温湿度計のおすすめ5選!アラーム機能も

温湿度計のおすすめ5選!アラーム機能も

気温や湿度は、季節や環境によって大きく変わります。熱中症やウイルス感染に備えるためにも、気温や湿度が確認できると便利です。温湿度計を持っておくと、気になったときに温度や湿度が一目でわかります。温湿度計の中には、時計としても使えるものもあります。今回は、温湿度計の選び方やおすすめ商品を紹介します。デジタルで高性能なものから、アナログでおしゃれな商品まであるので、ぜひお気に入りのものを見つけてみてください。

温湿度計の種類と特徴

アナログ

気温と湿度を針で指し示すタイプです。アナログタイプは電池が不要です。温湿度計自体の経年劣化や故障がない限り、いつの間にか止まってしまうことはありません。また、数字の部分に色付けがしてあり、熱中症やインフルエンザ感染に注意が必要な気温と湿度がわかるようになっている商品もあります。遠くから見ても大体の数値がわかるのも良いところです。

デジタル

数字が表示されるタイプです。気温を「24.5℃」のように小数点まで表示するタイプが人気です。細かい数値まで一目でわかり、見やすいと評判です。電池が必要ですが、気温と湿度だけでなく時間が表示される商品もあるので、温湿度計兼置き時計として使うのも良いでしょう。熱中症やインフルエンザ感染に注意が必要なときには、アイコンなどでわかりやすく表示してくれる商品もあります。

温湿度計の選び方

設置方法

置きタイプ

置きタイプはテーブルや棚などに置いて使うので、気軽に使い始めることができます。プレゼントとして温湿度計を贈る場合には、贈る相手が壁に穴を開けられない可能性もありますので、置きタイプか、掛けタイプとの兼用ができる商品を選ぶと安心です。

掛けタイプ

壁に掛けて使うタイプです。棚やテーブルが無い場所にも設置できます。家族がよく通る場所に設置しておくと、それぞれ確認する習慣がつくでしょう。赤ちゃんがいる家庭では、ベビーベッドの近くに掛けると、いつでも温度や湿度の管理ができます。設置後に落ちてしまわないように、よく確認してから使いましょう。

数値の見やすさ

見やすい温湿度計を購入すると、毎日チェックする習慣がつきやすくなります。数値の見やすさを重視する方は、アナログタイプの場合は針が太く、数字が大きく書かれている商品がおすすめです。デジタルタイプの場合は、表示される数字が大きい商品や、バックライトが付いていて暗い場所でも見やすい商品を選ぶと良いでしょう。

使う場所

温湿度計は、屋内で使うイメージが強いですが、屋外に設置したり、ベルトなどにぶら下げて持ち運べるタイプの商品もあります。例えば、ガーデニングなどが趣味の方は、家の外にも温湿度計を用意しておくと頻繁に確認できます。屋外で使えるタイプと使えないタイプがありますので、確認してから購入しましょう。

アラーム機能

熱中症の危険が高まると、アラームで知らせてくれる温湿度計があります。作業に熱中していたら、いつの間にか熱中症になりやすい状態になっていた、という事態を避けてくれる便利な商品です。屋外に持ち出すことができる商品を選べば、スポーツをするときも水分補給の必要性などを目で見て確認できます。

温湿度計を設置する位置

温湿度計は、一般的に地面から1.5m程の高さが、最も正確に測ることができると言われています。家庭で目安として使う分には気にしすぎる必要はないと思いますが、可能であればこの高さに設置すると良いでしょう。また、直射日光が当たる場所は、実際の気温よりも高く表示されたり故障することもありますので避けましょう。同じ理由で、加湿器のそばも避けて置きましょう。

温湿度計のおすすめ5選

ドリテックデジタル温湿度計 オプシス O-230WTYahoo!ショッピング最安値1,166円(税込)

出典:Amazon.co.jp

大きなデジタル画面で見やすく、いつでも気軽に温度・湿度の確認をすることができます。 快適度を5段階の表情により、簡単に把握することができるのが特徴。 赤ちゃんがいるご家庭にもぴったりです。 卓上スタンド・強力マグネット・壁掛け用フック穴付。

大きなデジタル画面で見やすく、いつでも気軽に温度・湿度の確認をすることができます。 快適度を5段階の表情により、簡単に把握することができるのが特徴。 赤ちゃんがいるご家庭にもぴったりです。 卓上スタンド・強力マグネット・壁掛け用フック穴付。

ドリテックデジタル温湿度計 ルミール O-295WTYahoo!ショッピング最安値1,002円(税込)

出典:Amazon.co.jp

大きな画面で文字が見やすく、簡単に温度・湿度を確認することができます。 また、危険度目安ランプを搭載しており、インフルエンザは青、熱中症は赤・緑の光で危険度目安を知らせてくれます。 警告ランプは裏側のボタンでON/OFFの切り替えが可能。 どこでも使いやすいスタンドと壁掛けフック穴付き。

大きな画面で文字が見やすく、簡単に温度・湿度を確認することができます。 また、危険度目安ランプを搭載しており、インフルエンザは青、熱中症は赤・緑の光で危険度目安を知らせてくれます。 警告ランプは裏側のボタンでON/OFFの切り替えが可能。 どこでも使いやすいスタンドと壁掛けフック穴付き。

タニタデジタル温湿度計 TT-559-GYYahoo!ショッピング最安値1,509円(税込)

出典:Amazon.co.jp

大画面で見やすい温湿度計です。縦型がおしゃれでスタイリッシュ。冷蔵庫に付けても邪魔になりません。 湿度の快適レベルを簡単に把握できる機能を搭載。「乾燥」、「快適」、「不快」な状態がすぐにわかります。

大画面で見やすい温湿度計です。縦型がおしゃれでスタイリッシュ。冷蔵庫に付けても邪魔になりません。 湿度の快適レベルを簡単に把握できる機能を搭載。「乾燥」、「快適」、「不快」な状態がすぐにわかります。

タニタデジタル温湿度計 TT-558-GY楽天市場最安値1,081円(税込)

出典:Amazon.co.jp

小型で場所を選ばず使える温湿度計です。シンプルなデザインと機能が特徴。温度と湿度だけでなく、時計機能も付いています。 また、過去の最高、最低温湿度を表示する機能も付いているので、不在時の温湿度を確認することができます。ペットや観葉植物の管理に便利です。

小型で場所を選ばず使える温湿度計です。シンプルなデザインと機能が特徴。温度と湿度だけでなく、時計機能も付いています。 また、過去の最高、最低温湿度を表示する機能も付いているので、不在時の温湿度を確認することができます。ペットや観葉植物の管理に便利です。

エンペックス気象計 温度湿度計楽天市場最安値1,781円(税込)

出典:Amazon.co.jp

アナログタイプの温湿度計です。外枠に天然木が使われている人気商品です。比較的リーズナブルですが、高級感があると評判です。安心の日本製です。置くことも掛けることもできるので設置場所を選びません。

アナログタイプの温湿度計です。外枠に天然木が使われている人気商品です。比較的リーズナブルですが、高級感があると評判です。安心の日本製です。置くことも掛けることもできるので設置場所を選びません。

温湿度計のおすすめ商品比較表

商品画像
デジタル温湿度計 オプシス O-230WT
デジタル温湿度計 ルミール O-295WT
デジタル温湿度計 TT-559-GY
デジタル温湿度計 TT-558-GY
気象計 温度湿度計
メーカー

ドリテック

ドリテック

タニタ

タニタ

エンペックス

商品名

デジタル温湿度計 オプシス O-230WT

デジタル温湿度計 ルミール O-295WT

デジタル温湿度計 TT-559-GY

デジタル温湿度計 TT-558-GY

気象計 温度湿度計

最安値
Yahoo!ショッピング1,166円(税込)
Yahoo!ショッピング1,002円(税込)
Yahoo!ショッピング1,509円(税込)
楽天市場1,081円(税込)
楽天市場1,781円(税込)
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事