体重管理用ドッグフードのおすすめ8選!無添加・低カロリーも

体重管理用ドッグフードのおすすめ8選!無添加・低カロリーも

体重管理用ドッグフードは、犬の適正体重を維持するのに役立つドッグフードです。低カロリーなものをはじめ、国産の無添加のもの、老犬向きなど様々な商品が販売されています。選ぶ際は含まれる栄養素やカロリーなどに注目しましょう。今回は体重管理用ドッグフードの選び方と、ヒルズをはじめとするおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

体重管理用ドックフードの選び方

種類で選ぶ

肥満の改善には減量用

肥満の改善には減量用

出典:Amazon.co.jp

獣医師に肥満と診断された犬や、太り過ぎが気になる犬には減量用のドッグフードがおすすめです。必要な栄養を配合しつつ、通常のドッグフードに比べて15~20%カロリーが抑えられています。ただし、普通体型の犬に与えると栄養が不足してしまうので、減量が必要な犬にのみ与えるようにしましょう。

体重の管理が必要な犬には体重管理用

体重の管理が必要な犬には体重管理用

出典:Amazon.co.jp

避妊や去勢手術をしてホルモンバランスが乱れた犬や、病気などで体重を管理する必要がある犬には体重管理用のドッグフードがおすすめです。カロリーや脂肪の量が少なく調整されており、定められた給餌量を守ることで体重を管理できます。適正体重に戻った後は適正体重維持用に移行すると良いでしょう。

体重を維持したい犬には適正体重維持用

体重を維持したい犬には適正体重維持用

出典:Amazon.co.jp

適正体重維持用ドッグフードは、適正体重だけど食欲旺盛な犬や、運動量が少ない犬に適しています。低カロリー、低脂肪の材料でつくられている体重維持用のドッグフードは通常のドッグフードに比べてカロリーが抑えられているのが特徴です。必要な栄養はしっかり摂りつつ、一食当たりの量を変えなくて済むのもメリットです。

1食あたりのカロリー数で選ぶ

体重管理用ドッグフードは通常のドッグフードと比べて、減量用でカロリーを15%程度カット、適正体重維持用で10%程度カットしてあるのが特徴です。パッケージには100gあたりのカロリーが記載されているのが一般的で、一回の給餌量とは異なるので注意が必要です。体重5kgの犬であれば、360kcal未満が目安となります。体重管理用ドッグフードの中には通常よりも少ない量を与えるものもあるので、給餌量とカロリーのバランスを見ながら選びましょう。

高タンパク低脂肪のものを選ぶ

高タンパク低脂肪のものを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

犬の体重を管理したい場合、高タンパクで低脂肪の食事内容にするのが望ましいです。たんぱく質を摂ることで筋肉量を維持し、脂肪を燃焼することが期待できます。たんぱく質の量が少ない食事を続けると、筋力や代謝が低下するので注意が必要です。また、脂肪が多いと太る原因になるので、鶏ささみや赤身の肉、魚などを主原料とした低脂肪のフードがおすすめです。

炭水化物が少なめのものを選ぶ

炭水化物は糖質を多く含むものが多いので、摂取しすぎると体重の増加につながります。そのため、配合される炭水化物の量が少なめの商品を選ぶのが大切です。また、炭水化物の量だけではなく、原材料もダイエットに適した低GI穀物を使用したものがおすすめです。白米やトウモロコシ、ジャガイモなどは高GI穀物で、血糖値を急激に上げてしまうので注意が必要です。反対に玄米やオーツ麦、黒米などは低GI穀物なので血糖値を緩やかに上げるのが特徴です。

粒の形状で選ぶ

粒の形状で選ぶ

体重管理用ドッグフードの粒の形状は一般的なドッグフードと基本的に変わりないものが多いです。しかし、中にはドーナッツ型や8の字型など噛み応えが良くなるように工夫したものも販売されています。噛み砕くことで満足感をアップさせたり、お皿に入れたときに見た目のボリュームが出る効果があります。

繊維量が多いと満腹感がアップ

ドッグフードに配合される繊維量は商品によって異なりますが、繊維量が多いと腹持ちが良くなるのが特徴です。また、消化をサポートして、腸内環境を良くしてくれます。しかし、配合量が多ければ良いというわけではなく、安心できる内容であることが重要です。海藻や果物などからつくられる水溶性食物繊維がおすすめなので、原材料もチェックしてみてください。

無添加のものを選ぶ

無添加のものを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ドッグフードを選ぶ際は、無添加のものが安心です。ドッグフードには、犬の食いつきがよくなるために人口調味料が使用されていたり、防腐のために保存料が使われていることがあります。また、ドッグフードには、人間の食品には使われないものが含まれていることもあり、摂取しすぎると病気の原因となることもあります。そのため、保存料や着色料、香料、発色剤をはじめとする合成添加物が入っていないものを選ぶと、安心して与えることができます。

体重管理用ドッグフードのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,316円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,860円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値3,991円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,500円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値10,248円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,147円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,462円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,881円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

体重管理用ドッグフードのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー