携帯用アイロンのおすすめ4選&選び方【旅行や出張に!】

携帯用アイロンのおすすめ4選&選び方【旅行や出張に!】

出張先や旅行先で、トランクから出した衣類にシワが入っていることがあります。そんなときに携帯用アイロン(ミニアイロン、トラベルアイロン)があるととても便利ですよね。今回は携帯用アイロンについての解説です。Amazonや楽天、ヨドバシなどで人気の商品、口コミが高い商品を中心にご紹介します。アイロンの選び方やアイロン台がないときの対応方法などについてもお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

携帯用アイロンの種類と特徴

携帯用アイロンには、大きく分けて2種類あります。微妙な違いではありますが、使い方や目的が異なるので、事前に確認しておきましょう。

アイロンタイプ

いわゆる一般的な「アイロン」が携帯しやすいように設計されています。通常のアイロンと同じように、アイロン台または代わりになるようなものを敷いて使います。アイロン本体で押さえてシワを伸ばすだけでなく、圧の掛け方によっては折り目を付けることもできます。スチームが出るものと出ないものがあります。ワイシャツなどの綿素材と相性が良く、パリッとした印象を出したいときにおすすめです。

スチーマータイプ

洋服などをハンガーにつるしたままの状態で使うことができます。スチーマータイプは衣類を直接押さえて圧をかけるものではありません。スチームの力だけでシワを伸ばすので、どちらかと言えば素材本来の自然な状態に戻す印象です。また、商品によっては衣類についた臭いを取ることもできます。アイロン台が無くても使えるので、外出先はもちろん、自宅などでも使いやすいと言えるでしょう。

携帯用アイロンの選び方

出張や旅行に携帯用アイロンを持っていくのであれば、いくつか確認をしておきたいポイントがあります。

バッグに入るサイズ

バッグに入るサイズ

携帯用アイロンはできるだけ小さいものの方が持ち運びには便利です。しかしアイロンが小さい分、一度のアイロンがけに時間がかかります。その点も考慮しておきましょう。少しでも手早くアイロンがけを終えたいのであれば、アイロンの面の大きさよりも、アイロン自体の薄さを重視した方が、持ち運びが楽で効率の良いアイロンがけができそうです。また、携帯用アイロンの中には折りたたんで収納できるものがあります。アイロン面があるので極端に小さくたためるわけではありませんが、持ち手の部分などだけでも収納できるとコンパクトになります。

持ち運びやすい重さ

携帯に適したアイロンは、比較的軽めにできています。使われている素材にもよりますが、250g弱~500gほどなので、キャリーバッグなどに入れて運ぶのであれば問題はなさそうです。アイロンと一緒に使う台(またはその代わりになるもの)の重さなども考えておきましょう。

高めの温度

携帯用アイロンは、一般的なアイロンに比べるとアイロン面の温度が若干低めで170度~180度のものが多いようです。ちなみに一般的な家庭用アイロンだと温度調整をすれば200度くらいまで出るものがたくさんあります。アイロンがかかりにくい素材の衣類や、厚手のものに使うのであれば、できるだけ温度が高いものを探してみましょう。

シーンに合わせた電源

シーンに合わせた電源

携帯用アイロンの電源は、主にはAC電源です。携帯用アイロンを使うところにAC電源があれば良いですが、無い可能性があるなら充電式のコードレスアイロンにしておいた方が良いかもしれません。もちろん充電をしなくてはいけないので、事前にしておくなどの準備が必要です。さらには、コードレスアイロンになると充電装置の重さが加わるので、1㎏前後まで重量が上がります。

電圧について

電化製品は、その国の電圧に合うように作られています。基本的に日本で販売されている製品であれば、日本の電圧である100ボルトに適合するように作られています。しかし日本の100ボルトに合った製品を、電圧が異なる国で使用すると製品が壊れることがあります。主な国では電圧が220~240ボルトです。電圧が異なる国で製品を使う場合は電圧を変換する「変圧器」が必要です。また、コンセントの形も異なることが多いので併せて注意しておきましょう。

温度設定ができると便利

家庭用のアイロンであれば、素材によって細かく温度を設定できますが携帯用アイロンは、温度設定ができないものが多いです。繊細な素材の衣類にアイロンんをかけたい場合はアイロンと衣類の間に布を挟むなどの工夫が必要でしょう。

携帯用アイロンの使い方

携帯用アイロンでも、基本的な使い方は家庭用のものと同じです。ここでは効率の良い使い方を確認しておきましょう。

STEP1:シワ伸ばし

衣類のシワを伸ばしたい場合は、アイロンを横に滑らせて使います。衣類にアイロンを当てたら程よく押さえて、そのままスライドさせましょう。この時に力を入れすぎると衣類を痛めてしまったり、不自然なシワが入る原因になります。

STEP2:折り目つけ

ズボンやスカートなどに折り目をつけたい場合は、アイロンで上から衣類を押します。ぐっと押さえて離して、場所を変えてまた押さえてを繰り返すときれいな折り目をつけることができます。

STEP3:風合いを戻す

トランクの中で荷物に押されて衣類の素材がへたってしまったときは、アイロンで風合いを戻すことができます。衣類から少し離したところでアイロンを止めて、撫でるようにかけましょう。スチームがついているアイロンであれば上手くいきやすそうです。

アイロン台の代用にきくもの

外出先でのアイロンがけで困るのがアイロン台です。そんなときは、身近にあるもので代用しましょう。

バスタオル

バスタオル

ホテルなどであればバスタオルを使うことができます。バスタオルを二つ折りにして、その上でアイロンをかけます。テーブルの上にバスタオルを敷けば、アイロンの動きを安定させることができますし、衣類も傷みにくいでしょう。

座布団

座布団

座布団もアイロン台の代わりにすることができます。ただし、座布団の表面が綿でなければいけません。化学繊維の素材だと、アイロンの熱で縮んだり、火が出たりすることもあります。綿の座布団の上に、タオルやハンカチなどを敷いて使えば安心です。

携帯用アイロンのメリット・デメリット

持ち運びに便利な携帯用アイロンにはメリットもありますが、デメリットもあります。それぞれを理解した上で携帯用アイロンを使うようにしましょう。

メリット

どこででも、衣類をきれいに整えることができるので、急な会食などがあっても安心です。衣類全てにアイロンをかけていなくても、相手の視野に入りやすい顔回りだけでもシワを伸ばしておくと清潔感が出ます。

デメリット

やはり家庭用に比べて温度が低いところでしょう。衣類の素材を矯正するには一定の温度が必要です。高温であればシワが伸びるのが早いだけでなく、素材を必要以上に痛めることもありません。しかし携帯用アイロンのように中温~低温だと、シワを伸ばすのに時間がかかり、その分衣類への負担が大きくなります。

携帯用アイロンのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

携帯用アイロンですが、3段階の温度調節が可能です。スチーム機能もついているので、家庭用のアイロンと機能は変わらないようです。しかも折りたたみができるので持ち運びが楽です。重さは460gです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

携帯用アイロンですが、3段階の温度調節が可能です。スチーム機能もついているので、家庭用のアイロンと機能は変わらないようです。しかも折りたたみができるので持ち運びが楽です。重さは460gです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値930円(税込)

この商品の特徴

とっても小さな手のひらサイズのアイロンです。重さは246gとかなり軽量なのでバッグの中に入れられます。さらに持ち手を折りたたむことができるので、とても小さくできそうです。AC電源で使います。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

とっても小さな手のひらサイズのアイロンです。重さは246gとかなり軽量なのでバッグの中に入れられます。さらに持ち手を折りたたむことができるので、とても小さくできそうです。AC電源で使います。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,346円(税込)

この商品の特徴

重さ160gの携帯用アイロンです。持ち手も収納できるのでとてもコンパクトにできそうですね。海外での使用にも対応しています。170度までしか温度が上がりませんが、デリケートな素材に使うにはぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

重さ160gの携帯用アイロンです。持ち手も収納できるのでとてもコンパクトにできそうですね。海外での使用にも対応しています。170度までしか温度が上がりませんが、デリケートな素材に使うにはぴったりです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,494円(税込)

この商品の特徴

アイロン面がテフロン加工されているので、衣類に優しく安心です。霧吹き機能がついているので、シワがひどい場合でも使えます。電圧が自動で切り替えられるので海外での利用も簡単です。重さは240gです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アイロン面がテフロン加工されているので、衣類に優しく安心です。霧吹き機能がついているので、シワがひどい場合でも使えます。電圧が自動で切り替えられるので海外での利用も簡単です。重さは240gです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー