ガストーチのおすすめ4選&選び方【火おこしや料理に便利】

ガストーチのおすすめ4選&選び方【火おこしや料理に便利】

キャンプなどのアウトドアで面倒な火起こしを簡単にしてくれるのが「ガストーチ」です。使い方によっては、料理やDIYでの溶接などにも使えます。ガスボンベに装着して使うものや、ねじ込み式、ガスを直接充填して使うタイプなど様々です。今回はガストーチの選び方や種類、Amazonランキングで1位を獲得したおすすめ商品などをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

バーベキューをしたいのに火がつかない!

バーベキューをしたいのに火がつかない!

バーベキューやキャンプファイヤーをするときに困るのは「火がつかない」ということではないでしょうか。風向きや風量によってはなかなか火がつかず、大事な時間を無駄にしてしまいます。そんなときにあると便利なのが「ガストーチ」です。

ガストーチとはバーナーの一種で、元々は溶接工事などに使われるものです。DIYや工事現場などでの溶接作業やロウ付けには欠かせません。火力が強く雨風にも影響されにくいため、アウトドアや料理にも使われています。キャンプで薪や炭に火をつけたり、料理で食材に焼き目をつけたりするときに便利です。使い方も簡単で、ライター感覚で火をつけられます。また、炎の調節もできるので用途に合わせた火力で使うことができます。

ガストーチの選び方

ガストーチを選ぶときはいくつか確認しておきたいポイントがあります。実際に使うシーンを想像して、使い勝手の良いガストーチを選ぶようにしましょう。

種類で選ぶ

ガストーチにはいくつか種類があります。主な違いはガスの注入方法や火力の強さなどです。

安くて入手しやすいカセットガス式

安くて入手しやすいカセットガス式

出典:Amazon.co.jp

カセットガスタイプのガストーチはCB缶とも言われます。家庭用のカセットコンロに使うガスボンベをそのまま使うことができます。スーパーやコンビニなどでも購入することができるので、ガストーチの中でももっとも入手しやすいと言えます。価格も比較的安く、3本セットで1,000円前後で購入できるものがほとんどです。日頃はカセットコンロに使って、必要なときにガストーチとして使うことができるのでガス缶が無駄になりにくいでしょう。ガストーチを使う機会が少ない方にもおすすめです。

ただし、カセットガスタイプは他のガストーチに比べると、火力がやや弱いという特徴もあります。特に寒い季節だと火力が低下しやすいです。料理で食材に焦げ目をつける程度であれば問題ありませんが、火を起こすときには薪や炭への着火に時間がかかる場合もあります。また、カセットガスは缶の向きにも注意が必要です。ガス缶を下に向けてガストーチを使うと、生ガスという霧状あるいは液状のガスが出てきます。その状態で火が点くと炎が広がりやけどをすることがあります。ガス缶は立てて使うようにしましょう。

火力が強く温度も高いねじ込み式

ねじ込み式のガストーチはカセットガスタイプに比べて火力が強く、火の温度も高いことが特徴です。季節による火力の変化がほとんどないので、いつでもどこででも使うことができます。火の温度は2000℃~3000℃まで上がるものもあります。アウトドアや料理はもちろん、溶接作業などに使われることも多いタイプです。ガス缶が下を向いている状態でも、生ガスを出さずに使うことができて安全です。ガス缶とガストーチの連結部分もぐらつきが少なく、安定して接続できます。

ただし、ねじ込み式のガストーチは購入できるところが限られています。アウトドアショップやホームセンター、または通販などでなければ購入できないので、外出先での調達が難しいこともあります。また、ねじ込み式はカセットコンロには使えません。カセットガスタイプと見た目が似ているので、誤ってカセットコンロで使わないように注意しましょう。

持ち運びに便利な充てん式

持ち運びに便利な充てん式

出典:Amazon.co.jp

充てん式のガストーチは、ガスを充てん(ガスを入れて)使います。あらかじめ自宅などでガスを充てんして持ち出すので、ガス缶を持ち歩く必要がありません。小さくて軽いので、登山など少しでも荷物を少なくしておきたい場合に便利です。定期的にガスの充てんを確認して避難リュックに入れておけば、緊急時にも使えそうです。

ただし、充てん式は小さい分長く使うことができません。連続時用時間が短いので、最低限の用途でしか使うことができないと考えておきましょう。また火力も弱いため、火起こしなどに使うことは難しいかもしれません。火が点きやすい素材にライターで火をつけるのと同じように使う程度です。

ハイパワーで汎用性の高いアウトドア缶タイプ

アウトドア缶タイプはOD缶タイプともいわれます。名前の通りアウトドアでの使用を前提として作られているので、気候に左右されにくく火力も安定しています。気温が低い場所での使用も安心です。アウトドア缶はガストーチ以外にも、ガスランタンやガスストーブなどにも使えます。他のタイプには無い汎用性の高さがアウトドアでは重宝します。

ただし、ねじ込み式と同じで購入できる場所が限られています。また、価格も他のタイプに比べるとやや高いです。一缶で1,000円ほどします。使い方にもよりますが、1缶の連続使用時間が平均2時間ほどのものが多いようです。キャンプなどで長時間使う可能性がある場合は、使い方を考えておいた方が良いかもしれません。

とってもお手軽!ライター装着式

ライター装着式のガストーチは、使い捨てライターを使います。コンビニやスーパーで購入できる使い捨てライターをライター装着式のガストーチに入れるだけです。本来は風に弱い使い捨てライターが、風に強いターボライターのようになります。風がある場所で火を使いたい場合などに便利です。火力は1200℃ほどになるものが多いようですが、炎の面積が狭いので薪や炭に火をつけるには時間がかかるでしょう。しかしライターのまま使うよりは便利なのでアウトドアの荷物に入れておけば細々とした用に使えそうです。

逆さにしても「生火」がでないもの

ガストーチは使う状況によっては傾けたり下を向けた状態で使うことがあります。そうするとガストーチの種類によっては霧状や液状のガスが出てきてしまい生火という炎が上がることがあります。生火が出るとやけどをしたり、周囲のものに火が移ったりすることがあります。下向きにして使う可能性があるのであれば、あらかじめ下向きでの使用ができるものを選ぶようにしましょう。

炎の温度は1200℃が目安

炎の温度は1200℃が目安

ガストーチの炎の温度は800℃~3000℃とかなり幅があります。炎の温度が高いほど、大きなものや広い範囲に使いやすくなって便利です。しかし通常の薪や炭であれば1200℃ほどあれば充分火をつけられると言われています。炎の温度が高すぎると上手く使いこなせず焦がしてしまったり、すぐにガス缶が空になってしまったりします。1200℃以上の火力で、自分の経験に合わせて使いこなせる温度のものを選ぶと良いでしょう。

着火スイッチの有無を確認する

ガストーチの中には火をつけるための着火スイッチがあるものとないものがあります。着火スイッチがあれば、ライターなどと同じようにスイッチやレバーを操作するだけで簡単に火をつけられます。しかし着火スイッチがないと、ガストーチからガスを出しながらライターなどで引火させて火をつけなくてはいけません。手間がかかるだけでなく、風向きなどによってやけどをすることもあります。着火スイッチはあるものを選んだ方が便利で安全です。

子どもがいる場合はセーフティロックも

子どもがいる場合はセーフティロックも

ガストーチは便利な分、使い方を誤るとケガや事故につながります。ガストーチを使う場面に子どもがいる場合はセーフティロックがあるものが安全です。ガストーチの外観は子どもが使いたくなるものが多いようです。大人が目を離した隙に扱ってやけどをしたり火災につながるような使い方をする可能性が高いでしょう。大人しか使わない場合であっても何かの弾みで火がついてしまうことも考えられます。セーフティロックの有無は必ずチェックしておきましょう。

ガストーチの用途

ガストーチはキャンプやバーベキューでの火起こしの他にも便利な使い方があります。様々な使い方をすることでガストーチを充分に活用することができます。

プリンや肉に焦げ目をつけてさらにおいしく

プリンや肉に焦げ目をつけてさらにおいしく

ガストーチを使って食材に焦げ目をつければ見た目が良くなり食欲が増します。ガストーチを使えばいつものプリンを焼きプリンやプティングにしたり、ローストビーフに少し焦げ目をつけたりすることができます。獲れたての魚を刺身にして、ガストーチであぶって食べてもおいしそうです。

DIYの溶接やロウ付けにも

DIYの溶接やロウ付けにも

元々ガストーチは溶接やロウ付けに使われています。自宅でのDIYなどでも活用してみましょう。ガストーチがあれば、ワンランク上のDIYを楽しむことができます。アルミを溶接してお好みの棚を作ったり、ロウ付けをして便利グッズを作るのも楽しそうです。

ガストーチのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,759円(税込)

この商品の特徴

カセットガスタイプのガストーチです。下を向けて使っても生火が出ない仕組みになっています。そのため、火を点ける対象の位置が角度を気にせず使え、無駄なガスが流出することもなく経済的です。空気調整レバーを使って火力を900℃~1300℃まで調整できるので、用途に合わせて使いやすそうです。点火スイッチもついているので安全に使えます。市販のカセットコンロ用のガス缶が使えるので、ご自宅とアウトドアなどでのガス缶の併用が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

カセットガスタイプのガストーチです。下を向けて使っても生火が出ない仕組みになっています。そのため、火を点ける対象の位置が角度を気にせず使え、無駄なガスが流出することもなく経済的です。空気調整レバーを使って火力を900℃~1300℃まで調整できるので、用途に合わせて使いやすそうです。点火スイッチもついているので安全に使えます。市販のカセットコンロ用のガス缶が使えるので、ご自宅とアウトドアなどでのガス缶の併用が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,300円(税込)

この商品の特徴

アウトドアブランドであるコールマンのガストーチです。ねじ込み式のガストーチで火力が強く、薪や炭への着火も簡単と評判です。1500℃の炎を出すことができるので、広い範囲や火が点きにくいものにも安心して使えるでしょう。点火スイッチつきなので、ガストーチの扱いに慣れていない方でも簡単に使うことができます。火力調節はつまみを回すだけです。コールマンからはこの商品の後にもガストーチが販売されていますが、口コミではこの商品の評判の方が良いようです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アウトドアブランドであるコールマンのガストーチです。ねじ込み式のガストーチで火力が強く、薪や炭への着火も簡単と評判です。1500℃の炎を出すことができるので、広い範囲や火が点きにくいものにも安心して使えるでしょう。点火スイッチつきなので、ガストーチの扱いに慣れていない方でも簡単に使うことができます。火力調節はつまみを回すだけです。コールマンからはこの商品の後にもガストーチが販売されていますが、口コミではこの商品の評判の方が良いようです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,541円(税込)

この商品の特徴

Amazonのベストセラーランキング1位の充てん式ガストーチです。カセットガスだけでなく、ライターガスからの充てんも可能です。1300℃の炎を出すことができるので、薪や炭への着火も安心です。本体サイズは高さ10cmと小さいのでポケットに入れて持ち歩くことができます。先端が8cm伸びるので、用途に合わせて伸ばすとさらに使いやすそうです。連続燃焼時間は15分ほどですが、必要なときにだけ使うと考えればある程度の回数は使えるでしょう。色は黄色と黒の2色です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Amazonのベストセラーランキング1位の充てん式ガストーチです。カセットガスだけでなく、ライターガスからの充てんも可能です。1300℃の炎を出すことができるので、薪や炭への着火も安心です。本体サイズは高さ10cmと小さいのでポケットに入れて持ち歩くことができます。先端が8cm伸びるので、用途に合わせて伸ばすとさらに使いやすそうです。連続燃焼時間は15分ほどですが、必要なときにだけ使うと考えればある程度の回数は使えるでしょう。色は黄色と黒の2色です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値7,080円(税込)

この商品の特徴

連続使用時間60分~90分の充てん式ガストーチです。ライター用ガスのみの使用が可能です。炎の調節ができ、最大火力は1300℃です。先端にキャップがついているので、万が一のときにも安心できそうです。着火ボタンつきで、着火ボタン自体にセーフティロックがついています。アウトドアだけでなく、ご家庭内でのちょっとした作業にも使いやすいと評判です。重さは95gと軽量なので荷物の中に入れておいても気になりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

連続使用時間60分~90分の充てん式ガストーチです。ライター用ガスのみの使用が可能です。炎の調節ができ、最大火力は1300℃です。先端にキャップがついているので、万が一のときにも安心できそうです。着火ボタンつきで、着火ボタン自体にセーフティロックがついています。アウトドアだけでなく、ご家庭内でのちょっとした作業にも使いやすいと評判です。重さは95gと軽量なので荷物の中に入れておいても気になりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー