ベビーベッドのおすすめ5選【赤ちゃんの睡眠のために♡】

ベビーベッドのおすすめ5選【赤ちゃんの睡眠のために♡】

赤ちゃんを迎えるために用意したいものの一つが「ベビーベッド」です。折りたたみタイプやミニサイズ、添い寝できるタイプなど、その種類はたくさんあります。レンタル商品もあるので、「新品は必要か?」という疑問をお持ちの方も多いようです。今回はそんな疑問に答えながら、ベビーベッドの選び方や、人気のココネルなどのおすすめ商品をご紹介します。

ベビーベッドの種類と特徴

ノーマルタイプ

ノーマルサイズのベビーベッドは通常120×70cm程度のサイズです。縦120cmもあればゆったり使えますが、新生児の時期はベッドの上でオムツ交換をすることもあるので横幅がゆったりしている方が良い場合もあります。

ミニタイプ

ノーマルベッドよりもひとまわり小さなミニベッドは90×60cm程のサイズです。寝室やリビングに置く際に大きなベッドだと部屋が狭くなりがちですが、ミニベッドならテーブルや大人用ベッドの隣に置くことができます。布団もミニベッド用のサイズがあるので別に購入する場合は注意が必要です。

収納スペースのあるタイプ

アパートや部屋数の少ない家の場合、赤ちゃんのオムツやお尻拭き、ぬいぐるみなどを置く場所に困ってしまうことがあります。デッドスペースとなりがちなベッド下の空間を上手に使えば部屋も散らかりません。

ワンタッチ収納タイプ

手軽に収納できるタイプのベビーベッドは旅行時や帰省時に役立ちます。ワンタッチ収納型のベッドなら実家に赤ちゃんを連れて帰る際に寝かしつける場所に困ることがなくなります。ただし、ベッドは重たいので持ち運びが面倒に感じることや、実家の畳やフローリングを傷つけてしまう心配があります。

かごタイプ

小さめのかごタイプのベビーベッドはゆらゆらと揺らして赤ちゃんを眠りに誘うことができます。サンシェードがついているタイプもあるので直射日光で赤ちゃんが目を覚ます心配もありません。折りたたんで持ち運ぶこともできるので便利です。

ベッドインベッドタイプ

大人用のベッドの上に置いて赤ちゃんを寝かせることができる小さなベッドです。囲いがあるため添い寝している大人の腕が赤ちゃんを押し潰してしまうといった心配も少なくなります。隣にママやパパが見えるだけで安心できそうですね。

ベビーベッドの選び方

価格で選ぶ

ベビーベッドを選ぶ時期は、赤ちゃんを産婦人科から自宅に連れて帰る頃です。購入のタイミングは人それぞれですが、この時期は様々な買い物で出費がかさむ時期でもあります。ベビーベッドの価格は1万円台から4万円前後まであるので機能やいつ頃まで使いたいのかという希望に合わせて価格帯も選びましょう。

デザインで選ぶ

部屋のインテリアに馴染むかどうかも重要です。自宅へ戻り落ち着く頃には家族や親戚、友人が赤ちゃんを見にやってきます。身の回りの人と赤ちゃんが初めて出会う場面にどのようなベビーベッドがふさわしいかを考えてみるのも大切かもしれません。

ベッド以外の使い方で選ぶ

収納できるだけでなく、棚として利用できたりソファーにしたりといった2ウェイタイプのベビーベッドもあります。ベビーベッドは赤ちゃんが2歳になる頃まで使用します。その後の使い方や置き場所も考えておきましょう。

動かしやすさで選ぶ

意外と重たいベビーベッドは、通常は足元にローラーがついていて移動がしやすくなっています。アジャスタータイプで固定できる安定したタイプもありますが、移動がしにくく掃除や模様替えで苦労することもあります。

安全性で選ぶ

多くのベビーベッドは赤ちゃんがケガしないように設計されています。しかしベッドから抱き上げる際に、柵の角に足をぶつけてしまいひっかき傷を作ってしまうといったケースもあります。角が丸くなっているものなど、ぶつかっても怪我をしないものを選びましょう。

レンタルのメリットとデメリット

病院でもらうカタログやインターネットには、ベビー用品のレンタルサービスも存在します。レンタルのベビーベッドは用途に合わないと感じたら変更やレンタルを中止できるので大変便利です。

しかし、月々のレンタル費用は購入する場合よりも高くなってしまうことが多いようです。長く使うことを想定している場合や、2人目、3人目を考えている場合は購入する方がお得です。また、レンタルのベビーベッドを使っていると、掃除の際に掃除機で傷をつけてしまうのではないかという心配もあります。

ベビーベッドの主なメーカー

アップリカ

アップリカのベビーベッドといえばココネルです。ココネルはコンパクトで折りたたみできるといった特徴のあるベビーベッドです。Instagramや雑誌で芸能人が利用しているといった情報も多く、オシャレで可愛らしいイメージのある製品を展開しています。

STOKKE(ストッケ)

卵型のベビーベッドなどインテリアにも馴染むオシャレなベッドを製造しているSTOKKE。卵型ベッドsleepiは見た目も可愛らしくおすすめです。

カトージ

カトージのソフィアというベビーベッドは、人気モデルの木下優樹菜さんが使用していることから多くの人に注目されているベビーベッドです。ナチュラルな見た目の高い収納性が特徴的なベビーベッドを提供しています。

ベビーベッドのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値14,080円(税込)

この商品の特徴

カトージのミニベッドは赤ちゃんを抱っこしやすいハイタイプです。床板は三段階に高さを調節することができるので赤ちゃんの成長に合わせて使うことができます。収納スペースにも床板があるので掃除が楽です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

カトージのミニベッドは赤ちゃんを抱っこしやすいハイタイプです。床板は三段階に高さを調節することができるので赤ちゃんの成長に合わせて使うことができます。収納スペースにも床板があるので掃除が楽です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値21,200円(税込)

この商品の特徴

アップリカのココネルは持ち運び用のカバーもついた折りたたみタイプのベビーベッドです。ココアやミルクといった優しいカラーが特徴的でかわいらしく、赤ちゃんの成長に合わせて床板を下げることでプレイペンとして使用することもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アップリカのココネルは持ち運び用のカバーもついた折りたたみタイプのベビーベッドです。ココアやミルクといった優しいカラーが特徴的でかわいらしく、赤ちゃんの成長に合わせて床板を下げることでプレイペンとして使用することもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値24,199円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値15,900円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値29,800円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー