3万円台のノートパソコンのおすすめ7選【2019年】

3万円台のノートパソコンのおすすめ7選【2019年】

ノートパソコンは、1台でインターネットでの調べ物から資料作成までできるので、大学生やビジネスマンにとって便利なアイテムです。軽量で持ち運びのしやすいものや、スペックが高く機能性に優れたものなど、様々なモデルが販売されています。高価なイメージのあるノートパソコンですが、ASUSやDELLなどのパソコンメーカーからは、3万円台で購入できるノートパソコンが多く販売されています。低価格であってもOfficeソフトが搭載されていたりと、実用性のあるモデルが多いです。今回は、コストパフォーマンスに優れた3万円台のノートパソコンの選び方やおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

3万円台のノートパソコンの選び方

OSで選ぶ

対応機器の多いWindows

対応機器の多いWindows

出典:Amazon.co.jp

Windowsは多くのノートパソコンで採用されているOSで、対応しているパソコン機器や周辺機器が多い点が特徴です。Windows対応のソフトウェアも多くリリースされており、非常に使いやすいOSと言えます。カスタマイズを加えなくても、元から使用できる機能が多いため、簡単に便利に使うことができます。

安価で購入できるChrome OS

安価で購入できるChrome OS

出典:Amazon.co.jp

Chrome OSは、Googleがリリースしているブラウザである、Google Chromeをベースに、いくつかの機能を追加することでOSにしたものです。Chrome OSの魅力は安さにあります。ストレージ機能やCPU性能は最低限のものに最適化されているため、容量の大きいソフトウェアを使用することはできませんが、ウェブ閲覧やメールチェック、文章の作成など基本的な作業は問題なく行うことができます。

ストレージ容量で選ぶ

ストレージとは、パソコン本体に画像や動画などのデータを保存できる容量のことです。ストレージにはHDDとeMMc、SSDの3種類があります。SSDが最も処理速度の速い種類になりますが、その分価格も高くなるため、処理速度をあまり気にしない方には、HDDかeMMcのものがおすすめです。500GB以上の大容量ストレージを搭載したモデルもありますが、容量は外付けのHDDなどで後から拡張することもできるので、まずは容量が少なめの商品から試すこともできます。

CPU性能で選ぶ

CPU性能は数値によってパソコンの処理速度が変わるため、用途に合わせた性能のCPUを選ぶ必要があります。画像加工や動画編集など、プロ用のソフトを使用するのであれば、Core i5やCore i7と言った高性能のCPUが必要になります。しかし高い性能の分、価格も高くなるため、3万円台のノートパソコンに搭載されていることはほとんどありません。Webページの閲覧や簡単な文章作成程度の用途であればCeleron、資料作成や簡単な画像加工に用いるのであればCore i3のものを選ぶと良いでしょう。

メモリの容量で選ぶ

3万円台のノートパソコンでは、4GBのメモリが使われていることがほとんどです。4GBのメモリ容量があれば、複数のソフトを同時に立ち上げて作業を行うことが可能です。そのような使い方をしないのであれば、2GBのメモリ容量でも対応できます。

便利なタブレットタイプも

便利なタブレットタイプも

出典:Amazon.co.jp

Chrome OSのノートパソコンには、タブレットタイプのものも多く販売されています。ディスプレイをキーボードから取り外せたり、360度回転させることで、タブレットのように使用することができる点が特徴です。スマホのように画面をタッチして操作したい方や、外出先への持ち運びを楽にしたい方などにおすすめです。

HDMI端子の有無をチェック

HDMI端子の有無をチェック

プロジェクターなど、パソコンの画面を外部に出力して使用する場合は、HDMI端子が付いているものを選ぶ必要があります。3万円台のノートパソコンだと、HDMI端子のほかにも、USBポートやSDカードスロットなどが搭載されていないものもあるため、必要な場合は事前にチェックしておく必要があります。また、中にはHDMI端子に対応していないプロジェクターもあるため、万が一のためにVGA端子も付いているものだとより安心です。

液晶サイズや解像度で選ぶ

解像度とは、画面にいくつのドットを表示できるかによって、画面表示のきれいさを表す数値です。一般的に1,366×768ドットのHD解像度と、1,920×1,080ドットのフルHD解像度の2種類に分けられます。フルHD解像度のほうが解像度が高く、大きい液晶サイズに対応しているため、一画面内で、一度に多くの情報を表示できたりと、作業効率をアップさせることができます。ただし、持ち運ぶ際に液晶サイズが大きすぎるとかさばってしまうため、使用スタイルに合わせて選ぶ必要があります。

バッテリーの駆動時間も重要

バッテリーの駆動時間も重要

ノートパソコンを持ち運んで使用する場合は、バッテリーの駆動時間もチェックしておきたい項目です。プレゼンテーションの際など、一時的にしか使用しないのであれば、5〜6時間程度の駆動時間でも問題はありません。しかし、長時間の事務作業を行う場合などは、より長くバッテリーが持つ商品が安心です。3万円台のノートパソコンでも、10時間以上の駆動時間のバッテリーを搭載したものもあるため、バッテリーの駆動時間数もチェックしてみてください。

Officeソフトの有無をチェック

社会人や学生であれば、プレゼンテーションや資料作成で役立つOfficeソフトが、標準で搭載されているかどうかも確認しておきましょう。大学の講義やビジネスでパソコンを使用する場合、WordやExcelなどのOfficeソフトを使用する機会は多いです。別途購入するとなるとお金もかかるため、パソコンを購入してそのまま使える、Officeソフト搭載のノートパソコンを選ぶと便利です。

重さで選ぶ

ノートパソコンを持ち運ぶのであれば、重さもチェックしておきたい項目です。高性能なノートパソコンを購入しても、重くて持ち運びに不便なものであれば、使用する際のストレスになってしまいます。一般的にノートパソコンとして軽いとされる1kg前後を目安に選ぶと、快適に持ち運ぶことができます。

3万円台のノートパソコンのおすすめ7選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値29,210円(税込)

この商品の特徴

スタイリッシュで耐久性に優れたデザインが特徴のChromebookです。フルキーボードと広いタッチパッドが搭載されていますが、スリムで軽量なボディが優秀です。14型FHD液晶が搭載されており、詳細な画像を楽しめることができます。豊富な入出力端子を搭載しているので、様々な周辺機器と簡単に接続することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スタイリッシュで耐久性に優れたデザインが特徴のChromebookです。フルキーボードと広いタッチパッドが搭載されていますが、スリムで軽量なボディが優秀です。14型FHD液晶が搭載されており、詳細な画像を楽しめることができます。豊富な入出力端子を搭載しているので、様々な周辺機器と簡単に接続することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値62,618円(税込)

この商品の特徴

防水設計されたキーボード、ゴム素材の縁、落下保護、モニターには傷への強い耐性を持つCorning Gorilla Glassスクリーンを採用しているなど、耐久性に優れたChromebookです。180度に開き、本体をフラットにすることができるので、複数人数で画面を閲覧したいときに便利です。10時間以上バッテリーが持続するので、長時間の使用にも長けています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

防水設計されたキーボード、ゴム素材の縁、落下保護、モニターには傷への強い耐性を持つCorning Gorilla Glassスクリーンを採用しているなど、耐久性に優れたChromebookです。180度に開き、本体をフラットにすることができるので、複数人数で画面を閲覧したいときに便利です。10時間以上バッテリーが持続するので、長時間の使用にも長けています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値31,000円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値39,977円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値33,999円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値39,977円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値37,566円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

3万円台のノートパソコンのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

Windowsノートパソコンの人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー