水切りラックのおすすめ5選!傾斜付きも

水切りラックのおすすめ5選!傾斜付きも

洗い物をして、お皿やコップなどを乾かしやすくしてくれるのが水切りラックです。スリムなものや大容量のもの、折りたたみのものやステンレス、2段のものなど、種類も多く選ぶのに迷ってしまいますよね。今回は、水切りラックの選び方とおすすめ商品を紹介します。

水切りラックの選び方 

自分で水切りをする必要があるかどうか

水が溜まったら自分で水を捨てなければならないトレーは、カビが生えやすいので頻繁なお手入れが必要です。トレーに傾斜や溝が付いていて、何もせずに水が流れるタイプは、管理も楽で衛生的です。

ラックの網目の幅で選ぶ

ラックの網目によって、何枚のお皿を一気に立てられるかや、どれぐらいの厚さのお皿がおけるかが決まりますので、細かくチェックしましょう。網幅が広すぎると、お皿が落ちてトレーについてしまうこともあります。網目が狭すぎるとお皿が寝てしまうので、お皿どうしが重なって取り出しにくく割れる原因にもなります。普段使っているお皿の厚さや、大きさ、量などに合った網目の幅を選んでみましょう。

付属品をチェック

まな板スタンドや箸立て、コップスタンドなど、便利な付属品が付いているか確認してみましょう。付属品が付いていると、ラックさえあれば、乾かすために他のスペースを空けなくて良いので便利です。ただ、付属品が多いとその分スペースが取られてしまいますので、自分に必要な付属品があるかどうかをチェックするのがコツです。

水切りラックのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

料理家の栗原はるみさんがによるオリジナルブランドの、水切りラックです。ラックを置くスペースの幅が20cmくらいしかない台所でもおけます。カゴはキッチンカウンターから飛び出さない高さに設計してありますので、ダイニング側からも見えないようになっています。コンパクトですが、大きなお皿を入れたり、洗い物がたくさんある時には37cmまで伸ばせます。トレーに傾斜が付いているので、溜まった水は自然にシンクに流れ落ちる仕組みになっています。別売りの、グラスなどが置けるフリーラックや、まな板ラック、カトラリーメッシュラックは、この商品と併せて使うことができます。

料理家の栗原はるみさんがによるオリジナルブランドの、水切りラックです。ラックを置くスペースの幅が20cmくらいしかない台所でもおけます。カゴはキッチンカウンターから飛び出さない高さに設計してありますので、ダイニング側からも見えないようになっています。コンパクトですが、大きなお皿を入れたり、洗い物がたくさんある時には37cmまで伸ばせます。トレーに傾斜が付いているので、溜まった水は自然にシンクに流れ落ちる仕組みになっています。別売りの、グラスなどが置けるフリーラックや、まな板ラック、カトラリーメッシュラックは、この商品と併せて使うことができます。

出典:Amazon.co.jp

幅40cm以上、奥行き30cm以上あるスペースに適した水切りラックです。水が溜まるトレーと、スプーンやお箸を入れるカゴが付いています。取り外し可能なので、本体も洗いやすいです。トレーは傾斜が付いているため、放っておいてもシンクに水が流れていきます。食器を入れるカゴは、お皿が立てて入れられます。

幅40cm以上、奥行き30cm以上あるスペースに適した水切りラックです。水が溜まるトレーと、スプーンやお箸を入れるカゴが付いています。取り外し可能なので、本体も洗いやすいです。トレーは傾斜が付いているため、放っておいてもシンクに水が流れていきます。食器を入れるカゴは、お皿が立てて入れられます。

出典:Amazon.co.jp

アパートやマンションの狭いキッチンにおすすめの水切りラックです。突っ張り棒で支えるので、高さが70cm〜110cm必要になります。幅は約45.5cmで、奥行は約21cm必要ですが、設置部の奥行が4.5cm以下の場所には取り付けができません。3段になっていて、下から2段は水切りトレーが付いています。洗いたてのお皿やコップ、茶碗などが置けます。一番上の段には、調味料などが置けて便利です。段の高さは調整できるようになっています。さびにも強いステンレス素材で、横から見ると曲線が綺麗なデザインです。トレーに付属のボールチェーンを付ければ、水がチェーンを伝わってシンクに落ちていきます。その他の付属品は、ふきん掛け、お箸立て、ナイフフォルダー、まな板スタンド、コップスタンドです。普段良く使う食器類をそのまま出して置けるので、忙しい人にも重宝しそうなラックです。

アパートやマンションの狭いキッチンにおすすめの水切りラックです。突っ張り棒で支えるので、高さが70cm〜110cm必要になります。幅は約45.5cmで、奥行は約21cm必要ですが、設置部の奥行が4.5cm以下の場所には取り付けができません。3段になっていて、下から2段は水切りトレーが付いています。洗いたてのお皿やコップ、茶碗などが置けます。一番上の段には、調味料などが置けて便利です。段の高さは調整できるようになっています。さびにも強いステンレス素材で、横から見ると曲線が綺麗なデザインです。トレーに付属のボールチェーンを付ければ、水がチェーンを伝わってシンクに落ちていきます。その他の付属品は、ふきん掛け、お箸立て、ナイフフォルダー、まな板スタンド、コップスタンドです。普段良く使う食器類をそのまま出して置けるので、忙しい人にも重宝しそうなラックです。

出典:Amazon.co.jp

厚めのまな板もしっかり収納できるラックです。まな板を外せば、ペットボトルやコップ用の水切りスタンドとして使えます。トレーの水がシンクに流れる構造になっていますが、トレーをひっくり返せば水は流れません。置く場所によって使い分けができるので便利です。23cmくらいの大きなお皿でも、立てたまま乾燥できます。網目の間隔が広いので、箸置きや醤油皿などの小さな物を入れる時は入れ方を工夫する必要があります。

厚めのまな板もしっかり収納できるラックです。まな板を外せば、ペットボトルやコップ用の水切りスタンドとして使えます。トレーの水がシンクに流れる構造になっていますが、トレーをひっくり返せば水は流れません。置く場所によって使い分けができるので便利です。23cmくらいの大きなお皿でも、立てたまま乾燥できます。網目の間隔が広いので、箸置きや醤油皿などの小さな物を入れる時は入れ方を工夫する必要があります。

出典:Amazon.co.jp

スライド式のプレートなので、調理台としても使えます。シンクの上に掛けられるので、水がそのまま下に落ちて便利です。フライパンやボールなど、大き目のキッチン用品を水切りする時に便利です。まな板の置場がないような、狭いキッチンにもおすすめです。奥行は330mm〜545mmまで調整できます。

スライド式のプレートなので、調理台としても使えます。シンクの上に掛けられるので、水がそのまま下に落ちて便利です。フライパンやボールなど、大き目のキッチン用品を水切りする時に便利です。まな板の置場がないような、狭いキッチンにもおすすめです。奥行は330mm〜545mmまで調整できます。

折りたたみ式の水切りラックもチェック

折りたたみ式の水切りラックの選び方と、おすすめ商品を紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

水切りラックのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事