ノースフェイスのリュックおすすめ5選!防水タイプも

ノースフェイスのリュックおすすめ5選!防水タイプも

ノースフェイス(THE NORTH FACE)のリュックはアウトドアの登山リュックとしても、普段使いやビジネスシーンでも使えます。ノースフェイスは男性だけでなく女子人気も高いブランドです。今回は「ノースフェイスのリュックの選び方」についてご紹介します。人気のホットショットやヒューズボックス、女性に人気のレディースモデルなども紹介しています。サイズや容量の選び方、人気柄や新作もご紹介するのでぜひ参考にしてください。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ノースフェイスのおしゃれなリュックがほしい!

ノースフェイスのおしゃれなリュックがほしい!

徒歩や自転車など、どんな移動方法でも使えるのがリュックです。背中に背負うので両手が使え、手に持つよりも荷物を軽く感じることができます。アウトドアだけでなく、休日のタウンユースや通勤時に使っているという方も多いようです。

リュックはどんなものでも機能面に大きな違いはありませんが、その分迷いやすいのが「おしゃれで実用的なリュック」ではないでしょうか。どんな服装にも合わせやすくて、使い勝手も良く、どんな場所で使っても浮かないおしゃれなリュックと考えると、なかなか決めることができません。しかし「ノースフェイス」のリュックならば、どんな方、またどんな状況でも使いやすいおしゃれなリュックをきっと見つけることができます。

ノースフェイスとは

ノースフェイスは、1968年にアメリカのサンフランシスコで誕生したアウトドアブランドです。山奥の困難なルートのことを「The North face」ということから、社名を「ノースフェイス」としたと言われています。元々はトレッキングウェアやグッズ、テントなどを取り扱っていました。洗練されたデザインと実用性の高い商品特徴が人気となり、現在ではタウンユースにも使える身近な商品も多く販売しています。

ノースフェイスリュックが人気の理由

ノースフェイスの商品はどれも人気ですが、特に人気なのがリュックです。リュックは多くのメーカーで販売されていますが、特にノースフェイスのリュックが人気なのには理由があります。

おしゃれで丈夫なつくり

おしゃれで丈夫なつくり

出典:Amazon.co.jp

ノースフェイスのリュックの大きな特徴は「おしゃれなデザイン」です。シンプルなデザインながら、素材感やロゴの入れ方に工夫がされています。そのためさりげないおしゃれをすることができます。リュックを使いたいけど、ちょっとわざとらしくなるリュックは避けたい、という方にも人気です。

ノースフェイスのリュックの中で「ノベルティ」とよばれる商品ジャンルがあります。ノベルティとは柄物のリュックのことです。コーディネートのアクセントとしてもリュックを使いたいという方には、ノベルティシリーズが人気です。

種類の豊富さ

ノースフェイスのリュックは、アウトドア、普段使い、ビジネスシーンと、それぞれに合わせやすいデザインや種類が用意されています。そのため、どんな使用目的の方でも好みのものを選ぶことができます。通学やカジュアルに合わせるならアウトドアタイプ、タウンユースや普段着に合わせるなら普段使い用、通勤やきれいめファッションに合わせるならビジネスシーン向け、など用途や自分のファッションテイストに合わせて選ぶと、いつでも使うことができます。

ノースフェイスの代表的なリュック

ノースフェイスのリュックにはたくさんのモデルがあります。その中でも特に人気のある代表的なモデルをいくつかご紹介します。

デイリーユースにおすすめ「メトロデイパック」

デイリーユースにおすすめ「メトロデイパック」

出典:Amazon.co.jp

ROBICという素材を使っています。ROBICは耐摩耗で強度の強い特殊素材です。毎日のように使っても素材の劣化が遅く、きれいな状態で長く使うことができます。ポケットはフロントとサイドにあり、左サイドポケットはジッパーで広がるマチ付きです。またPC専用コンパートメント付きなので、パソコンを持ち歩きたい方にも人気があります。

ノースと言えばこのモデル「BCヒューズボックス」

ノースと言えばこのモデル「BCヒューズボックス」

出典:Amazon.co.jp

BCヒューズボックスは、ボックス型でノースフェイスの象徴的なデザインです。デイリーユースからアウトドアまで幅広いシーンで使うことができます。両サイドにはフラップ付きのポケットがあるので、すぐに取り出したいものを入れるときに便利です。上部のジッパーは水平に開くので中身を確認しやすく、リュックの中がごちゃごちゃしにくいつくりです。

BCの新型「プロヒューズボックス」

BCの新型「プロヒューズボックス」

出典:Amazon.co.jp

プロヒューズボックスはBCヒューズボックスの新型モデルです。そのためBCヒューズボックスとプロヒューズボックスは、基本的には同じつくりになっています。違いは、BCヒューズボックスの方がカラーや柄のバリエーションが豊富ということと、BCにはあるチェストベルトがプロにはなくなっていることです。チェストベルトを使わないユーザーにとっては、プロヒューズボックスの方が使いやすいかもしれません。また、プロヒューズボックスはショルダーベルト部分にスマホが入れられるようになっており、ショルダーベルト自体の素材が蒸れにくくなっています。

2WAY使いができる「ヒューズボックストート」

2WAY使いができる「ヒューズボックストート」

出典:Amazon.co.jp

特に女性に人気のヒューズボックストートは、背負うことも手に持つこともできるモデルです。その日の服装や使う場所などによって、使い分けることができます。電車の中でリュックを手に持ち替えたい方などにもおすすめです。フロントにはジッパー付きのポケットがついているので、定期やスマホを入れておくと便利に使えそうです。

女性におすすめ「ホットショット クラシック」

女性におすすめ「ホットショット クラシック」

出典:Amazon.co.jp

ホットショットクラシックモデルは、背負ったときに体にフィットするつくりのリュックです。そのため小柄な女性でもリュックの大きさに負けにくく、自然に使うことができます。サイドにはメッシュのポケットがあり、ボトムで擦れやすい部分には高強度素材が使われています。ウエストベルトは収納式なので、必要なときだけ使えて便利です。PCスリープやタブレットスリープもついています。

アウトドアにも使える「ピボター」

アウトドアにも使える「ピボター」

出典:Amazon.co.jp

ピボターはホットショットクラシックと似たデザインで、クッション性が高く通気性も良いモデルです。小物を収納しやすいフロントトップポケットやパッド付きのPCスリープもついています。バックパネルは背負いやすいように形成されているので、長時間背負っていても体が疲れにくくなっています。

トレッキングにも「アイアンピーク」

トレッキングにも「アイアンピーク」

出典:Amazon.co.jp

アイアンピークモデルには、背骨への負担を軽減するスパインチャンネルが使われています。通気性にも優れているので、長時間背負っていても蒸れにくくなっています。ウエストベルトは取り外しが可能で、フロント部分には4箇所のカラビナを取り付けることができます。コンパートメントも付いているので、細々とした荷物をすっきりと収納することもできます。

ノースフェイスのリュックの選び方

目的別にモデルを選ぶ

ノースフェイスのリュックは、目的別に選ぶと迷いにくくなります。アウトドア、デイユース、など、どんな状況で使うリュックなのかを考えておきましょう。アウトドアならアイアンピーク、デイユースならホットショット クラシックなどがおすすめです。

ぴったりな容量をチェック

ぴったりな容量をチェック

出典:Amazon.co.jp

ノースフェイスのリュックは、20L前後のものから30Lほどのものまで、様々な容量があります。中にどれくらいの荷物を入れるのか、また自分の体の大きさに合う容量のものを選ぶと使いやすくなります。リュックは一般的に女性で20L前後、大柄の男性で30L前後が合いやすいと言われています。店舗で実際に背負ってみるか、口コミなどを参考に容量を選ぶと失敗しにくくなります。

好みのデザインを見つける

ノースフェイスのリュックは、無地かノベルティと言われる柄物かに分かれます。1番人気は無地の黒です。そのため、他人とかぶりたくない場合は色物か柄物が良いでしょう。また、普段の服装に合わせやすいのは無地ですが、服装がシンプルで柄物を着ることがあまりない方は、柄のついたものでも良いかもしれません。

ノースフェイスのリュックおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ザ・ノース・フェイスのリュックサックです。B4サイズまでの収納が可能です。ポケットの数は8つで、整頓にも役立つ商品です。大きめのサイズなので、ビジネスや通学だけでなく、荷物が多い旅行にも使えます。水平ジッパーで中が見やすく、物も取り出しやすいつくりです。

この商品の特徴

ザ・ノース・フェイスのリュックサックです。B4サイズまでの収納が可能です。ポケットの数は8つで、整頓にも役立つ商品です。大きめのサイズなので、ビジネスや通学だけでなく、荷物が多い旅行にも使えます。水平ジッパーで中が見やすく、物も取り出しやすいつくりです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

A4サイズ収納可能なザ・ノース・フェイスのリュックサックです。サイズは縦39.5cmx横28cmxマチ13.5cm、重さ570gです。ポケットの数は5つで収納力があります。ハンドバック、ショルダーバッグとしても使える3way仕様です。通勤や通学に使うバッグをお探しの方、普段使いできるリュックサックをお探しの方におすすめです。

この商品の特徴

A4サイズ収納可能なザ・ノース・フェイスのリュックサックです。サイズは縦39.5cmx横28cmxマチ13.5cm、重さ570gです。ポケットの数は5つで収納力があります。ハンドバック、ショルダーバッグとしても使える3way仕様です。通勤や通学に使うバッグをお探しの方、普段使いできるリュックサックをお探しの方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ザ・ノース・フェイスのリュックサックです。サイズは縦51cmx横33cmxマチ20cm、容量は21-30Lです。15インチまでのサイズのノートパソコンも収納できるサイズです。素材強度と機能面にこだわり、アウトドアでも日常でも使いやすいつくりになっています。普段から荷物の多い方、アウトドアが好きな方におすすめです。

この商品の特徴

ザ・ノース・フェイスのリュックサックです。サイズは縦51cmx横33cmxマチ20cm、容量は21-30Lです。15インチまでのサイズのノートパソコンも収納できるサイズです。素材強度と機能面にこだわり、アウトドアでも日常でも使いやすいつくりになっています。普段から荷物の多い方、アウトドアが好きな方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

A4サイズ収納可能なサイズのザ・ノース・フェイスのリュックサックです。サイズは縦50cmx横31cmxマチ17cmです。ポケットは10箇所あり整理しやすいです。シンプルなデザインのため年齢を問わず使えます。クッション性がありノートパソコンも収納できます。シンプルなデザインが好きな方、普段から荷物の多い方におすすめです。

この商品の特徴

A4サイズ収納可能なサイズのザ・ノース・フェイスのリュックサックです。サイズは縦50cmx横31cmxマチ17cmです。ポケットは10箇所あり整理しやすいです。シンプルなデザインのため年齢を問わず使えます。クッション性がありノートパソコンも収納できます。シンプルなデザインが好きな方、普段から荷物の多い方におすすめです。

ノースフェイスのリュックおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー