ボックス型扇風機のおすすめ4選!おしゃれなタイプも

ボックス型扇風機のおすすめ4選!おしゃれなタイプも

暑い夏に便利な扇風機ですが、見た目がちょっと…という方には「ボックス型扇風機(ボックスファン)」がおすすめです。本体は薄いものが多く、コンパクトに置くことができます。サーキュレーターのような使い方ができるものや、首振り機能がついたものなど、メリットが多い商品もたくさんあります。今回はボックス型扇風機の選び方や、人気メーカー「山善」や「ラスコ」のおすすめ商品をご紹介します。

ボックス型扇風機とは

ボックス型扇風機とは

出典:Amazon.co.jp

ボックス型扇風機とは、四角い型にはめ込んである扇風機のことです。一般的なリビング扇風機のように、首がないのでとてもコンパクトで収納もしやすくなっています。縁の材質やデザインなどによって、お部屋の雰囲気に合わせることもできます。型にはまっているので、首振りができないものが多く、代わりにルーバーという風向きを変える機能がついているものが多いです。

ボックス型扇風機の特徴

ボックス型扇風機には、一般的なリビング扇風機とは異なる特徴があります。メリットもデメリットも知っておくことで、購入後の使い方を考えやすくなるでしょう。

メリット

邪魔になりにくい

邪魔になりにくい

出典:Amazon.co.jp

ボックス型扇風機は、コンパクトに設計されているものが多く邪魔になりにくいと言えるでしょう。お部屋の空いたスペースにスマートに置くことができます。高さがないので、インテリアの邪魔をすることもさほどありません。

風を下から巻き上げられる

ボックス型扇風機は、床に近いところで使います。そのため、風を下から上に巻き上げることができるというのも特徴です。お部屋の空気を循環させたいときに、サーキュレーターの代わりとして使うこともできます。また、床に近いところに座っているときにも、風がちょうど良い位置を通過するので快適です。

持ち運びが楽

ボックス型扇風機は首がないので、持ち運びがとても楽です。リビング扇風機は首があることと、下の台に重心があることで、持ち運びがやや困難なことがあります。ボックス型扇風機は四角くて持ちやすい形をしているので、お部屋の移動や掃除のときにも簡単に運ぶことができます。

デメリット

羽根にホコリがたまりやすい

ボックス型扇風機は床に近いところで使うので、床のホコリを吸い込みやすいという特徴があります。そのため、リビング扇風機に比べるとお手入れの頻度がやや高めです。羽根の裏にホコリが溜まりやすいので、カバーを取り外せるものを選んだ方が良いでしょう。

サーキュレーターとの違い

サーキュレーターとの違い

出典:Amazon.co.jp

ボックス型扇風機と似た形のものにサーキュレーターがあります。サーキュレーターは空気を循環させるために使うものです。ボックス型扇風機は人が涼むために使います。サーキュレーターは人が涼むことを前提に作られていないので、風が直接的で心地よいと感じる風量の調節が難しいです。ボックス型扇風機は風量調節も簡単で、使い方によってはサーキュレーターの役割をすることもできます。

ボックス型扇風機を選ぶポイント

ボックス型扇風機を選ぶときには、いくつか確認しておきたいポイントがあります。どのようなところに注意をしておけば良いのかを知っておくと良いでしょう。

価格をチェック

ボックス型扇風機の価格は一般的な扇風機と同等、またはやや安いものが多いようです。安いもので3,000円弱、高いものでも概ね10,000円台で購入することができます。通常の扇風機として使うのであれば、安いものであっても一通りの機能は付いています。扇風機としてだけでなく、ミストが出て加湿の役割をするものなどであれば、価格が上がります。

インテリアに合うデザインを選ぶ

インテリアに合うデザインを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ボックス型扇風機はデザイン性の高いものが多いことが特徴です。木目や艶のある素材を使っているものも多く、お部屋のインテリアに合わせやすくなっています。カラーも比較的豊富で、お好みの色のものを探してみるのも良さそうです。

サイズは設置場所に合わせる

ボックス型扇風機は30cm×45cm前後の大きさのものが主流です。組み込まれている羽根の大きさや、デザインなどによって異なります。デスクなどにも置ける小型のものであれば14cm四方のものもあります。使う場所によって大きさを選ぶと、より使いやすくなりそうです。

モーターには2種類ある

扇風機にはACモーターとDCモーターがあります。ACモーターが付いているボックス型扇風機は風が人工的ですが、しっかりとした風に当たりたい方には好評です。風量調節が3段階のものが多いようです。

DCモーターは微妙な風量調節をすることができます。風がやわらかく、自然の風に近い感触です。子どもや年配の方に人気のうちわ風に似た感触を得られます。稼働音がACモーターの物よりも静かで就寝時に使いやすいという方が多いようです。

羽根の数で風の強さが異なる

扇風機の羽根は少ないほど、羽根の面積が広いため強い風を起こします。反対に羽根の枚数が多くなるほど、自然に近いやわらかい風となります。お好みの風の種類やお手入れなどを考慮して選ぶと良いでしょう。

必要な機能がついているか

ボックス型扇風機の中には様々な機能が付いているものがあります。使う状況を想定して、必要な機能を選んでおきましょう。

おやすみタイマー

おやすみタイマー

就寝時に便利です。一晩中風に当たり続けると体力を消耗することがあるとも言われています。1時間、2時間、4時間など都合の良い時間のタイマーが付いているものを選ぶと良さそうです。

リモコン

離れたところからも操作ができるリモコンが付いているものもあります。特に仕事中や就寝時に使うのであれば、できるだけ動かずに操作ができた方が便利です。リモコンを使わないときに保管しておく、リモコンホルダーがあるボックス型扇風機もあります。

風量調節

風量を数段階で調節できるものがほとんどです。3段階、5段階など商品によって調節段階が異なります。使う場所や人によって、風量調節の程度を決めると快適に使えるでしょう。子どもやご年配の方が使うのであれば、できるだけ繊細な調節ができるものが良さそうです。

首振り機能

ボックス型扇風機のほとんどは首を上下に振りますが、中には左右に振るものもあります。使う場所などによって、左右の首振りが必要であれば探してみると良いでしょう。風に当たりすぎて体を冷やしてしまいがちな方におすすめの機能です。

ルーバー機能

ボックス型扇風機には風向きを調節するルーバー機能が付いているものがあります。ルーバーはボックス型扇風機の首の向きを変えなくても風向きだけを変えることができます。狭いスペースでボックス型扇風機を使いたい方におすすめの機能です。

ボックス型扇風機の効率的な使い方

ボックス型扇風機は通常のリビング扇風機と同じように使うことができます。さらには、サーキュレーターと似た役割もできるので、空気の循環に使うと良さそうです。エアコンを付けた状態でボックス型扇風機をやや上に向けて回すと、エアコンの効率を上げることができます。夏はクーラーを少し高めに設定して、ボックス型扇風機で循環させると体感温度が下がりやすいようです。冬も同じようにして使うことで、部屋の上の方に溜まった暖かい空気を下に下ろすこともできます。

ボックス型扇風機のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値7,490円(税込)

この商品の特徴

リモコン付き、OFFタイマー付きのボックス型扇風機です。コードの長さが1.6mあるので、コンセントから少し離れていても使えそうです。スタンダードで、首振り機能が付いたボックス型扇風機をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

リモコン付き、OFFタイマー付きのボックス型扇風機です。コードの長さが1.6mあるので、コンセントから少し離れていても使えそうです。スタンダードで、首振り機能が付いたボックス型扇風機をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値6,490円(税込)

この商品の特徴

縁がスチールでできていることと、単色でシンプルに造られているところが口コミでおしゃれと話題のラスコのボックスファンです。風量は3段階で調節することができます。奥行きは11㎝しかない薄型なので、スマートなボックス型扇風機をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

縁がスチールでできていることと、単色でシンプルに造られているところが口コミでおしゃれと話題のラスコのボックスファンです。風量は3段階で調節することができます。奥行きは11㎝しかない薄型なので、スマートなボックス型扇風機をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,980円(税込)

この商品の特徴

DCモーター搭載のボックス型扇風機です。本体がとても薄いので、収納も家具の隙間などですることができそうです。上下にしっかりと風向の調節ができるので、空気の循環もしやすいでしょう。DCモーターのボックス型扇風機をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

DCモーター搭載のボックス型扇風機です。本体がとても薄いので、収納も家具の隙間などですることができそうです。上下にしっかりと風向の調節ができるので、空気の循環もしやすいでしょう。DCモーターのボックス型扇風機をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値12,999円(税込)

この商品の特徴

45cmの大型ボックス型扇風機です。大きなファンでしっかりとした風量を出すことができます。広いお部屋での空気の循環などにも使えるので、1年を通して活躍しそうです。ルーバー機能もついています。ハイパワーのボックス型扇風機をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

45cmの大型ボックス型扇風機です。大きなファンでしっかりとした風量を出すことができます。広いお部屋での空気の循環などにも使えるので、1年を通して活躍しそうです。ルーバー機能もついています。ハイパワーのボックス型扇風機をお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー