Lightningケーブルのおすすめ3選&選び方【2020年版】

Lightningケーブルのおすすめ3選&選び方【2020年版】

Lightningケーブルは、iPhoneやiPadなどを充電するために使うケーブルのことを言います。ケーブルには様々な種類があり、100均やコンビニで購入できる安いもの、Apple社純正の少し値段が高いものなどが展開されています。さらに長さも短いものから長いものまで幅広くあります。今回は、断線しにくくて丈夫なiPhone用充電ケーブルの選び方や自分でケーブルを補強する方法と合わせて、アンカーなどのAmazonで購入できるおすすめのライトニングケーブルをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

使いやすい充電ケーブルがほしい

使いやすい充電ケーブルがほしい

Lightningケーブルは、iPhoneやiPadなどのApple社製品を充電するときにつなぐケーブルのことを指します。2017年に発表されたiPhone8などの最新型にももちろん対応しています。Lightningケーブルは、探してみると100均で購入できるものもあります。一方で、アップルストアなどで購入できる純正の充電ケーブルの価格は高めです。この価格差には一体何があるのでしょうか。できるだけ安く済ませたいですが、すぐに断線してしまったりと使いにくくては意味がないですよね。安くて使いやすいLightningケーブルには、どのような特徴があるでしょうか。

Lightningケーブルの選び方

純正か否かどうかを確認する

純正か否かどうかを確認する

出典:Amazon.co.jp

アップルストアなどで購入できるLightning充電ケーブルは3,000円ほどです。アップルストアの充電ケーブルは純正で、「MFi認証品」といってApple社の認定を受けています。「MFi認証品」は「Made For iPhone」の略で、ケーブル開発社向けの認証プログラムです。一定の基準を満たすことで、Apple社から品質や機能性に置いてお墨付きを与えられるということです。

断線がしにくく丈夫であること

Lightningケーブルを長期間使用していると、急に充電ができなくなる経験をお持ちの方もいるかと思います。これはLightningケーブルが断線してしまっている可能性が高いです。断線は、いくら純正の高品質なケーブルを使っていてもいつかは起こり得るものですが、断線のしにくさを考えると価格の高い純正のものを購入することがおすすめです。

Lightningケーブルの長さによって選ぶ

Lightningケーブルの長さによって選ぶ

Lightningケーブルには、様々な長さのものが展開されています。もちろん短ければ価格は安いです。短い1mのケーブルは、PCとiPhoneを同期や充電させるときに絡まりにくいので便利です。2~3mの長めのケーブルは、充電しながら自宅の様々な場所でiPhoneを使用したり、ベッドの近くで充電しながら眠りにつきたい方におすすめです。

出力値の違いによって選ぶ

Lightningケーブルには、ケーブルに流れる電流の大きさによって「充電の速さ」が異なってきます。当然流れる電流が大きいほど充電が速いのですが、この電流の大きさを表す単位を「A(アンペア)」と言います。iPhoneのUSBバッテリーを見ると1Aと2.1Aの差込口があります。一般的には2.1Aの方が速く充電できます。iPad Airに付属するUSBバッテリーは2.4Aです。このAに対応するケーブルを使えば速く充電ができ、やはり純正の方が速く充電できるようです。

Lightningケーブルの断線を防ぐ方法

購入したケーブルを補強しておくと、ケーブルを長く使うことができます。

専用アイテムを使う

Lightningケーブルの断線を防ぐための専用アイテムもあります。「ケーブルバイト」というアイテムは、コネクタ部分に取り付けるだけで断線予防の役割を果たします。動物がスマホに噛み付いているような姿に癒やされる、という声も多い人気商品です。以下のページでは、実際に使ってみたレビューを載せていますので、チェックしてみてくださいね!

ボールペンのバネを巻く

ボールペンのバネを巻く

最も一般的なケーブルの補強方法として挙げられるのが、ボールペンのバネを巻く方法です。爪楊枝を使ってバネを引っかけケーブルに接触させたあと、怪我に気を付けながらぐるぐると巻いていくだけです。

毛糸を編み込む

毛糸を編み込む

見た目もカラフルにかわいくしたいという方は、Lightningケーブルに市販の毛糸や刺繍糸などをぐるぐると巻き付けていく方法がおすすめです。糸をケーブルの上部分に縛って固定し巻き付けていき、最後にテープで止めるだけなので簡単です。糸を途中で変えたりするとカラフルなケーブルになります。

テープを巻き付ける

カラフルなビニールテープやマスキングテープを細かく巻いていく方法も手軽でおすすめです。こちらも途中でテープの色を変えるとカラフルでかわいい充電ケーブルになります。

Lightningケーブルのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,199円(税込)

この商品の特徴

「高速充電」と「高速データ転送」のどちらも可能な「iPhone用」のUSBケーブルです。全てのLightning端子機器に対応することが証明されたApple MFI認証のある商品です。圧倒的に耐久面で優れた商品で、約80kgのものを持ち上げても断線しないほど丈夫です。長さは家の中で使いやすい0.9mです。機能性と耐久性を合わせもつおすすめ商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

「高速充電」と「高速データ転送」のどちらも可能な「iPhone用」のUSBケーブルです。全てのLightning端子機器に対応することが証明されたApple MFI認証のある商品です。圧倒的に耐久面で優れた商品で、約80kgのものを持ち上げても断線しないほど丈夫です。長さは家の中で使いやすい0.9mです。機能性と耐久性を合わせもつおすすめ商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,299円(税込)

この商品の特徴

Amazonの中で最も販売実績のある充電製品ブランド「アンカー」のLightningケーブルです。一般的なケーブルの12倍の耐久性を誇っています。約80kgもの重さを持ち上げられるほどの耐久性があり、ケーブル内部のワイヤーを断線から守ってくれます。Apple MFi認証に加え、独自の自社による厳重な品質検査により耐久性と使いやすさを追求しました。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Amazonの中で最も販売実績のある充電製品ブランド「アンカー」のLightningケーブルです。一般的なケーブルの12倍の耐久性を誇っています。約80kgもの重さを持ち上げられるほどの耐久性があり、ケーブル内部のワイヤーを断線から守ってくれます。Apple MFi認証に加え、独自の自社による厳重な品質検査により耐久性と使いやすさを追求しました。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値599円(税込)

この商品の特徴

Roicielのapple社による認証を受けたLightningケーブルです。裏表のない、8ピンのライトニングコネクタが採用されているため、コネクタの裏表を気にせずどちらからでも正常に充電をすることができます。良い導電率を誇るコネクタで、効率の良い充電を体感することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Roicielのapple社による認証を受けたLightningケーブルです。裏表のない、8ピンのライトニングコネクタが採用されているため、コネクタの裏表を気にせずどちらからでも正常に充電をすることができます。良い導電率を誇るコネクタで、効率の良い充電を体感することができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー