富士通ノートパソコン「LIFE BOOK」のおすすめ4選【2020年版】

富士通ノートパソコン「LIFE BOOK」のおすすめ4選【2020年版】

LIFE BOOKシリーズは、日本の有名メーカー「富士通」のノートパソコンです。サポートや保証が充実している日本製のパソコンを使いたい方におすすめです。しかし、LIFE BOOKにはいくつかのシリーズがあり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。そこで、今回は富士通のノートパソコンLIFE BOOKシリーズの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

富士通製ノートパソコンの特徴

日本国内で製造されている

日本国内で製造されている

富士通は日本のメーカーです。日本国内で設計から開発・製造、販売を行い、品質の高いパソコンをつくりつづけています。他の日本のメーカーとは最も異なる点です。富士通のパソコンは同じような性能の海外製品に比べると本体価格自体は高いですが「壊れにくい」と評判です。壊れにくいだけでなく、キーボードの打鍵感にもこだわっており「長く使いやすい」パソコンを提供しています。

手厚いサポートや保証がすごい

富士通の特徴としてもう一つ挙げられるのが、手厚いサポートや保証です。モデルによって異なりますが、メーカーの保証がはじめから3年間ついているのが特徴です。家電量販店などで、追加料金を払って保証期間を延長する必要がありません。また、修理部品の保有期間が、製造終了後6年間あるので長い間使いたい方も安心です。マカフィーリブセーフのセキュリティソフトが3年分つくのでセキュリティーの面でも安心して使うことができます。初期設定や初期化、スクリーンショットの仕方などパソコンを使っていて困ったときは、公式サイトで丁寧に説明がされているうえ、AIチャットなどで相談することも可能です。

富士通製ノートパソコンのシリーズの特徴

LIFE BOOKシリーズは大きく分けると4種類あります。それぞれの特徴を紹介しますので、選ぶ際の参考にしてみてください。

LIFE BOOK LH

LHシリーズは、子どもが初めて家庭でつかう自分専用のパソコンをイメージして設計・開発されたノートパソコンです。2020年から小学校では、プログラミングの授業がはじまります。教育のICT化を見据えて、子どもが使いやすいよう工夫がされています。壊れにくい頑丈設計で子どもを守るセキュリティ対策や、分かりやすいマニュアルなどが用意されています。

LIFE BOOK AH

LIFE BOOK AH

出典:Amazon.co.jp

AHシリーズはさらに、ハイスペックモデルとベーシックモデルの2種類があります。ハイスペックモデルは、ソフトウェアなどを自由に選べるカスタマイズモデルです。ストレージやメモリ、ソフトなどを変更して、自分だけの1台をつくることができます。ビジネスでの利用や動画編集などの重たい作業に向いています。また、液晶は4K、別売りのヘッドホンを使用すれば、ハイレゾ音源を楽しめるこだわり仕様なのも魅力のひとつです。ベーシックモデルは、家庭で使うのにぴったりのモデルです。メニューなどが分かりやすくなっているので使い勝手が良く、パソコンに詳しくない方でも楽しみながら使うことができます。

LIFE BOOK SH

LIFE BOOK SH

出典:Amazon.co.jp

SHシリーズは、様々な利用シーンで活躍できるバランスの良いスペックが特徴です。総合的なパフォーマンスの良さと、様々なデバイスとつなぐことができる適応力の高さ、そして1日中駆動できるスタミナが兼ね備えられているパソコンです。

LIFE BOOK UH

LIFE BOOK UH

出典:Amazon.co.jp

UHシリーズは、「軽く、薄く、そして強く」をモットーに持ち運びやすいよう、限界まで極めた軽さが特徴です。コンパクトなボディですが、フルサイズのキーボードを採用し、使い勝手にもこだわっています。重さはなんと約748gほどのものもあります。持ち運びしやすいと人気のMacBookが約920gなので、それよりも軽量なUHシリーズは、持ち運んで使うことを想定している方には特におすすめです。

LIFE BOOKの選び方

富士通のLIFE BOOKの選ぶうえで、押さえておくべきポイントをご紹介します。

用途にあったCPUが搭載されているかどうか

用途にあったCPUが搭載されているかどうか

CPUは、その良し悪しでパソコンの処理スピードや価格が異なります。富士通のパソコンに使われているのは「Intel Celeron」、「Intel Core i3」、「Intel Core i5」、「Intel Core i7」の4種類です。ただ、CPUのスペックが高ければ高いほど良いというわけではありません。パソコンでどのような作業をしたいかによって選ぶと良いでしょう。動画の編集など重たい作業を行うのであれば、ハイスペックの「Intel Core i7」がおすすめです。逆に、インターネットやメールなどの軽い作業をするのであれば、高スペックのCPUのメリットを感じにくいので、こだわる必要はありません。それらを踏まえ、安心の性能と価格のバランスを考えると「Intel Core i3」がおすすめです。

メモリの容量は4GB以上がおすすめ

メモリの容量が大きいほど、動作が軽く、快適にパソコンを使うことができます。目安は4GB以上がおすすめです。本格的な動画編集など重たい作業をするのであれば8GB以上あると安心です。

ストレージの容量もポイント

ストレージの容量もポイント

メモリを主記憶装置とすると、ストレージは補助記憶装置に当たります。ストレージの容量が大きいほど、写真や動画などのデータをより多く保存することが可能です。目安としては、100〜300GBほどあれば大丈夫ですが、容量をたくさん使うデータ(動画など)を多く保存したいのであれば1TB程度あるほうが安心です。また、ストレージには、HDDとSSDの2種類がありますのでご紹介します。

価格が安いHDD

HDDの特徴は、本体の価格がリーズナブルなことです。大容量のストレージが低価格で手に入るので、コストパフォーマンスに優れています。その反面、SSDに比べると処理速度が遅いことや、衝撃に弱いこと、消費電力が大きいことがデメリットです。

処理速度が速いSSD

SSDの特徴は、処理速度が速いことです。HDDと比べると本体価格が高いですが、衝撃にも強く、消費電力も低いところもメリットです。ただし、データの書き込み制限があるので注意が必要です。1日中データの書き込みが必要であれば、制限のないHDDがおすすめです。

画質を確認しよう

画質を確認しよう

出典:Amazon.co.jp

画質や解像度はものによって異なります。写真や動画を編集したり、ビデオ・オン・デマンド で様々なコンテンツを楽しむ予定がある方は、解像度の高いものがおすすめです。解像度が高いほど、きれいに見えるので一般的に「画質が良い」とされます。ノートパソコンの場合、購入した後に液晶だけを買い替えることができないので、購入時にしっかり見極めましょう。

バッテリー駆動時間もチェック

持ち運びして使うことが多いのであれば、バッテリーの駆動時間もチェックしておきましょう。SH・UHシリーズは最長16~17時間もの間、充電なしで使うことが可能です。AHシリーズは約7.3~7.5時間とされています。

持ち運んで使うならサイズ・重さにもこだわる

持ち運んで使うならサイズ・重さにもこだわる

家庭でデスクトップパソコンのように定位置でノートパソコンを使う方も増えてきましたが、持ち運びをしたい方はサイズや重さを確認しましょう。とはいえ、ノートパソコンなので、重くても持ち運びが不可能なものはありません。LIFE BOOK の中であれば、一番軽量なUHシリーズがおすすめです。

Microsoft officeが付いているか

富士通のパソコンには基本的にOffice Home and Business Premiumのソフトが入っていますが、ものによって異なるので必ず確認しましょう。カスタマイズのできるモデルだと、Officeの有無を選択できます。また、LHシリーズはOffice Home and Business Premiumが入っていませんので注意が必要です。

LIFE BOOKのおすすめ4選

富士通15.6型ノートパソコン LIFEBOOK AH42/C2 FMVA42C2WYahoo!ショッピング最安値152,574円(税込)

出典:Amazon.co.jp

AHシリーズの2018年夏モデルです。ハードディスクの容量が1TBと大容量なので、写真や動画がたくさん保存できます。スマートフォンの写真や動画を「My Cloud」という便利なアプリが自動で整理してくれたり、「MENU」ボタンを押すと、かんたんに使いたいソフトを見つけられる「@メニュー」が起動するので迷いません。使いやすさにすぐれているので「パソコンが苦手」と感じている方にもおすすめです。

AHシリーズの2018年夏モデルです。ハードディスクの容量が1TBと大容量なので、写真や動画がたくさん保存できます。スマートフォンの写真や動画を「My Cloud」という便利なアプリが自動で整理してくれたり、「MENU」ボタンを押すと、かんたんに使いたいソフトを見つけられる「@メニュー」が起動するので迷いません。使いやすさにすぐれているので「パソコンが苦手」と感じている方にもおすすめです。

富士通14型 コンパクトノートPC LIFEBOOK LH35/C2 FMVL35C2WYahoo!ショッピング最安値39,800円(税込)

出典:Amazon.co.jp

2018年の夏に発売されたばかりのLHシリーズのLIFEBOOKです。パソコンと液晶保護フィルム、マウスパッドの3点セットなので、すぐに子どもと一緒にパソコンを始められるセットになっています。専用ケースが付属しているので、子どもでも必要な道具をきれいに収納できます。「そろそろ、子どもにパソコンを与えようかな」と考えている方におすすめです。

2018年の夏に発売されたばかりのLHシリーズのLIFEBOOKです。パソコンと液晶保護フィルム、マウスパッドの3点セットなので、すぐに子どもと一緒にパソコンを始められるセットになっています。専用ケースが付属しているので、子どもでも必要な道具をきれいに収納できます。「そろそろ、子どもにパソコンを与えようかな」と考えている方におすすめです。

富士通13.3型 ノートパソコン LIFEBOOK UH75/B3 FMVU75B3B
価格情報がありません

出典:www.fmworld.net

富士通13.3型 ノートパソコン LIFEBOOK UH75/B3 FMVU75B3B

価格情報がありません

UHシリーズの超軽量型のノートパソコンです。最新モデルではありませんが、重さが748gと、UHシリーズの中でも圧倒的な軽さを誇っています。薄くても頑丈なつくりをしているので、持ち運んで使うにはぴったりです。ストレージの容量は128GBなので多くはありませんが、出先でインターネットやメール、文書作成程度であれば十分でしょう。持ち運びやすさを重視する方におすすめです。

UHシリーズの超軽量型のノートパソコンです。最新モデルではありませんが、重さが748gと、UHシリーズの中でも圧倒的な軽さを誇っています。薄くても頑丈なつくりをしているので、持ち運んで使うにはぴったりです。ストレージの容量は128GBなので多くはありませんが、出先でインターネットやメール、文書作成程度であれば十分でしょう。持ち運びやすさを重視する方におすすめです。

富士通15.6型ワイド オールインワンノートPC LIFEBOOK AH77/C2 FMVA77C2BYahoo!ショッピング最安値254,426円(税込)

出典:Amazon.co.jp

富士通15.6型ワイド オールインワンノートPC LIFEBOOK AH77/C2 FMVA77C2B

Yahoo!ショッピング最安値254,426円(税込)

AHシリーズの2018年夏モデルです。ハイスペックモデルなので価格は高めですが、品質にこだわっています。液晶は、どの角度からでも見やすいフルHDの液晶を採用しています。また、ハイレゾ再生対応のスピーカーを搭載しているのも特徴です。その分、重さは2.3kgと少々重めです。しかし、デスクトップパソコンに引けを取らないスペックの高さなので、メインのパソコンとして使いたい方にもおすすめです。

AHシリーズの2018年夏モデルです。ハイスペックモデルなので価格は高めですが、品質にこだわっています。液晶は、どの角度からでも見やすいフルHDの液晶を採用しています。また、ハイレゾ再生対応のスピーカーを搭載しているのも特徴です。その分、重さは2.3kgと少々重めです。しかし、デスクトップパソコンに引けを取らないスペックの高さなので、メインのパソコンとして使いたい方にもおすすめです。

この記事内のおすすめ商品比較表

商品画像
15.6型ノートパソコン LIFEBOOK AH42/C2 FMVA42C2W
14型 コンパクトノートPC LIFEBOOK LH35/C2 FMVL35C2W
13.3型 ノートパソコン LIFEBOOK UH75/B3 FMVU75B3B
15.6型ワイド オールインワンノートPC LIFEBOOK AH77/C2 FMVA77C2B
メーカー

富士通

富士通

富士通

富士通

商品名

15.6型ノートパソコン LIFEBOOK AH42/C2 FMVA42C2W

14型 コンパクトノートPC LIFEBOOK LH35/C2 FMVL35C2W

13.3型 ノートパソコン LIFEBOOK UH75/B3 FMVU75B3B

15.6型ワイド オールインワンノートPC LIFEBOOK AH77/C2 FMVA77C2B

最安値
Yahoo!ショッピング152,574円(税込)
Yahoo!ショッピング39,800円(税込)
価格情報がありません
Yahoo!ショッピング254,426円(税込)
商品リンク
この記事の修正依頼を送る

関連記事