画板のおすすめ8選!肩掛けや折りたたみタイプも

画板のおすすめ8選!肩掛けや折りたたみタイプも

画板は、屋外で絵や漫画のデッサンを描く際に使用するアイテムです。肩掛け紐がついた商品が多く、大判、中判、四ツ切、F6、A4などの用紙サイズにあわせて選ぶことができます。折りたたみ式の商品や小学生向けの軽い商品、ホワイトボードとして使える商品も販売されています。今回は、画板の選び方やおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

画板の種類

重量があり安定する紙製

重量があり安定する紙製

出典:Amazon.co.jp

紙製の画板は、ずっしりとした重量があり、丈夫で安定性が高いことが特徴です。カルトンとも呼ばれており、2つ折りになるダブルタイプは、予備の画用紙を挟んだり作品を収納して持ち運ぶことができます。重量があるので紙をしっかりと固定できるが、持ち運びが大変になるため自分の使い方に合わせて選ぶと良いでしょう。

軽量で持ち運びやすいプラスチック製

軽量で持ち運びやすいプラスチック製

出典:Amazon.co.jp

プラスチック製の画板は、軽いことが特徴です。小学生でも無理なく持ち運ぶことができるので、学校指定の画板に採用されていることも多いです。プラスチック製の画板も、中に作品を収納できる折りたたみ式があります。素材については、画板がプラスチックのみでつくられているものと、厚紙の表面に樹脂加工が施されたものの2種類があります。

軽さと丈夫さを兼ね備えた木製

軽さと丈夫さを兼ね備えた木製

出典:Amazon.co.jp

木製の画板は、紙製よりも軽くてプラスチック製より丈夫です。そのため、両方のメリットを併せ持つタイプとなります。肩から掛けられるように、紐を通す穴がついたものが多く、木の素材を活かして水彩画の水張りに使用することもできます。

表面加工を施したホワイトボードタイプ

表面加工を施したホワイトボードタイプ

出典:Amazon.co.jp

画板の中には、表面を加工しホワイトボードとして使用できる商品もあります。中の素材はベニア板や、発泡樹脂、コートボード紙と様々です。ざっくりとしたイメージを描き出したり、画板として使わないときはホワイトボードとしても使えます。

画板の選び方

サイズで選ぶ

サイズで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

全判、中判、四ツ切、F6、A4など、使用する用紙にあわせて画板のサイズを選びましょう。小学校の写生などで多く使用されるサイズは、B3より少し大きい四ツ切サイズや、B4より少し大きい八ツ切サイズです。寸法は四ツ切サイズが392×542mmで、八ツ切サイズはその半分の392×271mmです。また、全判は、木炭紙の標準的な寸法である650×500mmに合わせたサイズでつくられています。画板のサイズは大き過ぎてもかえって邪魔になるので、自分が必要とするサイズにあわせて選びましょう。

折りたたみ機能があると収納に便利

折りたたみ機能があると収納に便利

出典:Amazon.co.jp

紙製やプラスチック製の画板の中には、折りたたみ式の商品があります。2枚重ねになっているので、内側に予備の画用紙や描きかけの作品を挟んで持ち運ぶことができます。裏面にポケットが付いた商品や、画用紙だけではなく鉛筆やパレットなどの厚みがあるものを収納できる商品もあります。

画板のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

軽量で持ち運びに便利なプラスチック画板です。樹脂クリップが付いており、画用紙を差し込むだけで画板に挟むことができます。画板の表面は樹脂加工されているため、絵の具や汚れなどが付いてしまったときでも、濡れたぞうきんなどで拭き取るときれいになります。誰のものか分かる名前シールが付属されているのも嬉しいポイントです。

この商品の特徴

軽量で持ち運びに便利なプラスチック画板です。樹脂クリップが付いており、画用紙を差し込むだけで画板に挟むことができます。画板の表面は樹脂加工されているため、絵の具や汚れなどが付いてしまったときでも、濡れたぞうきんなどで拭き取るときれいになります。誰のものか分かる名前シールが付属されているのも嬉しいポイントです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

アーテックの木製画板です。画板全体が大きめのサイズで、広々とスペースを使うことができます。木製素材で丈夫な仕様になっているので、長く使い続けたい方におすすめです。ひも付きで首から下げて外でも使うことができますが、画用紙を留められるクリップなどと合わせて使うと良いでしょう。

この商品の特徴

アーテックの木製画板です。画板全体が大きめのサイズで、広々とスペースを使うことができます。木製素材で丈夫な仕様になっているので、長く使い続けたい方におすすめです。ひも付きで首から下げて外でも使うことができますが、画用紙を留められるクリップなどと合わせて使うと良いでしょう。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

B3サイズの画用紙に対応した画板です。2つ折りになっており、予備の画用紙を持ち運べるスペースがあります。軽量で丈夫なつくりになっているため、野外でスケッチしたいときにも役立てることができます。紙サイズで持ち運びしやすいタイプを探している方におすすめです。

この商品の特徴

B3サイズの画用紙に対応した画板です。2つ折りになっており、予備の画用紙を持ち運べるスペースがあります。軽量で丈夫なつくりになっているため、野外でスケッチしたいときにも役立てることができます。紙サイズで持ち運びしやすいタイプを探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

Maruman(マルマン)のカルトンです。画板としてだけでなく、がのうとして画用紙や製作中の作品を持ち運ぶことができます。画板の素材は丈夫な木炭紙で、頻繁に使っても長持ちするつくりになっています。画板全体が大きめになっているため、広々とスペースを使えるのが嬉しいポイントです。

この商品の特徴

Maruman(マルマン)のカルトンです。画板としてだけでなく、がのうとして画用紙や製作中の作品を持ち運ぶことができます。画板の素材は丈夫な木炭紙で、頻繁に使っても長持ちするつくりになっています。画板全体が大きめになっているため、広々とスペースを使えるのが嬉しいポイントです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

Maruman(マルマン)の木炭紙カルトンです。全判仕様で、中判のタイプよりも少し大きめのサイズなのが特徴です。画板のつなぎ目部分が調節可能なため、多くの木炭紙や作品の収納がしやすくなっています。重量があるため、自宅などでの保存用として使うのがおすすめです。

この商品の特徴

Maruman(マルマン)の木炭紙カルトンです。全判仕様で、中判のタイプよりも少し大きめのサイズなのが特徴です。画板のつなぎ目部分が調節可能なため、多くの木炭紙や作品の収納がしやすくなっています。重量があるため、自宅などでの保存用として使うのがおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

プラスチック素材を使った画板です。軽量で持ち運びやすいのが特徴で、子どもから大人まで、野外で絵を描きたいときに使用できます。プラスチック素材の表面は、湿気や水に強いため、絵の具をこぼしても拭き取るだけで簡単にお手入れすることができます。四隅の穴にひもを通すことで、肩に掛けながら作業することも可能です。

この商品の特徴

プラスチック素材を使った画板です。軽量で持ち運びやすいのが特徴で、子どもから大人まで、野外で絵を描きたいときに使用できます。プラスチック素材の表面は、湿気や水に強いため、絵の具をこぼしても拭き取るだけで簡単にお手入れすることができます。四隅の穴にひもを通すことで、肩に掛けながら作業することも可能です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ホワイトボードとしても使える画板です。ホワイトボードで、長時間経ったあとで文字を消そうとすると消えにくくなるため注意が必要です。画板の隅にはポケットが付いており、絵を描く際に画用紙を固定できるようになっています。裏面にはゴムバンドがあるので首から下げて使うのがおすすめです。

この商品の特徴

ホワイトボードとしても使える画板です。ホワイトボードで、長時間経ったあとで文字を消そうとすると消えにくくなるため注意が必要です。画板の隅にはポケットが付いており、絵を描く際に画用紙を固定できるようになっています。裏面にはゴムバンドがあるので首から下げて使うのがおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

衝撃に強いプラスチック素材の画板です。軽量で持ち運びやすいのもポイントです。画用紙を挟むためのクリップが付いていて、絵を描いている際に紙がずれるのを防いでくれます。ホワイトボードとして画板に直接文字を書いたり、画板同士を重ねることで乾燥棚として活用できるアイテムです。

この商品の特徴

衝撃に強いプラスチック素材の画板です。軽量で持ち運びやすいのもポイントです。画用紙を挟むためのクリップが付いていて、絵を描いている際に紙がずれるのを防いでくれます。ホワイトボードとして画板に直接文字を書いたり、画板同士を重ねることで乾燥棚として活用できるアイテムです。

画材をまとめた絵の具セットもチェック

学校の授業や、屋外での写生など、絵を描くのに必要な画材をまとめた絵の具セットがあれば、持ち運びも便利です。絵の具の選び方やおすすめ商品を紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

画板のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー