スマホ三脚のおすすめ4選!旅行に便利なフレキシブルタイプも

スマホ三脚のおすすめ4選!旅行に便利なフレキシブルタイプも

スマホのカメラ機能が高性能になり、写真や動画をスマホで撮る機会が増えてきました。しかし、スマホは本体が軽いので手ブレをしてしまうことがあります。そんなときに活躍してくれるのが「スマホ用三脚」です。ホルダーがスマホを横や縦に固定し、カメラ用の三脚のような長い脚がスマホを支えます。簡易なものなら100均で購入することもできます。今回はスマホ用三脚の選び方やおすすめ商品をご紹介します。

スマホ用三脚が活躍するシーン

撮影係なしで集合写真が撮れる

撮影係なしで集合写真が撮れる

集合写真を撮るとき、誰かが撮影係になって写真に写れないことはよくあります。また、自撮りで全員入ろうと思っても、人数に限界があります。そんなときスマホ用三脚があれば、タイマー撮影などにすることで全員が写真に写ることができます。

ブレずに動画が撮れる

動画は長い時間撮影し続けるので、手ブレが気になりがちです。スマホ用三脚で固定して撮影することで、ブレずに映像を撮ることができます。

タイムラプスが撮れる

タイムラプスが撮れる

連続した写真をつなぎ合わせて動画にするタイムラプスは、定位置で長時間カメラを回しておく必要があります。三脚にスマホを固定してタイムラプス撮影することで、本格的なタイムラプス動画を撮ることができます。スマホにはタイムラプスを撮影する機能が搭載されているけど、一度も使ったことがない、という方はぜひ試してみてください。

暗い場所でもきれいに撮れる

暗い場所で写真を撮る場合、光が足りないためカメラはシャッターの速度を落として光を集めます。このとき、シャッターは比較的長い時間空いているので、この間に手ブレが起こると写真もブレてしまいやすくなります。三脚に置いてブレをなくすことで、暗い場所でもブレずに写真を撮ることができます。

スマホ用三脚の種類と特徴

カメラ用と同じスタンダードタイプ

カメラ用と同じスタンダードタイプ

出典:Amazon.co.jp

3本の脚を広げて、地面に置いて使うスタンダードなタイプです。置けるスペースさえあれば設置も簡単で、水平に置きやすく便利です。

くねくね曲がるフレキシブルタイプ

くねくね曲がるフレキシブルタイプ

出典:Amazon.co.jp

脚が自由に曲がるタイプです。平らではない地面に置いたり、引っかけたり、巻き付けることもできるので、アイディア次第で使い方のバリエーションも広がります。

しっかり固定できるクリップタイプ

しっかり固定できるクリップタイプ

出典:Amazon.co.jp

根元がクリップになっているので、柱や棚などに挟んで使うことができます。撮影時だけではなく、動画を見たりなど、持たずに使いたい場面でも活躍してくれます。自転車に装着して走行中の映像を撮ったり、スマホをナビゲーション代わりにすることができます。

スマホ用三脚の選び方

使っているスマホに対応しているか

一般的なサイズのスマホであれば、ほとんどの三脚を使うことができます。ただし、iPhone8 Plusなどサイズの大きいものを使っている方は、購入を考えている三脚が対応しているか確認しておきましょう。

軽くてコンパクトなものが持ち運びやすい

旅行などで三脚を持ち運びする場合は、重量が軽くて小さくおりたためるアイテムが適しています。アルミ製の三脚は軽くて丈夫なので、コンパクトさを重視する方におすすめです。伸縮する脚が短く収納できたり、携帯用の袋が付属しているとさらに便利です。

脚の長さによって写真の幅が広がる

脚が伸縮すると、同じ場所に設置しても色々な構図を撮ることができます。最小サイズと最大サイズを確認しましょう。脚が長いタイプは収納時も大きくなることがあるので、使用用途に合わせてチョイスすると安心です。

雲台の動き方をチェック

三脚にスマホを乗せて固定する部分を「雲台(うんだい)」と言います。雲台の動き方によって、構図の微調整をどんな風に行うのかが異なります。

上下左右の2WAY

ハンドルを使って上下左右に動かすことができる2WAYタイプの雲台です。スマホで本格的な写真を撮りたいという方におすすめです。

傾きも変えられる3WAY

2WAYタイプの機能にプラスして、傾きも変えることができるタイプです。細かい調整が得意です。

自由自在な自由雲台

カメラを持って自由自在に調整することができます。手持ちと同じ感覚で扱うことができます。ただし、微調整をするのは難しいと言われています。

耐荷重を守って安全に使う

それぞれの三脚によって、雲台に乗せて良い重さが決まっています。耐荷重を超えた重さのスマホを乗せて使っていると、三脚が倒れてしまったり、三脚が壊れてスマホが地面に落下してしまう可能性もあります。極端に耐荷重が小さくないか、確認しておく必要があります。

もっと便利に使いたい方におすすめの機能

リモコン

遠隔でシャッターが切れる機能です。有線のリモコンだけではなく、Bluetoothを利用したものもあります。集合写真や背景もしっかり写したいときなどに活躍します。

バックミラー

アウトカメラを使って撮影するときに、ミラーでどのように映っているかを確認することができます。インカメラで取ると左右反転してしまったり、画質が落ちてしまうというアプリもあるので、アウトカメラが使えるのは便利です。

水平器(水準器)

水平器が付属されている三脚は、風景写真を撮るときにも活躍してくれます。初心者でも本格的な写真を撮るためのひと工夫として、取り入れやすい機能です。

スマホ用三脚のおすすめ商品4選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

3.5〜6インチのスマートフォンに対応しています。アルミダイカストを採用した脚は軽量化を実現し、さらに頑丈な造りで安心です。おしゃれなカラーリングを楽しむことができるのもポイントです。

この商品の特徴

3.5〜6インチのスマートフォンに対応しています。アルミダイカストを採用した脚は軽量化を実現し、さらに頑丈な造りで安心です。おしゃれなカラーリングを楽しむことができるのもポイントです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

シンプルながらがっちりとした爪で、スマートフォンはもちろんデジカメや撮影機材など色々なアイテムを固定できます。足場が悪い場所などで活躍してくれるアイテムです。

この商品の特徴

シンプルながらがっちりとした爪で、スマートフォンはもちろんデジカメや撮影機材など色々なアイテムを固定できます。足場が悪い場所などで活躍してくれるアイテムです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

金属製のアームとフレキシブルなアームの組み合わせで、好きな場所にスマートフォンを固定できます。ベッドに固定して動画を見るときにも便利です。4インチのスマートフォンから11インチのタブレットまで対応可能です。

この商品の特徴

金属製のアームとフレキシブルなアームの組み合わせで、好きな場所にスマートフォンを固定できます。ベッドに固定して動画を見るときにも便利です。4インチのスマートフォンから11インチのタブレットまで対応可能です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

脚の長さは5段階に設定可能です。210gと軽量ながら、2.5kgまでの本格デジカメも装着することができます。足裏には滑り止めがついているので、安定して置くことができます。

この商品の特徴

脚の長さは5段階に設定可能です。210gと軽量ながら、2.5kgまでの本格デジカメも装着することができます。足裏には滑り止めがついているので、安定して置くことができます。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー