ハンドタオルのおすすめ10選!プレゼントに人気なブランドも

普段使いや仕事用、子どもの保育園用など何かと登場するアイテムが「ハンドタオル」です。まとめ買いできるような激安商品から、今治タオルなどのブランド品までさまざまな種類があります。サイズが多く、またキャラクターものやおしゃれなタイプなどデザインも豊富です。プレゼントとして贈る方も多いようです。今回はハンドタオルの選び方や、長持ちさせる方法、Amazonで購入できるおすすめの商品などをご紹介します。

いろんなシーンで活躍するハンドタオル!

出典:Amazon

普段生活している中でハンドタオルを使う機会は多いですよね。例えば、ごはんを食べる前に手を洗うときや、子どもが飲み物をこぼしてしまったときなど、ハンドタオルを使えば、ちょうどよい吸水力で水気を拭き取ることができます。コンパクトなサイズに折りたため、ポケットにしまったりバッグに入れたりと、かさばらずに持ち歩けます。サイズの大小や素材、デザインのバリエーションなどでさまざまな種類があり、価格も全体的に手頃です。

ハンドタオルとハンカチの違いは?

出典:Amazon

ハンドタオルはパイルというループ状の糸が表面をおおう布でつくられており、吸水性や保温性など機能性が高いことが特徴です。一方ハンカチは一枚布でつくられることが多く、手拭き・汗ふきなどの実用的な機能のほか、刺繍や装飾をほどこしてデザインを楽しんだり、フォーマルなシーンの服飾小物として持たれるなど、服装の一部のような側面も持っています。また、ハンドタオルとハンカチの間のようなタオルハンカチというアイテムもあります。

ハンドタオルの選び方

素材で選ぶ

ハンドタオルにはさまざまな素材があります。それぞれの素材に特性があるため、どのような機能を重視するかによって選び方が変わります。ハンドタオルによく用いられる代表的な素材を紹介しましょう。

肌触りの良い「綿」

出典:Amazon

ハンドタオルの素材として最もポピュラーなのは綿でしょう。コットンとも呼ばれています。やわらかな質感で肌触りが良く、吸水性にも優れています。機能性のバランスが素材です。なお、いたみやすい・しわになりやすいという短所もあります。持ち歩くときにきちんとたたんだり、洗濯をするときは生地をいためないように洗うなど注意しましょう。

やわらかい「ガーゼ」

出典:Amazon

綿を荒く縫った布地であるガーゼは、赤ちゃんの体拭き用などにも使われるほど、やわらかな肌触りが特徴です。通気性が良いためさらりとした使用感で暑い季節にもぴったりです。吸水性にも優れており、また、速く乾きやすい点も使い勝手の良さにつながっています。なお、綿製と同じく布地がいたんだり、しわになったりしやすいため、注意が必要です。

耐久性高く汚れにくい「リネン」

出典:Amazon

亜麻布とも呼ばれるリネンは麻など亜麻の繊維でつくられた布地です。通気性や吸水性に優れており、また耐久性があって丈夫です。汚れがついても落ちやすいので気軽に使うことができます。また、長く使うことで独特の風合いが出てくるため、買い替えなどを少なくしたい方や、愛用できる丈夫なハンドタオルが欲しい方におすすめです。なお、しわになりやすい素材であるため、きれいにたたんで使ったり、洗濯のときはしっかり伸ばして干すなど、いくつか気を付ける点もあります。

さまざまな性質を持つ「ポリエステル」「マイクロファイバー」

出典:Amazon

ポリエステルやマイクロファイバーなどの合成繊維も、ハンドタオルによく用いられる素材です。合成繊維はぬれても速く乾きやすいという特徴があるため、水気をぬぐうためのハンドタオルの素材にはぴったりです。なお、細かな性質は合成繊維の種類によります。耐久性に関しては合成繊維の種類にもよります。例えばポリエステルはとても丈夫ですが、マイクロファイバーは繊維の細さからやや耐久性が低いという面があります。

サイズや厚みで選ぶ

出典:Amazon

ハンドタオルを選ぶ際にはサイズや厚みなど、形状もポイントになります。ハンドタオルのサイズはさまざまで、大体15~30cm四方と大小の幅があります。例えば子どもの保育園用などで使用する場合は、少し小さめのサイズが適しているでしょう。大人でもポケットに入れておくようであれば、できるだけコンパクトなサイズの方がおさまりが良いでしょう。あるいはバッグなどに携帯する場合は少々大きいサイズでも不便なく持ち歩けます。

また、厚みも素材などによって異なります。厚みがあるものは水分を多く吸収しますが、その分折りたたんだときにかさばります。機能性と持ち歩きやすさなどのバランスを見ながら選ぶと良いでしょう。

吸水性で選ぶ

ハンドタオルは水気を拭き取ることが主な用途のアイテムなので、どの製品もある程度の吸水性は備わっていると考えられます。その上で、手を洗う機会が多い方や汗をかきやすい方は、吸水性が特に高い素材を選ぶのがおすすめです。

耐久性で選ぶ

ハンドタオルはほぼ毎日使うアイテムなので、生地がくたびれたり縁がほつれるなど、使用感があらわれやすいものです。洗い方や干し方などによって長持ちさせることもできますが、耐久性の高いタイプを選べばより気軽に使用することができます。またハンドタオルの手持ち枚数が少ない場合は、使用のローテーションが短いため、耐久性の高いタイプが適しているでしょう。

ブランドで選ぶ

出典:Amazon

ハンドタオルは非常に安い商品もあれば、ブランド品もあります。ブランド品は価格が少し高いものの、高品質な製品が取り揃っています。中でも日本一のタオル生産地である愛媛県今治市が誇る「今治タオル」は、厳しいテストをクリアした高い品質が特徴の人気ブランドです。手持ちのハンドタオルを少数にしておきたいという方は、高品質のブランドタイプを使用するのも良いでしょう。

デザインで選ぶ

出典:Amazon

ハンドタオルは自分の好きなデザインのものを選ぶのも楽しみの1つです。子どもが喜ぶキャラクターもの、女性に人気のおしゃれなタイプなど、バリエーションが豊富なので好みのデザインを探してみましょう。また、フォーマルな場で使用する際は、シックなデザインなどが良いでしょう。使用するシチュエーションに合わせてデザインを選ぶのも1つの方法です。

ハンドタオルを長持ちさせる方法

柔軟剤を使わない

ハンドタオルをやわらかい質感にするために柔軟剤を入れることは多いでしょう。しかし、柔軟剤を入れると洗濯時の繊維くずが増えてしまう場合があります。ハンドタオルの生地がやせないよう、柔軟剤ではなく干し方などを工夫してふわふわの質感にしましょう。

乾燥機を使わず風通しの良いところに干す

ハンドタオルを乾燥機にかけるとふわふわの質感になりますが、高熱を加えることにより生地がいたみやすくなります。また、直射日光に長い時間当てすぎると、これも生地をいためる場合があります。風通しの良いところに干すと、ハンドタオルの生地が空気を取り込んでふわふわに乾きます。型崩れしないよう、四隅を引っ張り形を整えて干しましょう。

ハンドタオルのおすすめ10選

最安値1,580円(税込)

4.25(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,404円(税込)

3.70(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,080円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,944円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値648円(税込)

3.60(60件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

いかがでしたか。気軽に使うハンドタオルはなんとなく購入してしまいがちなアイテムでもあります。しかし、毎日使うものだからこそ、十分吟味して選んでみてくださいね。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事