拭き取り化粧水のおすすめ5選!人気のちふれや無印も紹介

拭き取り化粧水とは、肌の汚れや古い角質をふき取ることで、肌のコンディションを整える効果が期待される化粧水です。今回は、そんな拭き取り化粧水について、選び方、ランキング上位のちふれや無印良品の商品、人気のデパコス商品などをご紹介します。他にも乾燥肌の方におすすめのアルコールフリーの商品や、ニキビ肌の方にも人気のハトムギ化粧水などについてもお伝えします。

クレンジングで汚れが落としきれているか不安

仕事から帰ったら真っ先にメイクを落とす、という女性も多いのではないでしょうか。クレンジングをするとすっきりして、リラックスした時間を過ごすことができますよね。でもふとした肌の不調などを感じたときに「ちゃんとメイクを落とせているのかな」と不安になることはありませんか。

そんなときにおすすめなのが「拭き取り化粧水」です。拭き取り化粧水はコットンを使って軽く肌を拭うことで、クレンジングで落としきれなかった汚れを取り除くことができます。

拭き取り化粧水と化粧水の違い

拭き取り化粧水の多くは、通常の化粧水としても使うことができるので、普通の化粧水と同じだと思われがちです。しかし、普通の化粧水と拭き取り化粧水は違います。

まず普通の化粧水は、肌を潤すことを目的としてつくられています。そのため保湿成分や肌を整える成分など、肌に不足しているものを補うような成分で構成されています。一方拭き取り化粧水は、肌から汚れや角質を取り除くことを目的としてつくられています。そのため拭き取り化粧水を使った後は、通常の化粧水などを使ってさらに保湿するのがおすすめです。

拭き取り化粧水で期待できる効果

汚れや角質を落としながら保湿

拭き取り化粧水は肌の汚れや古い角質を落としながら、肌を保湿することができます。通常の化粧水ほどの保湿力はありませんが、クレンジングのように取り除くだけというものではありません。クレンジングで落としきれなかったメイクの油分などを落とすことができるので、その後に使用する化粧水などの浸透を良くしてくれます。そのため、クレンジング・洗顔の後に化粧水を使うよりも、保湿の割合が高くなります。

毛穴のケアにもなる

拭き取り化粧水の大きなメリットとしてあげられるのが、毛穴のケアです。毛穴は、クレンジングや洗顔では落としきれない汚れが溜まりやすい場所です。毛穴をきれいにするためには、古い角質を取り除くのがおすすめです。

拭き取り化粧水はコットンを使うので、古い角質を取り除きやすいと言えるでしょう。古い角質が取り除かれれば、肌のコンディションも良くなりやすく、毛穴の汚れもきれいに拭き取ることができます。

洗顔の代わりとして使うのもOK

拭き取り化粧水は、忙しい朝にもおすすめです。ゆっくりと洗顔をする暇がないときでも、拭き取り化粧水を洗顔代わりに使うことができます。特に朝は、寝ている間にたまった油分や、浮き出た前日の汚れなどを落とすのに良いタイミングです。拭き取り化粧水を使うことで、それらの汚れを取り除くことができます。

また、朝は肌が乾燥気味ということもあり、夜と同じ洗顔方法ではかさつきでメイクの持ちが悪くなることもあります。拭き取り化粧水を洗顔代わりにすることで、程よい洗顔効果が期待できるでしょう。

拭き取り化粧水の選び方

最適なタイプを確認

一般的なリキッドタイプ

出典:Amazon

リキッドタイプとは、通常の化粧水と同じ液状のものです。テクスチャはゆるく、さらさらとしたものが主流です。自分の好きな量を使用したい、コットンにもこだわりがある、といった方にはリキッドタイプがおすすめです。

すぐに使えるシートタイプ

シートタイプには、拭き取り化粧水を含んだマスクでそのまま顔に乗せるだけのものや、拭き取り化粧水を含ませたコットン状のものなどがあります。シートマスク状になっているものなら、朝の準備をしながら顔に乗せておくだけで良いのでとても簡単で手間がかかりません。コットン状になっているものも、ボトルからコットンに拭き取り化粧水を出す必要がないので、手軽に使うことができます。

容量はたっぷり入ったものを

拭き取り化粧水は、主にコットンに含ませて使います。そのときに拭き取り化粧水の量が少ないと肌への刺激が強くなり、肌を傷めやすくなります。拭き取り化粧水を選ぶときは「思い切って使える容量」を基準に選ぶと良いでしょう。シートタイプのものでも大容量のものが多く販売されているので、内容量をチェックしてから購入するのがおすすめです。

アルコールが入っているかどうか

通常の化粧水と同様に、拭き取り化粧水も商品によってアルコールが入っているものとそうでないものがあります。アルコールに反応してしまう敏感肌の方は、アルコールフリーのものだと安心です。できるだけ添加物を含まないものが良いという方も、アルコールが入っていない商品を選ぶと良いかもしれません。

敏感肌の方は口コミも参考に

「アルコールフリー」の表示があれば、基本的にアルコールは含まれていないはずです。しかし、敏感肌の方の中には「アルコールフリーでも肌に刺激を感じる」という方もいます。そのため、商品の口コミなども参考にして選ぶと良いでしょう。

拭き取り化粧水に期待できる効果をチェック

拭き取り化粧水の中には「乾燥肌用」「ニキビ肌用」など、肌タイプによって分けられているものもあるので、自分の肌に合ったものを使うと効果を感じやすいかもしれません。乾燥の原因が古い角質である方や、ニキビの原因が毛穴汚れである方などは、拭き取り化粧水を試してみると良いでしょう。

拭き取り化粧水のおすすめ5選

最安値1,130円(税込)

4.00(63件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,883円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,200円(税込)

4.80(12件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,200円(税込)

3.80(96件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,490円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

拭き取り化粧水の使い方

拭き取り化粧水は正しく使わないと、肌を傷めてしまいます。ここでは、リキッドタイプの拭き取り化粧水の正しい使い方をお伝えします。

STEP1:コットンに拭き取り化粧水を含ませる

拭き取り化粧水を使うときは、まずコットンに拭き取り化粧水をたっぷり含ませます。目安としては、コットンから滴り落ちない程度です。できれば、少し厚めのコットンを使うと良いでしょう。厚めのコットンがない場合は、薄手のコットンを数枚重ねて使うと拭き取りやすくなります。

STEP2:肌の気になる部分をそっと拭き取る

拭き取り化粧水を含ませたコットンを、肌の気になる部分に当ててそっと拭き取ります。肌の気になる部分とは、乾燥しやすい場所や、毛穴の汚れや油分が気になる場所です。コットンを静かに当てて、優しく拭き取りましょう。ごしごしとこすらないように注意してください。

STEP3:最後に化粧水や乳液を塗る

拭き取り化粧水を使い終わったら、通常の化粧水や乳液などを使って肌を保湿します。拭き取り化粧水は、使い終わった直後は肌が潤っているように感じますが、時間が経つと乾燥しやすくなります。また、拭き取り化粧水を使い終わった直後の肌は、化粧水や美容液などを吸収しやすくなっているので、保湿するには最適なタイミングです。

拭き取ったあとのケアもしっかり

拭き取り化粧水で肌がすっきりした後は、失った保湿成分や肌を保護をする成分を補いましょう。以下の記事では、年代ごとのおすすめ化粧水や、市販のプチプラ乳液などを紹介しています。ぜひあわせてチェックしてみてください。

まとめ

毎日のケアの中に拭き取り化粧水を取り入れることで、肌のコンディションを整えやすくなります。ぜひ、この機会に拭き取り化粧水を試してみてください。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

化粧水の人気売れ筋ランキング

おすすめ記事