ウルトラブックのおすすめ5選!DELLや富士通も【2020年版】

ウルトラブックのおすすめ5選!DELLや富士通も【2020年版】

Windows XPのサポート終了を機に、2013年にパソコンの需要がピークを迎えました。2015年に東芝から、個人向けのコンパクトPC、dynabook RXシリーズが発売され、持ち運びに便利な、モバイルPCが人気の中心となりました。中でも一定の基準を満たした「ウルトラブック」は、高評価を得続けています。2017、2018年は、働き方改革に合わせて、軽量で長時間使えるパソコンに、注目が集まりました。今回はウルトラブックの選び方と、タブレットや価格の安いノートパソコンとの違いをみていきます。世界最軽量を誇る富士通や、コスパの良いDELLや、ASUSなど、おすすめの商品もご紹介していきます。

高性能で軽量なノートパソコンが欲しい

高性能で軽量なノートパソコンが欲しい

ノートパソコンを選ぶときに、妥協したくないのが重さです。持ち運ぶことを考えると、軽くてかさばらないものが理想的です。インテルは高性能でありながら、薄くて軽量なノートパソコンがあったらいいなという思いから、「ウルトラブック」というPCカテゴリーを生み出しました。以来、各メーカーが、こぞってウルトラブックの規格に合わせた、持ち運びしやすいモデルをつくり出してきました。それによって、高性能で薄型のパソコンを持ち歩くことが一般的になりました。

ウルトラブックの定義

ウルトラブックは、2011年にアメリカの半導体素子メーカーである、インテルが提唱した、軽量ノートパソコンの1種です。当初インテルは、ウルトラブックのコンセプトを「インテルのプロセッサー(CPU)を搭載した薄型ノートパソコンで、従来のノートパソコンよりも、持ち運びと駆動時間に重点を置いている。」と定めています。インテルの定めた基準をクリアしたモデルは「Ultrabook」に認定され、ロゴシールが貼られます。具体的な基準は、現在一般公開されていませんが、薄さと駆動時間、スリープ状態から復帰までの速さなどのスペックが条件となっています。特にインテルのCPUを掲載していることが絶対条件です。

ウルトラブックの選び方

ノートパソコンは、機能や大きさ、処理の速さなど、様々な要素があるため、適切なモデルを選ぶのが難しいと感じる方も多くいるでしょう。ウルトラブックは薄さ、バッテリーの持ちの良さ、休止状態からの復帰の速さなど、すでにいくつかの条件を満たしているため、選ぶのがとても楽になります。ウルトラブックの中から、使い方によって、以下の項目の優先度の高いものを意識して、選ぶと効率が良いでしょう。

スペックで選ぶ

用途に適したCPUを選ぶ

CPUは、パソコン全体のパフォーマンスを左右するもので、CPUの性能が高ければ高いほど、処理を速く、安定して、行うことができます。ウルトラブックには、発熱量が小さい、ノートパソコン用のCPUが掲載されています。最も高速なのが、Core i7のプロセッサー・ナンバーが8,000番台以上のもので、動画編集やゲームなど、負荷の高いソフトを使いたい方におすすめです。文書の作成や簡単な作業のみに使うのであれば、Core i5の7,000番台以上であれば、ストレスなく使えます。性能によって価格が決まってくるので、用途に合わせてモデルを選びましょう。

メモリーとストレージの容量を確認

メモリーとストレージの容量を確認

メモリーは、一言で言うと、一時的にデータを記憶する部品で、パソコンやソフトを立ち上げるときなどに使われます。パソコンを動かすには、最低4GBは必要で、快適に作業したいのであれば、8GB以上が推奨されています。16GBあれば、動画編集やゲームなどを楽しむこともできます。ストレージは、長期的にデータを保存する部品で、余裕を持って使いたければ、256GBあると安心です。動画や高画質の写真などを、たくさん保存するのであれば、512GB以上のものを選ぶと良いでしょう。ストレージが足りなくなった場合は、オンラインストレージサービスを利用するか、外付けのHDDドライブを購入する必要があります。

拡張性能をチェック

拡張性能をチェック

ウルトラブックは、コンパクトさが特徴なので、薄くて軽いものほど、拡張性能が制限される傾向があります。ケーブルを使わず、データのやりとりができる機器も増えてきていますが、拡張ポートが足りない場合、USBハブなどを、追加で購入しなければなりません。USB、USB-TypeC、HDMI端子、ヘッドフォンジャックなど、必要な数が備わっているか確認しましょう。

利用シーンに合わせて駆動時間を確認

利用シーンに合わせて駆動時間を確認

ウルトラブックを選ぶ方は、外での利用をメインに考えている方が多いです。1日中持ち歩くことを考えると、最低8時間は使いたいところです。購入時に表記されているバッテリーの駆動時間は、あくまで目安で、実際は、使い方や、経過年数によって、6~7割程度の時間になることが多いです。そのため、1日外で作業する場合は、駆動時間が13時間以上のモデルだと、安心して使えます。もし、いつでも充電できる環境で使うのであれば、駆動時間にこだわらず、予算や重量を優先するのが良いでしょう。

形状で選ぶ

画面のインチ数を確認

持ち運ぶことを考えると、バッグにさっと入る大きさのものが便利です。一般的に、13.3インチ前後のモデルが多く、このサイズだと、A4より少し小さいのでバッグに入れやすく、快適に作業しやすいです。普段デスクトップPCを使うことが多い方には、11インチだと、小さすぎて操作しにくい可能性があります。反対に、15インチを越えると、持ち運ぶのに重すぎる場合もあるので、使い方に合わせて選ぶと良いでしょう。

重量をチェック

重量は、性能や大きさに比例するので、とても悩ましいポイントです。200g程度の違いでも、手で持った感覚は大きく変わります。頻繁に持ち歩くのであれば、1kg以下のモデルにすると、負担が少ないので理想的です。車での移動が多い場合や、たまにしか持ち出さないのであれば、多少重くても、使い勝手や性能を重視して選ぶとよいでしょう。

ボディの薄さも重要

薄いボディは、見た目の美しさだけでなく、パソコンを開いたときや、持ち上げたときの軽快さといった、使い心地の良さが特徴です。ウルトラブックが、生まれた当初のコンセプトに沿って、気軽に持ち運びができる、薄くて軽やかなモデルが続々と出ています。特に、薄いものだと、15mmを下るので、バッグの中の書類や、ファイルの隙間にさっと滑り込ませることができます。

ウルトラブックの人気シリーズ

ASUS ZenBook

ASUS(エイスース)は、コスパの良さに定評があります。薄くて軽量なことと、バッテリー駆動時間が長いことが特徴で、性能の割に、低価格なのが嬉しいポイントです。スピンメタル加工という、高級感あるスタイリッシュなデザインは「禅の精神」を表しています。その粋な格好良さに、ファンからの関心を集めています。

Dynabook  dynabook R

「dynabook」は、1989年に、世界初のハードディスク搭載型ノートパソコンとして、発表されて以来、長年に渡り、消費者のニーズに答えてきた日本のブランドです。落としたり、ぶつけたりしても壊れない、頑丈なボディーが特徴です。北米や欧州を中心に、国外での販売実績もあり、国内外からの信頼が厚いブランドです。

HUAWEI MateBook

画面いっぱいに、高画質ディスプレイが広がっているのが特徴で、大きさの割に、軽量なのが人気のポイントです。サウンドシステムにもこだわっていて、まるで、映画館にいるかの様な臨場感あふれる音が体感できます。HUAWEIのスマホを持っているのであれば、データを共有することも可能です。

富士通 LIFEBOOK

軽量タイプのUHシリーズでは、13.3インチ画面の、最も軽いモデルが698gと、世界最軽量を誇っています。セキュリティーソフトのマカフィーが、3年分無償で付いてくるので、それを理由に買い替えを検討する方も多いです。日本のメーカーなので、万が一のトラブル時も、安心して頼れるところが強みです。

ウルトラブックのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値85,001円(税込)

この商品の特徴

ウルトラブックノートPCです。ハードディスクは起動や読み込みの早いSSDで128GB容量があります。パソコンの性能を決めるCPUはインテル社製のcore i5 3337U・CPUを採用しクロック周波数はネットサーフィン等で必要十分な1.8GB。パソコンの作業効率を決めるメモリは大容量の4GBを搭載しています。モニターがタッチスクリーンであり、タブレットのような使用もできる折り畳み式PCです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ウルトラブックノートPCです。ハードディスクは起動や読み込みの早いSSDで128GB容量があります。パソコンの性能を決めるCPUはインテル社製のcore i5 3337U・CPUを採用しクロック周波数はネットサーフィン等で必要十分な1.8GB。パソコンの作業効率を決めるメモリは大容量の4GBを搭載しています。モニターがタッチスクリーンであり、タブレットのような使用もできる折り畳み式PCです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値112,998円(税込)

この商品の特徴

HuawenoiノートPCです。13インチ液晶のノートブックで本体はA4 サイズよりもコンパクトなサイズとなっています。厚さも12.5mm、重量も1.05kgと薄型で軽量です。持ち運びが楽にできます。高精度・高解像度のLCDは目をみはるような色彩美が画面いっぱいに広がります。約10時間のバッテリーライフで快適に使用できます。電源ボタンに触れるだけで指紋認証ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

HuawenoiノートPCです。13インチ液晶のノートブックで本体はA4 サイズよりもコンパクトなサイズとなっています。厚さも12.5mm、重量も1.05kgと薄型で軽量です。持ち運びが楽にできます。高精度・高解像度のLCDは目をみはるような色彩美が画面いっぱいに広がります。約10時間のバッテリーライフで快適に使用できます。電源ボタンに触れるだけで指紋認証ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値148,090円(税込)

この商品の特徴

ASUSの13.3インチノートパソコンZenBookです。13.9mmの薄さ、985gの軽量で、約9.6時間の長時間駆動バッテリーが搭載されています。指紋認証ログインシステム内蔵なので、面倒なパスワード入力は不要、指1本で簡単にログインできます。簡単便利なだけでなく、パスワード盗難のリスクも減らすことができます。また、暗い場所でもキー操作がしやすいフルサイズのイルミネートキーボードを備えています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ASUSの13.3インチノートパソコンZenBookです。13.9mmの薄さ、985gの軽量で、約9.6時間の長時間駆動バッテリーが搭載されています。指紋認証ログインシステム内蔵なので、面倒なパスワード入力は不要、指1本で簡単にログインできます。簡単便利なだけでなく、パスワード盗難のリスクも減らすことができます。また、暗い場所でもキー操作がしやすいフルサイズのイルミネートキーボードを備えています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値131,500円(税込)

この商品の特徴

薄さと軽さ、高い品質を兼ね備えた13インチノートパソコンです。画面サイズ13.5インチ、重量わずか1,252gで携帯性に優れており、長時間耐えられるバッテリー性能でパフォーマンスも抜群です。キーボードには高級自動車シートに使用されるアルカンターラ素材を採用しており、清掃が簡単で、贅沢なタッチを味わうことができます。外出時の仕事もエレガントにこなしたい方に最適です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

薄さと軽さ、高い品質を兼ね備えた13インチノートパソコンです。画面サイズ13.5インチ、重量わずか1,252gで携帯性に優れており、長時間耐えられるバッテリー性能でパフォーマンスも抜群です。キーボードには高級自動車シートに使用されるアルカンターラ素材を採用しており、清掃が簡単で、贅沢なタッチを味わうことができます。外出時の仕事もエレガントにこなしたい方に最適です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値156,451円(税込)

この商品の特徴

優れたAVコンテンツ再生能力を誇る2in1ノートパソコンです。タッチ機能付き13.9インチ高精細3Kディスプレイは、カメラをキーボード内に収める工夫などにより画面占有率91%を実現しています。豊かで臨場感あふれるサウンドシステムと併せ、スリムで持ち運びやすいデザインながら「ビジュアルグランプリ2018」を受賞する実力を持っています。映画・動画などのコンテンツを最高品質で楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

優れたAVコンテンツ再生能力を誇る2in1ノートパソコンです。タッチ機能付き13.9インチ高精細3Kディスプレイは、カメラをキーボード内に収める工夫などにより画面占有率91%を実現しています。豊かで臨場感あふれるサウンドシステムと併せ、スリムで持ち運びやすいデザインながら「ビジュアルグランプリ2018」を受賞する実力を持っています。映画・動画などのコンテンツを最高品質で楽しみたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ノートパソコンをメーカー別に詳しくチェック

富士通やDELLの商品をシリーズごとに詳しく紹介しています。選び方の参考にしてみてください。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー