犬のお手入れブラシの選び方&おすすめ3選【日々のブラッシングに】

犬のお手入れブラシの選び方&おすすめ3選【日々のブラッシングに】

犬の毛は抜け出すと止まらず、犬も飼い主も辟易してしまうものです。しかし犬用のブラシを使いたくても種類が多くて決められないという方も多いのではないでしょうか?今回は犬用ブラシの種類や使う目的、「ピンブラシ」「獣毛ブラシ」「スリッカー」など、種類ごとの選び方について解説します。「ファーミネーター」などのおすすめ商品も紹介しているので、ぜひ購入する際の参考にしてみてください!

犬のブラシの種類と特徴

犬のブラシには、用途や犬種によってさまざまな種類があります。手入れの目的や毛の長さでどのブラシを使うのかを決めましょう。

ピンブラシ

先端が丸くなっているブラシです。主に犬の毛の表面を整える役割をします。毛の長さなどは特に問いません。力を入れずに、軽く撫でるようにしながら使います。

ラバーブラシ

ゴムでできているブラシです。既に抜けて留まっている毛やホコリを取り除きます。皮膚のマッサージ効果もあります。犬種は問いませんが、マッサージが好きな犬が好みます。ゴムと毛は滑りが悪いので、ラバーブラシを深く押しつけると毛が絡んでしまうことがあります。そのため、表面のホコリや毛を取る際は軽く使うようにしてください。マッサージをするときは深く当てて、軽く押さえるようにして使います。

獣毛ブラシ

馬や豚の毛でできているブラシです。犬の毛についているホコリや、ゴミを取るときに使います。静電気が起きないので、毛が長い犬にも使えます。毛の艶を出したいときにもおすすめです。犬の毛に油分が少ない場合は、ツバキ油などを獣毛ブラシに軽く含ませて使います。皮膚が弱い犬の場合はあまり押しつけすぎないようにしましょう。

コーム

クシ型です。主に毛並みを整えるために使います。長毛の犬に効果が出やすいです。クシの間隔が広いものや狭いものがあり、毛の滑りが悪い犬の場合は間隔の広いものから使って徐々に毛並みを整えましょう。

スリッカー

くの字に曲がった針金がたくさんついているブラシです。犬種は問いません。換毛期の毛が抜け替わるときや、毛玉ができている犬に軽く撫でて使います。一度に毛玉を取ってしまうのではなく、少しずつほぐすようにして解いていきましょう。針金の先端が丸くないので、皮膚を傷付けないように注意してください。ハードタイプとソフトタイプがあるので、犬の毛の状態や皮膚の状態で使い分けましょう。

スクラッチャー

T字型で目の大きなクシ型をしています。既に抜けて留まっている毛の除去に使われます。犬の身体全体ではなく、毛が深い部分に使うことで効果を発揮します。あくまで「残っている毛」を取ることが目的です。生えている毛のメンテナンスには向いていません。

犬にブラシをかける目的

毛並みの整えや毛玉の除去以外にも、犬にブラシをかける目的はたくさんあります。少なくとも週に2回〜3回はブラシをかけるようにしましょう。散歩の後など、犬の機嫌がいいときにブラシをかける習慣付けをすると楽になります。

ホコリやノミ・ダニの除去

ホコリやゴミが毛の中に入っている状態が続くと、病気の原因になります。特に皮膚にかゆみや腫れが出やすくなってしまいます。また暑い時期はノミやダニが繁殖しやすく、犬の体力を奪いやすくなってしまうので、ブラシでノミやダニを除去することも大切です。

皮膚異常の早期発見

少なくとも週に数回のブラッシングをすることで、犬の皮膚異常に早く気が付くことができます。特に毛が長い犬は皮膚の異常に気が付きにくいものです。いつも通りにブラシをかけているのに、嫌がったり痛がったりしたら要注意です。皮膚だけでなく内臓異常の可能性もあります。

血行促進のコミュニケーション

人間と同じで、ブラッシングで毛に刺激を与えることで血行が促進されます。若い犬は血行が活発ですが、高齢犬などはそうではありません。血行が悪くなることで発生しやすい病気はたくさんあります。また、犬にとってのブラッシングは仲間同士のグルーミングと同じです。ブラシをかけることで仲間意識が強くなります。犬と円滑なコミュニケーションを築くためにもブラッシングは有効です。

犬のブラシの選び方

ピンブラシの選び方

クッション性

ピンブラシはピンの根元のクッションがしっかりしているものを選びましょう。クッションに弾力が無いと犬への刺激が強くなります。手のひらで押したときに、しっかり跳ね返ってくるものがいいです。

安全性

ピン先の加工が弱いものだと、使っているうちにピンが出てきてしまいます。プラスチック製のピン先は劣化しやすいです。ピン先に樹脂が使われているものを選ぶようにしましょう。

ラバーブラシの選び方

マッサージ効果

突起の形に注目して選びましょう。ゴム先がとがっているものだと刺激が強すぎることがあります。慣れないうちはゴム先が丸いものが良いです。

衛生面

ほとんどのラバーブラシは水洗いができます。ブラシの目が詰まっていると洗いにくいです。犬の毛や皮脂が残ったままになると雑菌が繁殖しやすくなります。そのため、洗いやすく乾燥しやすいものを選びましょう。

獣毛ブラシの選び方

主に馬、豚、イノシシなどの毛が使われています。どの動物の毛でも静電気はおきにくく、化学繊維に比べて肌への刺激も少ないです。犬の毛にツヤを出すことが目的であれば、豚毛を選びましょう。豚毛はハリと弾力を出すことができます。イノシシ毛は地肌の血行を良くすることで毛質を良くします。

コームの選び方

大きさ

コームは顔周りに使うことが多いです。そのため犬の大きさに合ったコーム選びが重要です。コーム自体が大きすぎたり長すぎたりすると、目に当たってしまい危険です。慣れないうちは飼い主の手のひらから少しはみ出すくらいの大きさまでにしましょう。

持ちやすさ

コームはブラシと違ってコントロールが大事です。最初は持ち手が付いたコームを選びましょう。特に犬の体に使う場合は注意しましょう。持ちにくいコームだと、毛に引っかかったときに上手くコントロールができず、力任せになってしまいます。

スリッカーの選び方

針金の弾力

スリッカーは針金をくの字に曲げることで弾力を出しています。飼い主の手の力がそのまま針金に伝わると犬がケガをしやすくなるため、くの字がしっかり曲がっているものを選びましょう。

重さ

スリッカーはブラシ自体の弾力を利用して使います。そのため、力を入れずに持つことが重要です。重さによっては飼い主が力をいれないと上手く使えません。飼い主がスリッカーを持ったときに、重さをほとんど感じることが無いものがベストです。

スクラッチャーの選び方

クシの長さ

既に抜けてしまった毛を回収するときに使うので、皮膚まで到達する長さが必要です。スクラッチャーは犬にとっては特に気持ち良いものではありません。そのため、手早く済ませる必要があります。大きく掻いて少ない回数で済ませられるものを選びましょう。

安全性

スクラッチャーは危険なクシではない分、飼い主も特に気を遣いません。雑な作りのスクラッチャーを選ぶと犬が思わぬケガをすることにも繋がるので、クシ先がきちんと丸くなっていることを確認しましょう。

犬のブラシの主なメーカー

岡野製作所

スリッカーや獣毛ブラシを多数販売しています。トリマーからの信頼も厚いメーカーです。どの製品も大きさのバリエーションがあり、価格も良心的でリピートする方が多いことも特徴です。

ペティオ

ペット用品を扱う有名なメーカーです。さまざまなタイプのブラシが揃っています。毛の長さだけでなく、もつれに特化した商品などもおすすめです。アンダーコートだけを取るブラシなど、悩みによってブラシを選ぶことができます。

犬のブラシのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値550円(税込)
4.41(511件)

この商品の特徴

トリマー推奨商品です。クッションの効いたスリッカーブラシは皮膚へのショックを和らげます。毛の長さを問わずに使うことができます。毛のもつれや毛玉のほぐしに最適です。ムダ毛や抜けている毛の除去にも使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

トリマー推奨商品です。クッションの効いたスリッカーブラシは皮膚へのショックを和らげます。毛の長さを問わずに使うことができます。毛のもつれや毛玉のほぐしに最適です。ムダ毛や抜けている毛の除去にも使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値508円(税込)
4.25(44件)

この商品の特徴

ピンブラシとナイロンブラシの両面ブラシです。ピンブラシは毛をほぐしながらマッサージ効果が期待でき、ナイロンブラシは獣毛ブラシと同じ役割をします。つや出しなどに最適です。静電気も起こらない仕組みになっているので、安心して使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ピンブラシとナイロンブラシの両面ブラシです。ピンブラシは毛をほぐしながらマッサージ効果が期待でき、ナイロンブラシは獣毛ブラシと同じ役割をします。つや出しなどに最適です。静電気も起こらない仕組みになっているので、安心して使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,948円(税込)
4.39(250件)

この商品の特徴

最大90%のムダ毛を除去すると言われる大ヒット商品です。抜け毛だけをかき集めるステンレススチール刃の働きで、スッキリとした仕上がりになります。刃が犬の皮膚に当たることがないので安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

最大90%のムダ毛を除去すると言われる大ヒット商品です。抜け毛だけをかき集めるステンレススチール刃の働きで、スッキリとした仕上がりになります。刃が犬の皮膚に当たることがないので安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー