電動コーヒーロースターのおすすめ2選【2020年版】

電動コーヒーロースターのおすすめ2選【2020年版】

電動コーヒーロースターは、生のコーヒー豆を煎るための調理器具、自動焙煎機(コーヒー焙煎機)です。コーヒー豆を自分好みの香りや味わいに仕上げることができ、自宅でいつでも本格的なコーヒーを味わうことができます。今回は電動コーヒーロースターの種類や選び方、おすすめ商品をご紹介します。基本的な種類や使い方などについてもくわしく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

電動コーヒーロースターとは

電動コーヒーロースターとは

出典:Amazon.co.jp

電動コーヒーロースターとは、コーヒー豆を生豆の状態から煎り、コーヒー豆の香りやコクをじっくり引き出すための加熱器です。家庭用と業務用があり、本格的なコーヒーを淹れるときには欠かせないアイテムです。自宅でも邪魔にならない省スペースのものや、少量ずつ煎ることができる小型手回し焙煎機などがあり、いつでもオリジナル焙煎のコーヒーを楽しめるのが魅力です。

コーヒーロースターの種類と特徴

手動式

手動式は、コーヒーを最も手軽に煎ることができる家庭用ハンドロースターです。形は片手鍋のようなものが多く、丸型や四角型の焙煎器の中にコーヒー豆を入れて使用します。

網目状のフタがあるものや、熱が回りやすいよう豆の投入口が狭いものなどがあります。ステンレスやアルミ、陶器などでできたものがあり、手頃なものなら千円以下で購入できます。焙煎には経験やコツが必要ですが、温度計付きの商品など初心者でも上手に焙煎できるような工夫がされたものも多いです。低価格で焙煎をしたい方におすすめです。

回転式

回転式は、コーヒー豆を焙煎する部分が回転し、煎りムラを抑えてローストすることができるタイプです。直接火にかけながら回すドラム型のものが主流になっています。ガスコンロに置いて手動回転させるものや、機械が回転させてくれるものもあります。

小型手回し焙煎機とも呼ばれていて、焙煎工程を楽しむことができます。また、焙煎状態を確認できるようなものが多く、手動式よりも煎りムラを抑えて焙煎できます。価格は1万円以下のものから数万円台のものまであります。

電動式

電動式は、ボタン一つでコーヒーを焙煎してくれる全自動タイプのコーヒーロースターです。煎り時間や煎り温度などを調整することが可能で、生豆を均一にローストします。安定して焙煎ができるので失敗もなく、安定したコーヒーの供給ができます。

回転式のようなドラム型のものもあれば、据え置きタイプで内窯(うちがま)だけが回転するタイプもあります。価格はメーカーによって様々ですが、数万円台のものが多いです。

今回は、「電動コーヒーロースター」についてご紹介します。

電動コーヒーロースターの使い方

電動コーヒーロースターの使い方

電動コーヒーロースターを購入したら、まずはロースターで焙煎できる豆の量を確認しましょう。規定量以上の豆を投入してしまうと故障などの原因になります。ここでは基本的な使い方を解説します。使用する際は、必ず専用の取扱説明書を確認してください。

STEP1:準備

コーヒーの生豆を準備します。電動ロースターの電源を入れ、コーヒーの生豆を投入します。

STEP2:焙煎

お好みの焙煎温度・時間を設定してください。焙煎をスタートさせ、豆の具合を見ながら完成を待ちます。

STEP3:冷却

焙煎が終わったら、素早く冷却します。回転窯などの清掃をします。

電動コーヒーロースターの選び方

電動コーヒーロースターの選び方

デザイン

お気に入りのデザインのものを選べば、焙煎の楽しみを増やすことができます。業務用のような本格的な構造のものや、レトロな雰囲気を楽しめるデザインが人気です。商品によっては、焙煎中の豆の様子が目視できるように透明な窓やフタが付いているものがあります。

サイズ

自宅で使用したいけれどあまり置き場所がない場合には、省スペース設計のものがおすすめです。

焙煎方法

遠赤外線式

豆の芯の部分からしっかり焙煎してくれるのが特徴です。

熱風式

ドラムに送った熱風で加熱します。焙煎温度の調節がしやすく、煎りムラなく均一に煎ることができます。半熱風式の商品もあります。

直火焼き

火加減の調節が難しいためなかなか目を離せませんが、豆が変化していく様子をゆっくり確認できる楽しさがあります。

お手入れのしやすさ

価格や見た目は良くても、使い勝手が悪くお手入れがしにくくては衛生的にもよくありません。エグ味や渋みの原因となる「チャフ」が飛び散らない構造になっていることもポイントです。

保証

万が一故障してしまった場合のために、保証期間のあるものだと安心して利用することができます。

温度・時間設定機能付き

喫茶店やカフェなどで出される本格的な自家焙煎コーヒーを再現したいなら、業務用のコーヒーロースターと近い構造のものを選びます。家庭用のものなら、仕上がる量は限られていますが、温度や焙煎時間を設定させることでこだわった1杯を淹れることができます。温度や時間をできるだけ細かく設定できるタイプがおすすめです。焙煎途中でもストップできる商品もあります。

煙の発生を抑える機能

コーヒーの焙煎中には煙が発生します。焙煎が深くなるほど煙が出るので、フレンチやイタリアンといったロースト加減が好きな方は、煙を抑えるタイプがおすすめです。

煙の発生を抑える機能が付いているものも多く、コーヒーのいい香りだけを楽しむことができます。煙が少ないものであれば、換気扇に近くない場所でも使用できます。

静音機能

焙煎中の音の大きさが気になる場合は、静音タイプの電動ロースターがおすすめです。アパートやマンションにお住まいの方や、小さな赤ちゃんがいる方、大きな音が苦手な方には、静音タイプがおすすめです。

自動冷却機能

焙煎後の豆を自動的に冷却してくれる機能です。電動ロースターの中には「焙煎のみ」で冷却まで対応していないものもあります。その場合は焙煎が終わったらザルなど通気性がいいものに移し、ドライヤーやうちわを使用して素早く粗熱を取るようにします。粗熱がとれないまま放置すると、焙煎がどんどん進んでしまうので注意が必要です。

電動コーヒーロースターのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値48,760円(税込)

この商品の特徴

「カルディ」のロースターです。ガスコンロでの熱源が必要ですが、2つの攪拌(かくはん)羽根と斜めのドラム設計で均一な焙煎ができます。本体の他にも温度計とホッパー、サンプラー、チャフコレクター付きで、豆があればすぐにでも焙煎を始められるセット商品になっています。吸排気が効率的にできるように設計されているので、安心して使用することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

「カルディ」のロースターです。ガスコンロでの熱源が必要ですが、2つの攪拌(かくはん)羽根と斜めのドラム設計で均一な焙煎ができます。本体の他にも温度計とホッパー、サンプラー、チャフコレクター付きで、豆があればすぐにでも焙煎を始められるセット商品になっています。吸排気が効率的にできるように設計されているので、安心して使用することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

豆の芯からしっかり焙煎できる遠赤外線方式の電動ロースターです。シンプルなフォルムでどんなお部屋にもマッチするデザインが魅力です。温度調節も微調整可能で、静音設計だからマンションやアパートでの使用を考える方にもおすすめです。回転部は透明ガラスなので豆の様子も観察できます。空気口の調節も可能で、250gの大容量も便利です。高性能ファンを搭載してて、効率的に冷却できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

豆の芯からしっかり焙煎できる遠赤外線方式の電動ロースターです。シンプルなフォルムでどんなお部屋にもマッチするデザインが魅力です。温度調節も微調整可能で、静音設計だからマンションやアパートでの使用を考える方にもおすすめです。回転部は透明ガラスなので豆の様子も観察できます。空気口の調節も可能で、250gの大容量も便利です。高性能ファンを搭載してて、効率的に冷却できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー