軽量ベビーカーのおすすめ8選!片手で押せるタイプも

軽量ベビーカーのおすすめ8選!片手で押せるタイプも

軽くて押しやすい軽量ベビーカーには、生後1ヶ月頃から使えるA型や、7ヶ月頃から使えるB型があります。小回りがきき、省スペースで収納できるものが多く、おしゃれなデザインも揃っています。ただし軽いベビーカーには、地面からの衝撃が伝わりやすいといったデメリットがあり、海外メーカーの商品だと折りたたみできないものもあるので、選ぶときは注意が必要です。ベビーカーは、3歳~4歳まで長く使うものだからこそ安全性や機能性もしっかりと比較して選びましょう。今回は、軽量ベビーカーの選び方と、アップリカやコンビなどの人気メーカーをはじめとするおすすめ商品をご紹介していきます。

軽量ベビーカーのメリットとデメリット

ベビーカーには、生後1ヶ月頃から使えるA型タイプと、生後7ヶ月頃から使えるB型タイプがあります。軽さを求めるのであれば、どちらも5kg以下が目安となりますが、繊細な赤ちゃんを乗せるものだからこそ、安全性や機能性もチェックしましょう。

軽量ベビーカーのメリット

軽量ベビーカーは本体の重量が軽いため、走行中や収納時などあらゆる場面で利便性を実感できます。軽量ベビーカーにはコンパクトなものが多く、取り回しが良くて押す力も少なく済むことがメリットです。扱いにくいベビーカーの場合、少しの距離ならば抱っこで済ませてしまおうと考えますが、軽くて扱いやすいベビーカーだと気軽に使うことができます。

軽量ベビーカーのデメリット

軽量ベビーカーは軽量化を図るために、フレームなどの構造を細くしてあるので、安定感がやや欠けるというデメリットがあります。また、振動が伝わりやすいので、重厚感のあるベビーカーと比べると乗り心地が劣ります。ただ軽量化されていても耐衝撃性に配慮してある商品も販売されているので、選ぶときは機能性にも注目してみましょう。

軽量ベビーカーの選び方

タイプから選ぶ

日本のベビーカーはSGという製品安全基準によって「A型」と「B型」に分類されます。海外のベビーカーを検討している場合は、その国の安全基準をクリアしているか確認することが大切です。

A型ベビーカー

A型ベビーカー

出典:Amazon.co.jp

A型ベビーカーは、生後1ヶ月頃から使用できるベビーカーです。首が据わる前の赤ちゃんをのせる場合でも、シートを倒してフラットな状態にできます。A型ベビーカーも軽量タイプがありますが、B型ベビーカーに比べるとつくりがしっかりとしているのが特徴です。また、背面でも対面でも使用できるなど機能も充実しています。赤ちゃんの首が据わる前にベビーカーを使う予定であれば、A型ベビーカーを選択しましょう。

B型ベビーカー

B型ベビーカー

出典:Amazon.co.jp

首が据わっておすわりができる生後7ヶ月頃から使えるのが、B型ベビーカーです。背面式でリクライニング機能を省いてあり、A型ベビーカーよりも比較的重量が軽いところが特徴です。また、折りたたむとスリムになるものが多いので、場所を取らないこともメリットです。B型ベビーカーは、月齢に合わせてA型ベビーカーから買い替えるケースが多いため、現在A型ベビーカーを使用していて、セカンドカーが欲しいと考えている方はぜひ検討してみてください。

重量は5kg以下のものを

ベビーカーの重量は商品によって様々です。その中でも軽さを求めるのであれば、5Kg以内の中から選んでください。5kg以内であれば、押して歩くのはもちろん、折りたたんで楽に持ち運ぶこともできます。混雑した場所や狭い場所では、ベビーカーや荷物を持つだけでも大変です。まずは重量の確認から始めましょう。

折りたためるかどうか

折りたためるかどうか

出典:Amazon.co.jp

販売されているベビーカーは折りたためるものがほとんどですが、念のために確認しておきたい項目です。さらに、ベビーカーを折りたたんだときのサイズ感もチェックしてください。幅がおさえめでコンパクトのベビーカーであるほど、電車やバスの移動のときに場所を取らずに済みます。また、自宅の玄関や車に積み込むときも省スペースで収まることもうれしいポイントです。

自立できるものを選ぶ

折り畳んだときに、自立するかどうかもチェックしましょう。日本のメーカーの商品は自立するものがほとんどですが、海外のメーカーの商品は自立しないものもあります。自立しないと勝手に動き出してしまうので、手が離せなかったり立てかけておくなどの手間が増えて、不便に感じられます。また、自立しても安定感に欠ける商品もあるので、自立したときのバランスも一緒に確認することをおすすめします。

片手操作ができるか

外出中は、抱っこを求めて赤ちゃんが泣き出してしまうなど、ベビーカーから赤ちゃんを降ろさなければならない場面に遭遇します。ワンタッチでベビーカーの開閉ができる商品を使用していれば、赤ちゃんを抱っこしたままでも、簡単にベビーカーを折りたたむことができます。また、ベビーカーの購入後、走行操作が難しいと感じるときもあるため、片手操作でも軽やかに走れる「走行性」を確認しましょう。

衝撃吸収性能がついているかを確認

軽くて扱いやすい軽量ベビーカーは、振動や衝撃が伝わりやすいデメリットがあります。そのため、走行中の衝撃を吸収してくれる素材のシートを使用しているベビーカーだったり、タイヤに衝撃吸収性能が付いたベビーカーがおすすめです。特に、首が据わる前の赤ちゃんのベビーカーを選ぶ際は、衝撃吸収性能をしっかりチェックしてください。

熱中症対策にホロの大きさもチェック

熱中症対策にホロの大きさもチェック

出典:Amazon.co.jp

ベビーカーを選ぶ際は、ホロ(日よけ)の大きさや機能を確認しましょう。ホロがあることで直射日光や紫外線から赤ちゃんを守ることができます。A型ベビーカーには、しっかりしたホロが付いていることが多く、足元まですっぽりと覆えるものや、小窓付きで中の様子がさっと見れるものもあります。対してB型べビーカーにはホロが付属していなかったり、ホロのサイズが小さい商品もあるので、注意して確認しましょう。日よけがしっかりしているベビーカーは重量が増すので、軽さを重視するのであれば、ベビーカーカバーを別途購入して、軽量ベビーカーに取り付ける方法をおすすめします。

A型軽量ベビーカーのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

軽量タイプ(4.7kg)のオート4キャスベビーカーです。荷物が入っていてもそのままベビーカーをたためることができるので、買い物するときにも気軽に使用できます。衝撃吸収素材を使用した構造、足元まですっぽり包み込む大型幌構造のため、赤ちゃんを衝撃や紫外線から守ってくれます。赤ちゃんを乗せるシートは丸洗い可能なので、忙しいお母さんにもおすすめの商品です。

軽量タイプ(4.7kg)のオート4キャスベビーカーです。荷物が入っていてもそのままベビーカーをたためることができるので、買い物するときにも気軽に使用できます。衝撃吸収素材を使用した構造、足元まですっぽり包み込む大型幌構造のため、赤ちゃんを衝撃や紫外線から守ってくれます。赤ちゃんを乗せるシートは丸洗い可能なので、忙しいお母さんにもおすすめの商品です。

出典:shop.combi.co.jp

スゴカルシリーズの2018年最新作です。オート4キャスのベビーカーの中では最軽量モデル(2018年4月時点)で、コンパクトモデルは5.0kgと、女性でも片手で簡単に持てる重さになっています。生後1ヶ月から対応できる両対面タイプで、キャスターにはサスペンション、シートは全面エッグショック付きで振動対策もバッチリです。サンシェードや丸洗いできるシートなど機能性も抜群で、赤ちゃんの快適さと使いやすさを両立した最新のベビーカーです。

スゴカルシリーズの2018年最新作です。オート4キャスのベビーカーの中では最軽量モデル(2018年4月時点)で、コンパクトモデルは5.0kgと、女性でも片手で簡単に持てる重さになっています。生後1ヶ月から対応できる両対面タイプで、キャスターにはサスペンション、シートは全面エッグショック付きで振動対策もバッチリです。サンシェードや丸洗いできるシートなど機能性も抜群で、赤ちゃんの快適さと使いやすさを両立した最新のベビーカーです。

出典:Amazon.co.jp

驚きの4.6kgと軽量で、持ち運びしやすい両対面式のベビーカーです。電車やバスでの移動をする方には最適のタイプです。軽量ですが、「ゆれぐらガード」、「メディカル成長マモール」、「Wサーモメディカルシステム」などの安心機能は10個も搭載されています。安全性も軽さもどちらも外せないという方におすすめの商品です。

驚きの4.6kgと軽量で、持ち運びしやすい両対面式のベビーカーです。電車やバスでの移動をする方には最適のタイプです。軽量ですが、「ゆれぐらガード」、「メディカル成長マモール」、「Wサーモメディカルシステム」などの安心機能は10個も搭載されています。安全性も軽さもどちらも外せないという方におすすめの商品です。

出典:Amazon.co.jp

ピジョンの、両対面A型の4輪ベビーカーです。前後のタイヤのサイズを変えることで、段差が乗り越えやすく、小回りが利く仕様です。オート4輪タイプで、対面・背面どちらに押したときでも、安定して楽な走行ができます。座面54.5cmのハイシートタイプで、下部には、前後どちらからも荷物がたっぷり入れられる大きな収納スペースがついています。片手で簡単に折りたたみでき、たたんだ後は幅約38cmのコンパクトサイズです。

ピジョンの、両対面A型の4輪ベビーカーです。前後のタイヤのサイズを変えることで、段差が乗り越えやすく、小回りが利く仕様です。オート4輪タイプで、対面・背面どちらに押したときでも、安定して楽な走行ができます。座面54.5cmのハイシートタイプで、下部には、前後どちらからも荷物がたっぷり入れられる大きな収納スペースがついています。片手で簡単に折りたたみでき、たたんだ後は幅約38cmのコンパクトサイズです。

B型軽量ベビーカーのおすすめ4選

コンビ軽量型ベビーカー
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

片手で簡単操作が可能な軽量ベビーカーです。赤ちゃんが座るシートは、さらさらとしたメッシュ素材のため、体温の高い赤ちゃんが長時間座っていても、熱がこもることなく快適な乗り心地を与えます。メーカー独自に開発したワンハンドグリップにより、赤ちゃんを抱っこした状態でも、片手で楽々操作が可能です。

片手で簡単操作が可能な軽量ベビーカーです。赤ちゃんが座るシートは、さらさらとしたメッシュ素材のため、体温の高い赤ちゃんが長時間座っていても、熱がこもることなく快適な乗り心地を与えます。メーカー独自に開発したワンハンドグリップにより、赤ちゃんを抱っこした状態でも、片手で楽々操作が可能です。

出典:Amazon.co.jp

重量3.1kgの超軽量B型ベビーカーです。地上から50cmのハイシート構造で、赤ちゃんを地熱やホコリから守ってくれます。フレームには、新開発高剛性リジカルフレームとワイドタイヤを採用しているため、車体のグラつきや振動を軽減し、安全性と押しやすさを兼ね揃えた商品です。ゆったりと幅広く設計されたシートは、赤ちゃんに快適な乗り心地を提供します。

重量3.1kgの超軽量B型ベビーカーです。地上から50cmのハイシート構造で、赤ちゃんを地熱やホコリから守ってくれます。フレームには、新開発高剛性リジカルフレームとワイドタイヤを採用しているため、車体のグラつきや振動を軽減し、安全性と押しやすさを兼ね揃えた商品です。ゆったりと幅広く設計されたシートは、赤ちゃんに快適な乗り心地を提供します。

出典:Amazon.co.jp

リクライニング機能がついたB型ベビーカーです。無段階のリクライニングを倒せば、お昼寝中の赤ちゃんをゆっくりと寝かせてあげることができます。また、窓を開けたままにしていれば、寝ている赤ちゃんをいつでも確認できて、通気性も抜群です。生後1ヶ月から3歳ごろまで使用可能な設計のため、長く使えてお財布にも優しい商品です。

リクライニング機能がついたB型ベビーカーです。無段階のリクライニングを倒せば、お昼寝中の赤ちゃんをゆっくりと寝かせてあげることができます。また、窓を開けたままにしていれば、寝ている赤ちゃんをいつでも確認できて、通気性も抜群です。生後1ヶ月から3歳ごろまで使用可能な設計のため、長く使えてお財布にも優しい商品です。

出典:Amazon.co.jp

生後1ヶ月から3歳頃まで使用できる、軽量でコンパクトなA型ベビーカーです。電車やバスで赤ちゃんを抱いた状態でも楽に持ち運ぶことができ、ワンタッチで開閉できる便利な設計です。畳んだあとは自立するので狭い場所にもすっきり収納できます。紫外線を99%カットするフルカバー日除けがついており、夏場のお出かけも安心です。高さ52cmのハイシートタイプで、赤ちゃんを地熱や日差しから守れます。

生後1ヶ月から3歳頃まで使用できる、軽量でコンパクトなA型ベビーカーです。電車やバスで赤ちゃんを抱いた状態でも楽に持ち運ぶことができ、ワンタッチで開閉できる便利な設計です。畳んだあとは自立するので狭い場所にもすっきり収納できます。紫外線を99%カットするフルカバー日除けがついており、夏場のお出かけも安心です。高さ52cmのハイシートタイプで、赤ちゃんを地熱や日差しから守れます。

ベビーカーの選び方をもっと詳しく知りたい方はチェック

ベビーカーを購入するときの選び方をもっと詳しく知りたい方は、以下の記事もチェックしてみてください。

軽量ベビーカーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事