ターボライターのおすすめ10選!アウトドアにも

ターボライターのおすすめ10選!アウトドアにも

ターボライターは、風の強い屋外でも簡単に火をつけることができ、タバコ用だけではなく、登山やキャンプといったアウトドアにも便利なアイテムです。ターボライターは、内部のガスと放電を利用することで高温で勢いのある火がつきます。中には、コンパクトな使い捨てタイプや、繰り返し使えるガス注入式タイプなど様々な種類があります。今回は、ターボライターの特徴、選び方、サロメやウインドミル、ロンソンなど人気ブランドの商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ターボライターの特徴

ターボライターの仕組み

ターボライターの仕組み

出典:Amazon.co.jp

ターボライターは、着火しやすい混合ガスと放電を利用して、ライター内の燃焼管で火をつけます。そのため風の影響を受けにくく、風が吹いても炎が揺らがず屋外でも快適に使用することができます。この仕組みから「内燃式ライター」とも呼ばれています。

ターボライターのメリット

ターボライターの最大のメリットは、風の影響を受けやすい屋外でも簡単に火をつけることができることです。また風を受けても揺らぎにくいため、途中で火が消えることもほとんどありません。屋外で使用する際や、火をつけるまでに時間がかかる線香や花火への着火などにおすすめです。

ターボライターのデメリット

ターボライターのデメリットのひとつに、火の勢いが強いことが挙げられます。火力が強く炎がまっすぐ伸びるため、着火する際にライターを自分の方に向けていると、やけどをしてしまう恐れがあります。また、火の温度が高くなると、炎が青くなり、明るい屋外では見えにくいなどのデメリットがあります。

ターボライターの選び方

タイプで選ぶ

すぐに使える使い捨てタイプ

すぐに使える使い捨てタイプ

出典:Amazon.co.jp

使い捨てタイプは、ターボライターの使用頻度が少ない方や、お墓参りやアウトドアなどでしか使用しない方におすすめです。使い捨てタイプは、比較的安価で手に入り、別途ガスを準備したり保管しておくことなく使うことができます。また多くの使い捨てタイプのターボライターには、CR対応(=チャイルドレジスタンス対応)が施されています。着火ボタンが硬めで押しにくい、着火までの操作が複雑など、子どもが火をつけにくい仕様になっているため、子どもがいる家庭でも安心して使用できます。

こだわりの品を長く使うならガス注入タイプ

こだわりの品を長く使うならガス注入タイプ

出典:Amazon.co.jp

ガス注入タイプのターボライターは、タバコ用のライターとして使用する方や、アウトドアによく出掛ける方などにおすすめです。ガスがなくなれば新たに補充することで、本体は繰り返し使用することができます。初期費用とランニングコストはかかりますが、使用頻度が高い方にとっては、毎回新しいターボライターを購入するよりも経済的です。

着火ボタンの押しやすさで選ぶ

着火ボタンの押しやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ターボライターを選ぶ際には、着火ボタンの押しやすさを確認しましょう。着火ボタンの押しやすさは、本体の握りやすさ、着火ボタンのサイズ、滑り止めの有無、硬さなどによって異なります。アウトドアで火を使用する際には分厚いグローブを着用していることが多いですが、グローブをしたままでも持ちやすく、着火ボタンが押しやすいタイプを選ぶと便利です。

火力調整ができるかどうかを確認する

ターボライターにネジやレバーが付いていて、火力を調節することができる製品もあります。例えばアウトドアで使用する際に、タバコを吸うなど手元で火をつけるのと、薪に火をつけるのでは必要な火力は異なります。手元で使用する際に火力が強すぎると火傷をする可能性もあるため、様々なシーンでの使用を考えている方は火力が調節できる製品を選びましょう。

ガス残量が見えると安心

ガス残量が見えると安心

出典:Amazon.co.jp

使い捨てタイプもガス注入タイプも、一目見てガスの残量がわかると便利です。せっかくライターを所持していても、ガスが切れていれば火をつけることはできません。使用頻度が多い方はガス切れを起こしやすいですし、反対に使用頻度が少ない方はガス切れに気づきにくいことが考えられます。ボディがスケルトンタイプになっているものや、残量が確認できる小窓がついたもの、カバーを外すことで残量が見えるものなど様々なタイプがあります。

ターボライターのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

最安値9,199円(税込)
-(0件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値3,780円(税込)
4.38(45件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,640円(税込)
4.43(117件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値5,390円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値2,977円(税込)
4.31(42件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,280円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,091円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値2,115円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値1,399円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値529円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ライターのおすすめをチェック

ガスや放電で着火するターボライター以外にも、オイルを燃料にしたオイルライター、ヤスリの回転で着火するフリント式ライターなど様々な種類があります。自分の用途に合ったライターを見つけてみてください。

ターボライターのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめキーワード

紹介されているメーカー