防水リュックのおすすめ14選!登山などアウトドアからビジネスまで

防水リュックのおすすめ14選!登山などアウトドアからビジネスまで

防水リュックは、雨水などから中の荷物を守ってくれるリュックです。登山や釣りなどのアウトドアシーンはもちろん、通勤・通学などでバイクや自転車に乗っている際の、急な雨から荷物を守ってくれます。メンズ・レディースともにデザインが豊富で、ビジネスシーンで使えるシンプルな製品も多くあります。今回は防水リュックの選び方、パタゴニアやノースフェイスなど人気アウトドアブランドの商品や、完全防水タイプ、大容量タイプなどのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

防水リュックの特徴

荷物が濡れない

荷物が濡れない

防水リュックは、特殊な生地やジッパーを素材としていて、防水機能を備えているリュックです。防水リュックは水を浸透させないので、傘を持っていないときや、両手がふさがって傘をさせないときに雨が降っても安心です。通勤や通学の場合は大事な書類やパソコン、アウトドアの場合は予備の着替えやカメラなどの、大事な荷物を雨から守ることができます。

汚れや臭いがつきにくい

防水リュックに施されたコーティング加工は水だけでなく、泥などの侵入も防ぎます。汚れがついてしまっても、生地に浸透しないため、表面を拭き取るだけで、ついた汚れを落とすことができます。また、リュックそのものに水が浸透しないので、雨水に濡れてしまってもカビや雑菌が繁殖しづらく、臭いの発生を防いでくれるのも特徴です。

防水リュックと完全防水リュックの違い

防水リュックと完全防水リュックの違い

出典:Amazon.co.jp

防水リュックには、防水タイプと完全防水タイプの2種類があります。防水タイプのリュックは、表面に撥水コーティングを施したり、耐水性のある生地を使用することで、内部に水を通さない仕組みになっています。縫い目やファスナーの部分から、雨が侵入するおそれはありますが、小雨程度であれば十分に荷物を保護してくれます。一方、完全防水タイプのリュックは、防水性のある生地を使用した上で、縫い目やファスナーの部分にも、防水処理がされているのが特徴です。水だけでなく、空気が通る隙間も無いので、非常時には空気を入れて浮き袋として使える商品もあります。

防水リュックの選び方

開口部のタイプで選ぶ

防水リュックの開口部は、形によって大きく3種類に分けられます。

容量を調整できるロールトップ

容量を調整できるロールトップ

出典:Amazon.co.jp

ロールトップタイプは、上蓋を内側に丸めて閉じるタイプです。中に入れる荷物の量に合わせて、巻く回数を調整できるため、荷物が少ないときはコンパクトに持ち運べるのが特徴です。隙間なく丸めることで、雨の侵入を防ぐ効果も高くなります。大きく開くことができないため、リュックの底の荷物を取り出しにくくなる点や、開け閉めに手間がかかる点には、注意が必要です。

中身が取り出しやすいジッパー

一般的なリュックのように、開口部がジッパーになっているタイプもあります。ジッパータイプは前面を大きく開けられるため、荷物が取り出しやすいです。ジッパータイプの防水リュックを選ぶ際には、水を通さない止水ジッパーを採用している商品がおすすめです。止水ジッパーは、テープ部分の素材にラミネートが施されていて、水の浸透を防ぎます。止水ジッパーを採用している防水リュックの場合、ジッパー部分からの浸水も抑えることができるので、大事な荷物をより確実に雨水から守れます。ただし止水ジッパーも、長時間雨に濡れつづけると、浸水してしまうことがあります。開け閉めを繰り返すことでジッパー自体が劣化する点にも、注意しておきましょう。

実用性の高いフラップ

実用性の高いフラップ

出典:Amazon.co.jp

フラップタイプのリュックは、開口部をフラップと呼ばれる大きな蓋で覆うことで、雨の侵入を防ぎます。フラップの中にある開口部のジッパーに、さらに止水ジッパーを用いて防水性を高めている製品もあります。フラップ部分にポケットが付いている商品もあり、定期券やスマートフォンなど、頻繁に出し入れする小物を収納するのにも便利です。

シーンに合わせて選ぶ

アウトドアには機能性の高いものを

アウトドアには機能性の高いものを

アウトドアシーンで防水リュックを使う場合は、防水性の高さや容量の大きさなど、機能性を重視して製品を選びましょう。防水性が高く強い雨に耐えられるリュックであれば、登山やキャンプにも安心して出かけることができます。また防水性の高いリュックを持っておくと、登山やキャンプだけでなく、釣りや川遊びなど水辺のレジャーにも利用することができます。

ビジネスにはシンプルなデザインのものを

ビジネスにはシンプルなデザインのものを

通勤などのビジネスシーンで使用する場合は、シンプルでスタイリッシュなデザインの防水リュックがおすすめです。余分な装飾がなく黒色を基調としたデザインであれば、スーツなどのフォーマルなスタイルにもぴったりです。手提げカバンとしても使用できる2way仕様のタイプであれば、お客様への訪問時にも、気兼ねなく使用することができます。電車で通勤する場合には、薄型のものがよいでしょう。

タウンユースにはファッション性の高いものを

タウンユースで使うのであれば、ファッションとしても楽しめるようなおしゃれな製品を選びましょう。ブランドのロゴマークがデザインされたものや、光沢のある素材を使用したものもあります。電車に乗ることが多い場合には、邪魔にならない小さめのリュックや、容量に応じてサイズを調整できるロールトップタイプを選ぶと良いでしょう。

生地の防水性で選ぶ

生地の防水性で選ぶ

防水リュックは、使用されている生地によって、防水機能の高さが異なるため、使用する環境に合った生地を選ぶ必要があります。登山やキャンプなどアウトドアで使用するのであれば、横断幕にも使われるターポリンという生地や、防弾チョッキにも使われるバリスティックナイロンなど、耐久性の良い素材がおすすめです。防水性に優れるだけでなく、汚れや摩擦にも強いため、安心して使用できます。通勤やタウンユースなど、防水リュックを日常で使う場合には、ポリエステルや通常のナイロンに防水加工を施した製品もおすすめです。

容量の大きさで選ぶ

防水リュックの容量も、一般的なリュックと同じく様々です。10〜20Lのものは、タウンユースや通勤にも違和感なく使用できるサイズです。20L以上のタイプは、荷物が多い方や長旅に行く方におすすめです。持ち運びたい荷物の量や用途に合わせて、適切なサイズのものを選びましょう。

軽さで選ぶ

防水リュックを選ぶ際には、リュック自体の軽さもチェックしましょう。長時間背負い続ける場合には、重量のあるリュックを選ぶと、体への負担が大きくなってしまいます。リュックを少しでも軽くしたい方は、比較的軽いポリエステルやナイロンなどの素材に、防水加工が施されたタイプの防水リュックを選びましょう。

ビジネス・通学向け防水リュックのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

最安値1,869円(税込)

この商品の特徴

ナイロン生地を使用した防水タイプのPCリュックです。シンプルなデザインなので、通勤や通学にもおすすめです。付属のUSBポートに、内側からモバイルバッテリーを接続することで、充電しながら簡単にスマホを使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ナイロン生地を使用した防水タイプのPCリュックです。シンプルなデザインなので、通勤や通学にもおすすめです。付属のUSBポートに、内側からモバイルバッテリーを接続することで、充電しながら簡単にスマホを使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値5,999円(税込)

この商品の特徴

15.6インチのノートPC、スマホ、書類などを収納してくれる、実用性の高いリュックです。背面部分のポケットで、貴重品の管理も可能です。高密度のナイロン生地でできているので、防水機能も備えており、雨や汚れからバッグの中身を守ってくれる商品です。通勤や通学におすすめの、シンプルなデザインも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

15.6インチのノートPC、スマホ、書類などを収納してくれる、実用性の高いリュックです。背面部分のポケットで、貴重品の管理も可能です。高密度のナイロン生地でできているので、防水機能も備えており、雨や汚れからバッグの中身を守ってくれる商品です。通勤や通学におすすめの、シンプルなデザインも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値5,980円(税込)
4.44(3,325件)

この商品の特徴

米国の有名なカジュアルブランド、「ALPHA(アルファ)」が販売するリュックです。防水性や耐摩擦性に優れており、雨や汚れに強い製品です。大容量のメイン収納部の他に、14型ノートPCポケットやタブレットポケットなどが搭載されています。ペットボトルポケット、財布や携帯を収納できる小物ポケットも装備しています。普段使いからビジネスや旅行など、さまざまなニーズに対応できるリュックです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

米国の有名なカジュアルブランド、「ALPHA(アルファ)」が販売するリュックです。防水性や耐摩擦性に優れており、雨や汚れに強い製品です。大容量のメイン収納部の他に、14型ノートPCポケットやタブレットポケットなどが搭載されています。ペットボトルポケット、財布や携帯を収納できる小物ポケットも装備しています。普段使いからビジネスや旅行など、さまざまなニーズに対応できるリュックです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値8,100円(税込)
4.63(85件)

この商品の特徴

アウトドアブランドのcoleman(コールマン)が発売している、通勤・通学・レジャーなど幅広いシーンで使用が可能な、防水素材のバッグです。仕切りが少ない大容量のリュックの中に、荷物を自由に入れることができる便利な製品です。底の部分がしっかりしているため、自立してくれるのも嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アウトドアブランドのcoleman(コールマン)が発売している、通勤・通学・レジャーなど幅広いシーンで使用が可能な、防水素材のバッグです。仕切りが少ない大容量のリュックの中に、荷物を自由に入れることができる便利な製品です。底の部分がしっかりしているため、自立してくれるのも嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値11,500円(税込)

この商品の特徴

patagonia(パタゴニア)が発売している、防水機能のあるリュックです。薄手の生地を使用しているため、軽量になっているのが大きな特徴です。シンプルなデザインになっているので、利用する人やシーンを選びません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

patagonia(パタゴニア)が発売している、防水機能のあるリュックです。薄手の生地を使用しているため、軽量になっているのが大きな特徴です。シンプルなデザインになっているので、利用する人やシーンを選びません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値24,769円(税込)
5.00(1件)

この商品の特徴

耐久性が非常に高いバリスティックナイロンを使用した、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のリュックです。A4のファイルを横向きに入れられる収納力で、容量も31〜40Lと、旅行に利用できる大きさです。シンプルなデザインなので、フォーマルな格好や場面にも合わせやすく、出張にもおすすめの製品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

耐久性が非常に高いバリスティックナイロンを使用した、THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のリュックです。A4のファイルを横向きに入れられる収納力で、容量も31〜40Lと、旅行に利用できる大きさです。シンプルなデザインなので、フォーマルな格好や場面にも合わせやすく、出張にもおすすめの製品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値20,304円(税込)

この商品の特徴

デンマークのブランドRAINZ(レインズ)の、レインコートの技術を生かした防水タイプのリュックです。ポリウレタンやポリエステルを素材としているので、中の荷物を雨や汚れから守ってくれます。防水機能を備えているだけでなく、デザイン性も高い製品で、通勤や通学、タウンユースにもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

デンマークのブランドRAINZ(レインズ)の、レインコートの技術を生かした防水タイプのリュックです。ポリウレタンやポリエステルを素材としているので、中の荷物を雨や汚れから守ってくれます。防水機能を備えているだけでなく、デザイン性も高い製品で、通勤や通学、タウンユースにもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値21,598円(税込)
4.50(5件)

この商品の特徴

アークテリクスから発売されているリュックです。シンプルで使いやすいデザインなので、場面を問わない使用が可能で、機能性・防水性が完備されているのも特徴です。フタになる部分に磁石が入っており、めくれることがないのも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アークテリクスから発売されているリュックです。シンプルで使いやすいデザインなので、場面を問わない使用が可能で、機能性・防水性が完備されているのも特徴です。フタになる部分に磁石が入っており、めくれることがないのも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値20,520円(税込)
5.00(1件)

この商品の特徴

アウトドアブランドのSNOWPEAK(スノーピーク)が発売している、TPU加工によって防水性を備えたリュックです。開口部がロールトップタイプになっているため、荷物の容量に合わせて、鞄の大きさも調整することができます。B4サイズまで収納が可能な、大容量の製品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アウトドアブランドのSNOWPEAK(スノーピーク)が発売している、TPU加工によって防水性を備えたリュックです。開口部がロールトップタイプになっているため、荷物の容量に合わせて、鞄の大きさも調整することができます。B4サイズまで収納が可能な、大容量の製品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値22,780円(税込)

この商品の特徴

防水加工を施したナイロン素材に、止水ジッパーを採用している、防水タイプのリュックです。開口部がジッパータイプになっているので、前面を大きく開くことができ、荷物の出し入れに便利です。フロント部分のポケットには、頻繁に取り出すアイテムを入れられます。スタイリッシュなデザインなので、通勤やタウンユースにも使いやすい、機能性が抜群の防水リュックです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

防水加工を施したナイロン素材に、止水ジッパーを採用している、防水タイプのリュックです。開口部がジッパータイプになっているので、前面を大きく開くことができ、荷物の出し入れに便利です。フロント部分のポケットには、頻繁に取り出すアイテムを入れられます。スタイリッシュなデザインなので、通勤やタウンユースにも使いやすい、機能性が抜群の防水リュックです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

アウトドア向け防水リュックのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

最安値4,999円(税込)

この商品の特徴

横断幕にも使われるターポリンという素材を使用した、非常に防水性の高いリュックです。ロールトップタイプの開口部が雨水の侵入を防ぐだけでなく、上部や正面のジッパーにも、防水性のあるものが使われていて、アウトドアでの利用も安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

横断幕にも使われるターポリンという素材を使用した、非常に防水性の高いリュックです。ロールトップタイプの開口部が雨水の侵入を防ぐだけでなく、上部や正面のジッパーにも、防水性のあるものが使われていて、アウトドアでの利用も安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値5,172円(税込)

この商品の特徴

ポリエステル生地に撥水加工を施した、軽量タイプのリュックです。日帰りの登山におすすめの容量です。通気性の高いメッシュ素材が、汗や蒸れを軽減してくれるので、快適に背負えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ポリエステル生地に撥水加工を施した、軽量タイプのリュックです。日帰りの登山におすすめの容量です。通気性の高いメッシュ素材が、汗や蒸れを軽減してくれるので、快適に背負えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値9,999円(税込)

この商品の特徴

バッグの表面・内側ともに防水素材を用いている、機能性の高い防水リュックです。止水ジッパーが使われているため、防水性はもちろん、空気も通しにくいつくりになっています。汚れが付きにくく容量も大きいためアウトドアにぴったりで、登山やキャンプ、水辺でのレジャーにもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

バッグの表面・内側ともに防水素材を用いている、機能性の高い防水リュックです。止水ジッパーが使われているため、防水性はもちろん、空気も通しにくいつくりになっています。汚れが付きにくく容量も大きいためアウトドアにぴったりで、登山やキャンプ、水辺でのレジャーにもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値6,980円(税込)

この商品の特徴

横断幕やテントにも使われるターポリンという生地を素材としているため、防水性が非常に高いリュックです。ロールトップタイプの開口部や、特殊加工により圧着された縫い目などの工夫によって、隙間の無いつくりになっているため、アウトドアやツーリングでの急な雨にも安心です。本体の内部には仕切りが無いので、様々な荷物を自由に入れられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

横断幕やテントにも使われるターポリンという生地を素材としているため、防水性が非常に高いリュックです。ロールトップタイプの開口部や、特殊加工により圧着された縫い目などの工夫によって、隙間の無いつくりになっているため、アウトドアやツーリングでの急な雨にも安心です。本体の内部には仕切りが無いので、様々な荷物を自由に入れられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

レインコートや折りたたみ傘もチェック

ワンタッチ開閉式や、吸水タイプのカバーがセットになっているものなど、様々な折りたたみ傘を紹介しているので、あわせてご覧ください。

防水リュックのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー