【2021年版】ホットビューラーのおすすめ8選!逆さまつげや一重にも

【2021年版】ホットビューラーのおすすめ8選!逆さまつげや一重にも

ホットビューラーは、熱を加えることでまつげを上向きに上げるメイク道具です。初心者におすすめのカーラー型と携帯性に優れたスティック型があり、逆さまつげや下まつげにも対応できるものや、一重の方におすすめの製品もあります。パナソニックや日立などから販売されています。今回は、ホットビューラーの選び方と、多機能コームややけど防止デザインなどのおすすめ商品をご紹介します。

ホットビューラーの種類

しっかり上がるカーラー型

カーラー型のホットビューラーは、通常のビューラーと同じような形状をしています。使い方もビューラーと同じで、まつ毛をはさんで使用します。まつげをはさむ力と熱の力のダブルの効果があるため、上がりにくい下向きまつげもしっかりと上げることができます。一重の方や重いまぶたの方におすすめです。ただし、スティック型に比べるとかさばるため、持ち運びには適していません。朝のメイク時などに自宅で使用すると良いでしょう。

持ち運びに便利なスティック型

持ち運びに便利なスティック型

出典:Amazon.co.jp

スティック型のホットビューラーは、コームタイプのマスカラのような形状をしています。まつげをはさむのではなく押し上げるようにしてカールをつくるため、ビューラーでまぶたをはさむ心配がありません。また、まつげ全体はもちろん、目じりや細かな部分にピンポイントで使うこともできます。スリムな形状で携帯性に優れているので、外出先でもビューラーを使いたいという方にもおすすめです。スティック型のホットビューラーは自分でまつげを押し上げる必要があるため、慣れるまで上手にカールがつくりにくいこともあります。

ホットビューラーの選び方

加熱時間で選ぶ

加熱時間で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ホットビューラーは、スイッチを入れてから使えるまでのスタンバイ時間が製品によって異なります。一般的にはスイッチを入れてから2~3分程度で使用可能な製品が多いですが、中には10秒程度で使えるものもあります。

温度調整機能で選ぶ

温度調整機能で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ホットビューラーの加熱温度は、70℃や110℃など製品によって異なります。また、2段階や3段階から好みの温度を選べる製品もあります。高めの温度でしっかり上向きまつげにしたり、低めの温度で自然な仕上がりのまつげにしたりというように、まつげの状態やその日の気分によって使い分けることもできます。高温になるタイプのホットビューラーを選ぶ際には、やけど防止デザインのものを選ぶと安心です。

電源タイプをチェックする

充電切れの心配がない電池式

電池式のホットビューラーのメリットは、予備の電池を用意しておけば、事前に電池の残量を気にする必要がない点です。ホットビューラーは電池式のものが主流のため、製品の種類が多く好みのホットビューラーを見つけやすいです。使用する電池の種類は、単4×2個や単3×1個など製品によって異なります。また、電池の寿命も製品によって約3週間~1ヶ月と幅があるので、購入前に確認しておきましょう。

電池交換の手間が無い充電式

充電式のホットビューラーのメリットは、電池を購入する必要がないので長期的に考えるとコスパが良いことです。ただし、充電切れの際にすぐに対応できないので、常に充電残量をチェックしておく必要があります。一度の充電で使用できる日数を確認しておき、定期的に充電する習慣をつけると充電切れを防ぐことができます。

コームの種類をチェック

コームの種類をチェック

出典:Amazon.co.jp

スティック型のホットビューラーを選ぶ際には、コームの形状にも注目しましょう。コームが片側に1種類しかついていない製品や、異なる形状のコームが両側に付いているタイプ、3wayの使用法があるタイプ、コテとコームの2wayタイプなどバリエーションが様々です。複数の機能をもつコームなら、ボリュームアップやセパレートなどなりたいまつげや、その日のメイクによって使い分けることができます。またポイントコームがあれば、マスカラのダマを取ったり、束をほぐしたりするなどの細かな作業が可能です。

ホットビューラーのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

5.00(1件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

コームが上下に360度回転するホットビューラーです。回転スイッチを切り替えると、らせん状のコームが上下に360度回転するので、手に持っているだけで簡単にくるんとしたカールをつくることができます。また、自まつげだけでなく、つけまつげも自分の好みにスタイリングできます。コームは取りはずし可能なので、付属のブラシを使えば簡単に掃除ができます。スティック型なので持ち運びやすく、外出先でも手軽に利用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

コームが上下に360度回転するホットビューラーです。回転スイッチを切り替えると、らせん状のコームが上下に360度回転するので、手に持っているだけで簡単にくるんとしたカールをつくることができます。また、自まつげだけでなく、つけまつげも自分の好みにスタイリングできます。コームは取りはずし可能なので、付属のブラシを使えば簡単に掃除ができます。スティック型なので持ち運びやすく、外出先でも手軽に利用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

リーフェホットビューラー
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

スティック型のホットビューラーです。熱伝導率が高いニッケルクロム合金を使用しているので、約10秒で温まります。内部に搭載された高性能ICチップにより、カールに適した温度を保ちます。ヒートプロテクト付きなので、まぶたのやけどを防ぐことができます。軽量かつコンパクトな形状なので持ち運びやすく、外出先でも手軽に使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

スティック型のホットビューラーです。熱伝導率が高いニッケルクロム合金を使用しているので、約10秒で温まります。内部に搭載された高性能ICチップにより、カールに適した温度を保ちます。ヒートプロテクト付きなので、まぶたのやけどを防ぐことができます。軽量かつコンパクトな形状なので持ち運びやすく、外出先でも手軽に使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

マスカラやまつげ美容液もチェック

ホットビューラーできれいなカールをつくったら、マスカラやマスカラ用のトップコートで仕上がりをキープしましょう。まつげ自体をケアしたい方は、まつげ美容液を使うこともおすすめです。それぞれ選び方やおすすめの商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

ホットビューラーのおすすめ商品比較表

ホットビューラーの売れ筋ランキングもチェック

ホットビューラーの楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングの最新売れ筋ランキング情報は、以下のリンクから確認することができます。

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事