白髪染めトリートメントのおすすめ10選!人気のルプルプも紹介

白髪染めトリートメントは、ヘナのように、頭皮や髪にダメージを与えにくい白髪染めです。ヘアカラーよりも色落ちが早いので使用頻度は多くなるものの、ダメージが少ないため、毎日でも使うことができます。今回は白髪染めに効果的なシャンプーの方法、トリートメントの使い方や選び方などの情報のほか、利尻やルプルプ、資生堂のプリオールといった、口コミの良いおすすめ商品をまとめました。メンズ用商品やドラッグストアの市販の商品もご紹介します。

髪のケアをしながら白髪を染められる

白髪染めトリートメントは、髪や頭皮にダメージをほとんど与えない成分でできています。ヘアカラーやヘアマニキュアに比べると染まり方が弱いですが、髪や頭皮をいたわりながら髪を染めたい方におすすめの白髪染めです。

白髪の出やすい原因や年齢

白髪の原因

白髪になりやすい体質は遺伝する

遺伝は白髪になる要因のひとつです。親が白髪になりやすい体質の場合は、その体質を受け継いでいる可能性があります。白髪になりやすい体質の方は、紫外線対策など、予防対策を若いうちからすると、白髪の発生を遅くできるかもしれません。

ストレスも白髪を進行させる

ストレスは毛根の毛細血管を縮小させ、黒い色素をつくる細胞にダメージを与える可能性があります。強いストレスがかかる状態が続く場合は、頭皮マッサージをするなどして、頭皮の血行を良くしておくといいでしょう。

喫煙や生活習慣が影響している可能性も

喫煙や不規則な生活習慣、不健康な食生活なども毛細血管を縮小させるため、毛根の色素をつくる細胞にダメージを与える可能性があります。喫煙や不健康な生活習慣を続けることで、白髪の発生を早める可能性が高くなってしまうので、できるだけ控えましょう。

頭皮への紫外線も白髪の原因となる

紫外線も毛根の細胞にダメージを与える可能性があります。特に白髪になりやすい方は、強い日差しの下で帽子をかぶるなど、紫外線対策を怠らないよう注意が必要です。

白髪は35歳ごろから始まる

白髪が発生する時期には個人差があるため、一概に何歳からはじまるかは言えません。しかし一般的には35歳前後で白髪が出始めて、40歳以降で白髪が増えていくパターンが多いようです。50歳ごろになると、半分ぐらいが白髪になることも珍しくありません。

白髪染めトリートメントの効果

白髪染めトリートメントのメリット

頭皮や髪が痛みにくい

白髪染めトリートメントは、髪の表面のみに着色して染めていくタイプの白髪染めです。ヘアカラーのようにキューティクルを開いて染料を内部に浸透させないので、髪が痛みにくいというメリットがあります。

入浴中にも簡単に使える

白髪染めトリートメントは、髪の毛以外に付着した染料は水ですぐ洗い流せます。素手で扱うこともでき、通常のシャンプー後のトリートメントの代わりとして使うことも可能です。ヘアカラーやヘアマニキュアよりも取り扱いが簡単なので、髪を染める手間が少なく済みます。

刺激が少ない成分で頭皮に安全

白髪染めトリートメントは、ヘアカラーに比べて頭皮や髪に刺激となる化学成分が少ない白髪染めです。ヘアカラーのようにアレルギーを起こすこともほとんどないため、頭皮が荒れやすいなど、皮膚が敏感な方におすすめです。

白髪染めトリートメントのデメリット

一度で白髪が染まるわけではない

多くの白髪染めトリートメントは、複数回使用しないと白髪を満足いくレベルまで染めることができません。なおかつ、毎日のシャンプーで色落ちもしていくので、白髪染めトリートメントによっては毎日か1日おきといった頻度での使用が必要な場合もあります。

継続使用するためコストが高くなる

白髪染めトリートメントは、染めるのに何回か連続して使用する必要があるため、ヘアカラーやヘアマニキュアよりも割高です。また、使い続けないと色が落ちていくので、染めている状態を維持したい場合は長期に渡って使い続ける必要があります。

白髪染めトリートメントの選び方

染まりにくい髪質の場合はアルカリ性

白髪染めトリートメントは、髪質によって染まり方が異なります。太くてキューティクルがしっかりしている髪は、染まりにくい髪質です。太くて健康な髪の方は、弱アルカリ性の白髪染めトリートメントを選ぶと染まりやすくなります。

仕上がりの色は元の髪の色による

白髪染めトリートメントの仕上がりの色は、白髪がどれだけ多いかや、もとの髪の色によっても異なります。白髪が多い方は明るめに染まりやすいため、イメージよりもワントーン暗いカラーを選ぶと良いでしょう。

ジアミン配合の染料の種類は避ける

白髪染めトリートメントは、ヘアカラーよりも刺激の弱い染料が使われています。しかし白髪染めトリートメントの中には、染まりをよくするために「ジアミン」という染料が配合されている商品もあり、注意が必要です。化学物質のすべてがアレルギーを引き起こすわけではありませんが、避けた方が安心です。

髪質改善にはトリートメント成分が多めのものを

白髪染めトリートメントに含まれるトリートメント成分は、商品によって量や種類が異なります。髪に良い成分を多く含む白髪染めトリートメントは、髪や頭皮をケアする効果も期待できます。髪質も合わせて改善していきたい方は、トリートメント成分が多く含まれる商品を選ぶと良いでしょう。

継続可能なコスパの良さで選ぶ

白髪染めトリートメントは、シャンプーするごとに色落ちしていくので、継続して使用する必要があります。そのため長期間使っても負担になりすぎない価格であることが大切です。白髪染めトリートメントは概ね5,000円以内ですが、髪の長さや量によっても使用する量が異なります。価格と機能のバランスの取れた商品を選ぶようにしましょう。

忙しい方は色持ちのいいものを

白髪染めトリートメントは髪の表面に付着する染め方のため、ヘアカラーやヘアマニキュアに比べると色持ちは良くありません。なるべく色持ちが良いものを選ぶと、染める頻度を減らすことができます。忙しくて白髪染めトリートメントをする時間がなかなか取れない方は、色持ちの良いトリートメントがおすすめです。

白髪染めトリートメントの効果的な使い方

ノンシリコンシャンプーで洗う

シリコンシャンプーよりも、ノンシリコンシャンプーで洗った髪の方が白髪が染まりやすくなります。白髪染めトリートメントを使う場合は、ノンシリコンシャンプーで洗髪するようにしましょう。

放置時間を長めにする

白髪染めトリートメントは数分程度の放置でも染まる商品がありますが、髪質によっては染まり方が弱い場合があります。染まりにくい髪質の方は、放置時間を規定の時間よりも長くすることで染まりやすくなる可能性があります。

白髪染めトリートメントのおすすめ10選

最安値3,000円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,980円(税込)

3.45(157件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,380円(税込)

3.90(56件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,132円(税込)

3.50(4件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値4,021円(税込)

2.80(12件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,158円(税込)

3.90(59件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,800円(税込)

3.64(252件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,624円(税込)

4.10(23件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,592円(税込)

5.00(1件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

白髪染めトリートメントは、ヘアカラーに比べると染まりにくいですが、頭皮や髪にダメージを与えにくいというメリットがあります。頭皮や髪をいたわりながら白髪を染めたい方は、白髪染めトリートメントがおすすめです。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

カラートリートメントの人気売れ筋ランキング

おすすめ記事