リモワのおすすめスーツケース9選!人気のサルサやトパーズも紹介

RIMOWA(リモワ)は旅行や出張が多い方に、憧れのスーツケースブランドとして支持されています。ドイツ生まれのブランドですが、日本でもユナイテッドアローズなどの店舗で購入することができます。しかしいざ選ぶとなると、機内持ち込みできるサイズかどうかや値段、鍵の有無などに迷ってしまいますよね。今回はおしゃれで丈夫、大事に使えば一生ものと言われるリモワのスーツケースについてご紹介します。人気のサルサやトパーズシリーズもたくさんご紹介しています。

リモワのスーツケースの特徴

ドイツの老舗スーツケースブランドである「RIMOWA(リモワ)」はセレブや世界を飛び回るビジネスマンの間で大変人気があります。長い伝統を持ちながらも、型にはまらず、常に時代と連動した機能とデザインをつくり出しています。

頑丈な構造

出典:Amazon

リモワのスーツケースは、丈夫なつくりが最大の特徴です。「ジュラルミン採用モデル」は、マグネシウムとアルミの合金でつくられており、ビルの15階から落としても中身に影響がないと言われるほど頑丈です。「軽量モデル」のポリカーボネートは紫外線耐性があり、-100℃から+125℃の温度変化にも耐えられます。大切な荷物を守るスーツケースとしては申し分のない構造です。

使いやすさと洗練されたデザイン

出典:Amazon

リモワは伝統にこだわらず、時代に合った使いやすさとデザインを追求しているブランドです。老舗ブランドの中には、ブランドの伝統を残すあまり、時代や流行りにそぐわない商品もあります。しかしリモワは良いところは残し、時代に合わないところは捨てるという、老舗には難しい決定を常にしているため、時代に適応したおしゃれで使いやすいスーツケースが揃っています。

豊富なラインナップ

リモワのスーツケースはラインナップが非常に豊富です。良質軽量な「サルサ」、使い勝手の良い「サルサデラックスハイブリッド」や「ボレロ」、機能的な「リンボ」、高級感溢れる「トパーズシリーズ」、「クラシックフライト」など多岐に展開されています。ユーザーがブランドに合わせるのではなく、ブランドがユーザーのニーズに合わせているため、自分が理想とするスーツケースを選びやすくなっています。

リモワのスーツケースのシリーズ別の特徴

リモワのスーツケースは大きく2種類に分けられます。それぞれに特徴があり、好みに合わせてぴったりのスーツケースを選ぶことができます。

高級感のある「アルミニウムシリーズ」

出典:リモワ

「ジュラルミン採用モデル」とも呼ばれるアルミニウムシリーズの代表格は「トパーズシリーズ」です。シンプルながら高級感があり、ビジネスからフォーマルまで、様々なシチュエーションに合わせられます。ボディが丈夫でキャスターの性能が良いと評判です。衝撃によってボディは凹みますが、凹むことによって中身を守ることができます。トパーズシリーズの愛用者には、あちこち凹んだところに味が出る、という方も多いようです。

カラーバリエーション豊富な「ポリカーボネートシリーズ」

出典:Amazon

サルサシリーズに代表されるポリカーボネートは、リモワの中では比較的安価で気軽に使用することができます。アルミニウムシリーズにはない、華やかなカラーラインナップが特徴です。自分の好きなカラーや、TPOに合わせたカラーを選べる楽しさもあります。指一本で持ち上げられるほど軽量です。衝撃を与えられた場合、ボディを凹ませることによって中身を守ります。アルミニウムシリーズと違って、凹んでも時間が経つと元に戻るため、いつまでもきれいに保ちやすいです。

リモワのスーツケースの選び方

素材は何を求めるのかによって選ぶ

長く使えるアルミニウム

出典:Amazon

リモワのスーツケースは、アルミニウムかポリカーボネートの2択です。アルミニウムはマグネシウムとの合金で大変頑丈で、大切に扱えば半永久的に使えるとも言われています。高価でも、良いものを長く使い続けたいという方にはアルミニウムがおすすめです。

軽量で柔軟なポリカーボネート

出典:Amazon

プラスチック素材のポリカーボネートは、軽量で柔軟な素材というところが特徴です。荷物は少しでも軽い方が良いという方に人気があります。圧力がかかっても変形せずに元に戻るので、凹みのないきれいな状態で使い続けたいという方におすすめです。

デザインの好みで選ぶ

出典:Amazon

リモワのスーツケースは、シンプルながらスタイリッシュで高級感のあるデザインが特徴です。アルミニウムには光沢があるものと、ツヤ消しのものがあります。主流は光沢があるアルミニウムなので、他の人とは少し違ったデザインのものが欲しい方はツヤ消しタイプを選ぶと良いかもしれません。ポリカーボネートはカラー展開が豊富なので、自分の好みのスタイルに合わせながら、オリジナリティを出しやすくなっています。他ブランドとのコラボレーションデザインもあります。

フレームかジッパーかで選ぶ

頑丈なフレーム

出典:Amazon

フレームは高級感があり丈夫なので、中に入れた荷物をしっかりと守ってくれます。しかしフレームの分、本体が重くなってしまうので、中身を詰めすぎると荷物を預けるときに重量オーバーになる可能性が高くなってしまいます。

出し入れしやすいジッパー

出典:Amazon

一方ジッパーは軽量で柔らかいので、中身の大きさに合わせて開け閉めすることができます。また、一度閉じたスーツケースに追加で荷物を入れたいときや、取り出したいときに、スーツケースを全開しなくても出し入れすることが可能です。しかしフレームに比べると強度が低いため、衝撃がそのまま中身に伝わりやすいです。雨に濡れたり水がかかった場合、少量であれば防げますが、一定量を超えるとジッパーの隙間から水が入りやすいので、精密機器などを入れるときは注意が必要です。

サイズは使用日数で選ぶ

スーツケースの大きさは、使う日数に合わせて選ぶと無駄がありません。日帰りや1泊、長期旅行のサブスーツケースとして使うには、10L~31Lサイズがぴったりです。1泊~3泊なら32L~37L、2泊~3泊は38L~51L、3泊~5泊は52L~63L、4泊~7泊は64L~87L、8泊以上なら88L~111Lがおすすめです。使用日数の変動が多い方は、中型と小型を購入して、調整しながら使っても良いでしょう。長期での利用が多い方は、大型と小型を組み合わせて使うと日数に合わせた調整がしやすくなります。

機内持ち込みができるかどうかをチェック

出典:Amazon

空港で荷物を預けると時間と手間がかかる上、海外だと荷物の紛失が起こる可能性があります。飛行機に乗るときに、機内に持ち込みができるサイズがあると便利です。機内に持ち込めるスーツケースの大きさは各航空会社で共通で決められています。飛行機の座席数が100席以上の場合は「縦55cm×横40cm×幅25cm以内、かつ、3辺合計が115cm以内、重さは10kg以下」です。100席以下の場合は「縦45cm×横35cm×幅20cm以内、かつ、3辺合計が100cm以内、重さは10kg以下」です。リモワのスーツケースであれば、20L~40Lのみが機内持ち込み対象となります。

電子タグやTSAロック機能がついているかも確認

2001年の同時多発テロ以来、ハワイ、グアム、サイパンをはじめとするアメリカ領土に入国するときには、アメリカ運輸保安局(TSA)によって緻密な目視荷物検査が行われるようになりました。そのため入国時はスーツケースに施錠をすることができず、もし施錠をしていると、ロックを破壊して検査されてしまいます。破壊されたロックは補償してもらうことができません。

出典:Amazon

「TSAロック」付きのスーツケースは、持ち主がロックをかけていてもTSA職員がそのロックを解除することができます。解除したロックは目視検査が終わると再びロック状態にして戻してもらえるので、海外へ行く機会がある場合は、TSAロックがついているスーツケースがいいでしょう。国内旅行ではTSAロックは不要です。

リモワのスーツケースのおすすめ9選

最安値134,159円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ジュラルミンの丈夫なボディとフレームで、中の荷物をしっかりと守ります。使い続けることで増えていく凹みや傷によって味が出ます。トパーズはアルミ素材を採用しているので重さもあり、価格もリモワの中では最も高く設定されています。リモワらしい、シンプルながら高級感のあるデザインを優先している方に人気です。

最安値73,440円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ポリカーボネート製のスーツケースです。「サルサ」はリモワ従来のジュラルミン製のボディーではなく、初めてポリカーボネート製が採用されたシリーズです。デザインもシンプルなので、どのようなシーンにもマッチします。軽量な上、-100°から+125°の温度変化にも耐えることができます。軽くて使い勝手のいいスーツケースを求めている方におすすめです。

最安値72,999円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

「サルサ」をベースとしつつ、全体的に機能を向上させたモデルです。ポリカーボネート製です。軽量でシンプルなデザインの魅力は残しつつ、スーツケースの内装にディバイダー、外側に荷物を引っ掛けることができるバッグホルダーが追加され、機能面がグレードアップされました。渋めのカラーで、高級感があるのもポイントです。

最安値115,999円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ポリカーボネートのサルサの中でも、高いステータスに位置する「サルサデラックスハイブリッド」です。ハードスーツケースとソフトスーツケースのハイブリッドタイプで、両方の良い部分を採用しています。ハードタイプが苦手、でもソフトタイプは不安という方には特におすすめです。サルサやサルサデラックスは軽量で使いやすいけれど、荷物の出し入れが面倒という声も多いシリーズですが、サルサデラックスハイブリッドは荷物の出し入れをしやすいように工夫されています。機内持ち込みができる大きさのものも販売されているので、用途に合わせて選べます。

最安値49,410円(税込)

4.88(8件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

軽量で柔軟性のあるボディが特徴のサルサエアーです。リモワのスーツケースの中で最もリーズナブルなモデルです。また、リモワのラインナップの中では最も軽量で、指一本でも持ち上げられるほどの軽さと言われています。軽さ重視のため、ハンドルはシングルで、横持ちはできません。他のバッグをキャリーの上に載せてハンドルを固定するキャリーオンもできなくなっています。スーツケースの軽さを重要視する方におすすめです。

最安値145,000円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ルフトハンザ航空とコラボしたデザインです。クラシックフライトはアルミを使用していますが、トパーズシリーズよりも約2kgほど軽くつくられています。また、トパーズシリーズに比べると価格もやや安めです。見た目はトパーズシリーズと非常に似ていて高級感があり、リモワらしさを感じられますが、レトロな雰囲気が出ています。トパーズシリーズは重たくて使いにくいという方に特におすすめです。

最安値105,999円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

四隅に取り付けられたパッドが、高級感を引き立てます。ポリカーボネートタイプの中で唯一、「リンボ」にはジッパーではなくフレームが使われています。軽い素材で、丈夫なフレームタイプが良いという方に特におすすめです。ハンドルは通常のタイプなので、バッグのキャリーオンも可能です。サルサに比べてややエレガントな雰囲気を楽しめます。フォーマルな服装にもぴったりです。

最安値108,999円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ポリカーボネートとレザーを組み合わせてつくられた、クラシカルでラグジュアリーな雰囲気のスーツケースです。コーナーとハンドル部分にはレザーがあしらわれ、内装にはキルティング素材が採用されています。内部にはディバイダーが付属されているので、機能性にも優れています。TSAロックにも対応しているため、海外旅行時も便利です。

最安値73,999円(税込)

3.83(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

前面のファスナーポケットが特徴的な「ボレロ」シリーズです。蛇腹式の収納ポケットには、書類などをスムーズに出し入れすることができるため、ビジネスでの使用におすすめです。ポリカーボネート製なので軽く、耐久性にも優れています。マルチホイールは前後左右360°動くため、スムーズな移動が可能です。

まとめ

旅行に持って行くスーツケースは、機能的でおしゃれなものが良いですよね。憧れのリモワのスーツケースを持って旅に出てみましょう。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

スーツケースの人気売れ筋ランキング

おすすめ記事