ベビーバスのおすすめ3選&選び方【折りたたみタイプも】

ベビーバスのおすすめ3選&選び方【折りたたみタイプも】

赤ちゃんをお風呂に入れるのは結構な重労働ですが、「ベビーバス」を使えば毎日の沐浴がちょっと楽しくなるかもしれません。ベビーバスにはシンクで使えるものやマットタイプ、空気を入れて使う浮き輪のような形のものなど、様々な種類があります。しかし、いつまでも使うものではないため、本当に必要なのか?という疑問を持っている方も多くいるようです。今回はベビーバスの選び方や代用品、人気ブランド「リッチェル」などのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ベビーバスの種類と特徴

床置きタイプ

従来のプラスチック製のベビーバスがこのタイプのものです。角がなくケガをするリスクが少ない、洗って乾かしやすいといった特徴があります。ただし、収納時に場所を取ることや購入前に浴室で使えるサイズかどうかを確認しなければなりません。

エアータイプ

空気を入れて使用する、ビニール製のベビーバスです。使わないときはたたんで片づけられるのがメリットです。実家に帰省する際や旅行する際にも持ち運びが便利です。

シンクタイプ

キッチンの流し台に固定して利用するタイプのベビーバスです。立ったまま沐浴できるのでママとパパの腰や腕に負担が少ないことがメリットです。産婦人科の沐浴台と同じような高さなので洗いやすいという点も良いですね。ただし、赤ちゃんがよく動く場合はキッチンが水浸しになってしまうこともあります。

マットタイプ

洗面台やシンクなどにお湯をためることができるマットタイプは、広げて赤ちゃんを一時的に横にしておくこともできるため便利です。ただし、設置する場所は固い場所なので赤ちゃんが大きく動いたときに頭を打つなどの心配もあります。収納もしやすく、乾かして室内で簡易マットとして利用することもできるのがメリットです。

ベビーバスの選び方

サイズで選ぶ

お風呂で使うのか、洗面台やシンクで使うのかによって購入するサイズは異なります。事前に使用する場所の大きさを確認しておきましょう。またベビーバスは首がすわる時期までか、生後1〜3ヶ月を過ぎる頃まで利用するという方が多いようです。生後3ヶ月の赤ちゃんの身長は60cm程度なので、それ以上は大きくなくても良いかもしれません。

色やデザインで選ぶ

生後1〜3ヶ月のうちは毎日使うので、親しみを持って使える可愛らしいデザインやカラーだとお風呂の時間が楽しくなります。初めのうちは沐浴時の写真を撮る方も多いと思うので、映えるデザインのものを選べばきれいな思い出になりそうですね。

収納場所で選ぶ

自宅に収納するスペースがあるかどうかによっても購入するベビーバスは変わります。クローゼットや押し入れが少ない家の場合はやはり小さく収納できるタイプがおすすめです。

長く使うかどうかで選ぶ

2〜3人目を考えている場合は使いまわせるものが便利です。エアータイプは収納時に便利ですが、空気の詰まったビニールとビニールの間に乾かしきれずに水が溜まることがあります。久しぶりに空気を抜いてみたら見えなかった部分にカビがはえていたというケースもあります。衛生面や長期利用を考えるとプラスチック製のものがおすすめです。

ベビーバスを使わないお風呂の入れ方

「ベビーバスは数ヶ月程度しか使わないから、購入しなくてもいい」という意見もあります。ベビーバスを使わない場合、どのようにお風呂に入れてあげることができるのか、まとめてみました。

パパやママが一緒に入る

首がすわっていなくても、ちゃんと気を付けていれば一緒に入ることは可能です。赤ちゃんとのスキンシップも取れるのでお風呂が楽しみになりそうです。

しかし、新生児は雑菌や汚れへの抵抗力が弱いです。心配な方はベビーバスを用意してあげたほうがよいでしょう。特に、病院から自宅へ帰ってきた直後は環境も変わり体調の変化なども起こりやすいため、お風呂は大人と別々にした方がいいと言われています。

プラスチックの衣装ケースを使う

衣装ケースにお湯を入れてお風呂に入れる方もいます。大きくなった時に赤ちゃんの洋服やおもちゃを入れておくことができるので長く使えるというメリットもあります。ただし、ケースの角で赤ちゃんがケガをする可能性もあるので、最新の注意が必要です。

ベビーバスの主なメーカー

リッチェル(Richell)

プラスチック製品の総合メーカーであるリッチェルは、素材の特徴や性能に対する知識で育児の負担を減らす商品を開発しています。商品にも赤ちゃんのすべり止めが付いていたり、ママの腕にかかる負担を軽減できるような構造になっていいます。

永和

永和のベビーバスは床置きタイプがメインで、カラーもピンクやブルーといった可愛らしいものがあります。もともとトイメーカーなので子供が安全に使えるような商品づくりをしています。

ベビーバスのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,780円(税込)

この商品の特徴

赤ちゃんがベビーバスの中で滑ってしまわないようにストッパーがついているタイプのお風呂です。赤ちゃんの成長に合わせてストッパー部分の空気を抜けば長く使えます。赤ちゃんを抱えている腕も痛くなる心配がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

赤ちゃんがベビーバスの中で滑ってしまわないようにストッパーがついているタイプのお風呂です。赤ちゃんの成長に合わせてストッパー部分の空気を抜けば長く使えます。赤ちゃんを抱えている腕も痛くなる心配がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値4,950円(税込)

この商品の特徴

スタイリッシュな折り畳みタイプのベビーバスです。赤ちゃんが大きくなったらトイボックスにしたり、中に入れて遊んだりもできます。排水口もあるのでお風呂の片付けも簡単です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スタイリッシュな折り畳みタイプのベビーバスです。赤ちゃんが大きくなったらトイボックスにしたり、中に入れて遊んだりもできます。排水口もあるのでお風呂の片付けも簡単です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,900円(税込)

この商品の特徴

丸くてかわいいシルエットのマカロンバスはコンパクトなタイプのベビーバスです。赤ちゃんが座って入れるので安全に沐浴できます。底の部分にもプチプチがついているのでお尻が痛くなりにくいです。お湯の量は5リットルと少なく節水できるのもメリットです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

丸くてかわいいシルエットのマカロンバスはコンパクトなタイプのベビーバスです。赤ちゃんが座って入れるので安全に沐浴できます。底の部分にもプチプチがついているのでお尻が痛くなりにくいです。お湯の量は5リットルと少なく節水できるのもメリットです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー