ヒゲトリマーのおすすめ4選&選び方【眉毛や髪の毛にも!】

ヒゲトリマーはヒゲや眉毛、モミアゲなどが簡単にカットでき、男性の身だしなみを整えるのにぴったりのアイテムです。ひげの長さを整えるだけではなく、きれいに剃るシェーバー機能や、髪の毛、全身のムダ毛にも使えるものもあります。様々なタイプがあるのでどれを購入するか迷ってしまいますよね。また、バリカンとの違いやヒゲトリマー付きシェーバーが気になる方もいるでしょう。今回は、ヒゲトリマーの選び方とフィリップス、パナソニック、ブラウンなどの人気メーカーのおすすめ商品をご紹介します。

ヒゲトリマーはヒゲ用のバリカン

出典:Amazon

ヒゲを整えたいけれど、カミソリやシェーバーだとうまくいかない、ということや、髪の毛を少し整えたいけれど、バリカンだと難しい…ということはありませんか?

そんなときにヒゲトリマーを使えば、ちょうどよくヒゲや髪の毛を整えることができます。ヒゲトリマーはいわばヒゲ用のバリカンともいえるでしょう。毛を短くカットする仕組みはバリカンと同じですが、長さ調節の幅が異なります。髪の毛専用のバリカンだと長さは3mm~15mm程で調節しますが、ヒゲトリマーは1mm~とかなり短めの長さから調節できるので、ヒゲや眉毛、髪の毛など幅広くお手入れができます。電気シェーバーだと、ヒゲをすべて剃ってしまうのでヒゲの長さを均一に整えたり、おしゃれにデザインすることには向いていません。

ヒゲトリマーの選び方

ヒゲトリマーを選ぶ時の比較ポイントをご紹介します。お手入れしたい部分や使う場所、価格など様々な点を考慮して、自分にぴったりのヒゲトリマーを探してみてくださいね。

乾電池式か充電式かを選ぶ

ヒゲトリマーの電源方式は、主に乾電池式か充電式の2種類です。

乾電池式

乾電池を入れておくだけで、色んな場所で手軽に使えるのが魅力です。シンプルでリーズナブルな商品が多いのが特徴です。使用時間が短く、電池が減ってくると威力が落ちたりしますので、その都度電池を入れ替える必要があります。

充電式

充電器で充電して使うタイプなので、乾電池を買う必要もなく、突然電池切れで使えなくなる心配がありません。充電式のものは防水性が高く、お風呂場で使える商品が多いのが特徴です。きちんと充電器に差して保管していれば、突然のバッテリー切れが起こることも少なく、朝の忙しい時間にもサッと使うことができます。

長さ調整がどれぐらいかをチェック

出典:Amazon

ヒゲトリマーは商品によって長さの調節の幅が異なります。商品によってかなり異なりますが、0.5mm刻みで3~30段階の調節が可能なものが多いです。ひげやモミアゲなどを、どのくらいの長さに調節をしたいのか考えて、選んでみてください。

アタッチメントの調整方法を確認

ヒゲトリマーで長さを調節するには、アタッチメントの高さを変える必要があります。アタッチメントの高さを変える方法は、交換式と自動調節式の2種類があります。

自分で取り外しをする交換式

交換式は、長さを変えたいときにアタッチメントを自分で取り付け・取り外しをするタイプです。交換式のヒゲトリマーは自動調節式のものに比べ、本体価格がリーズナブルなものが多いです。使い方がシンプルで、初めてヒゲトリマーを使う方でも簡単に操作できるのが特徴です。

自動で調整してくれる自動調整式

自動調節式は、アタッチメントの位置を自動で調節する機能がついているタイプです。付属部品も少なく、アタッチメントを付け替える必要がないので、手間がかかりません。ダイヤルなどを回して長さを選びます。交換式のものと比べると本体価格が高く、操作が難しいという点があります。

防水性の高さも重要

出典:Amazon

お風呂場で使ったり、水で丸洗いしたいのであれば防水性の高さにも注目しましょう。防水機能はついていても、刃のみだったり特定の部分のみの場合があるので確認が必要です。

お手入れのしやすさをチェック

本体ごと丸い洗いできるものや刃部分のみ水洗いが可能など、商品によって異なりますのでお手入れ方法も確認しましょう。刃の切れ味を保つ自動研磨機能がついていたり、オイル差しが不要なものもあります。長く使うには、メンテナンスのしやすさも大事なポイントです。

ヒゲトリマーの主なメーカー

ヒゲトリマーの主なメーカーであるフィリップス、パナソニック、ブラウンの特徴をご紹介します。

フィリップス

オランダのメーカーで、お風呂で使える機種が多く、刃が長持ち(2年程)するのが特徴です。自動研磨機能がついているのでシェーバーオイルが不要でメンテナンスが簡単なところが魅力です。お肌への負担が少ないのもポイントです。

パナソニック

日本人の肌やヒゲに特化してつくられているので使いやすいです。深剃りと肌への優しさのバランスが良いとの定評があります。シェーバーオイルが必要で自動研磨機能などはついていないので1~2年で刃の交換が必要です。

ブラウン

ドイツのメーカーで、パワフルな剃り味が特徴です。パワフルな分、濃くて太いヒゲに対応できるので、体毛が濃いという方にはおすすめですが、肌が弱い方は少し注意が必要です。シェーバーオイルが必要なタイプもあり、刃の交換は1年半ほどが目安と言われています。

ヒゲトリマーのおすすめ4選

最安値8,290円(税込)

4.58(26件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ブラウンのヒゲトリマー付きシェーバーです。ヒゲを残さず深剃りする電動シェーバーと1mm~7mmの長さに対応した交換式のヒゲトリマーセットがついています。1台でシェービングとヒゲスタイリングができるので便利です。充電式で丸ごと水洗いができる防水機能がついています。シェービング1回分なら5分間の充電でOKなので、充電忘れがあってもすぐに使うことができます。シェーバーとヒゲトリマー、どちらの機能も欲しい方にぴったりです。

最安値6,553円(税込)

4.24(54件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

全身のあらゆる部分に使える、マルチなヒゲトリマーです。アタッチメントはヒゲ用、ヘアー用、ボディー用で場所ごとに変える必要がありますが、長さ調節はダイヤルで設定する自動式です。1時間で充電が完了しますが、コンセントにつなぎながらの使用もできます。刃を外さずに簡単に水洗いできるのでサッとお手入れができるのも魅力です。ヒゲや髪の毛だけでなく、脇やビキニゾーンのお手入れもしたいという方におすすめです。

最安値2,100円(税込)

4.01(77件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

小型で手軽に使えるヒゲトリマーです。乾電池式なのでどこでも手軽に使うことができます。アタッチメントは交換式で、スタイラーコーム3種類(1mm/3mm/5mm)がついています。本体の丸洗いが可能な上、オイル不要、自動研磨システムで切れ味が長持ちするのでお手入れが簡単です。価格もリーズナブルなのでヒゲトリマーを初めて使う方におすすめです。

最安値2,470円(税込)

4.26(406件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

2017年に売れ筋ランキング1位を獲得した、バリカンと兼用できるヒゲトリマーです。長さを0.5mm~20mmの39段階で微調整できるのが特徴で、ヒゲから髪の毛まで様々なスタイルをつくることができます。刃の自動研磨機能が付いているので切れ味が長持ちします。本体を丸洗いできて、掃除用ブラシもついているので簡単にお手入れができます。付属でついてくるT字のカミソリも良く切れると好評です。長さ調節に特化しているヒゲトリマーを探している方にぴったりの商品です。

まとめ

ヒゲトリマーは、手軽に自分でおしゃれなヒゲやモミアゲをつくることができる便利なアイテムです。整えたい部分や長さなどを確認して、あなたにぴったりのヒゲトリマーを選んでみてくださいね。

おすすめ記事