kg

レギュラーコーヒーも手軽に楽しめる全自動タイプのエスプレッソマシンです。ハンドドリップでいれたような芳醇な香りとコーヒーのうまみを楽しめます。コーヒーの濃さ、量を自由にカスタマイズできるほか、抽出温度を4段階に設定できます。大きい投入口の豆ホッパー、フロントスライド式水タンクおよび豆カス入れなどが採用されており、お手入れしやすいのが特徴です。

タイプ
ドリップ式(全自動)
タンク容量
1800ml
付属機能
蒸らし,自動電源オフ
本体サイズ
幅238×高さ350×奥行430mm
本体重量
9kg

ミル付きコーヒーメーカーのおすすめ商品比較表

商品画像
沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ NC-A56-K
コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111
コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用 ブラック IAC-A600
マグニフィカS ECAM23120BN
メーカーパナソニックシロカアイリスオーヤマデロンギ
商品名沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ NC-A56-Kコーン式全自動コーヒーメーカー SC-C111コーヒーメーカー 全自動 メッシュフィルター付き 1~4杯用 ブラック IAC-A600マグニフィカS ECAM23120BN
最安値
Amazon24,000円(税込)
Yahoo!ショッピング16,000円(税込)
Yahoo!ショッピング6,380円(税込)
Amazon75,273円(税込)
タイプドリップ式(全自動)ドリップ式(全自動)ドリップ式(全自動)ドリップ式(全自動)
タンク容量670ml540ml600ml1800ml
付属機能保温, 蒸らし, 浄水保温, 蒸らし, タイマー保温, 自動電源オフ蒸らし, 自動電源オフ
本体サイズ幅220×高さ345×奥行245mm幅160×高さ390×奥行270mm幅約177×高さ約292×奥行約286mm幅238×高さ350×奥行430mm
本体重量2.9kg4.0kg2.5kg9kg
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー