砂利のおすすめ9選!おしゃれな庭づくりやガーデニングに

砂利のおすすめ9選!おしゃれな庭づくりやガーデニングに

庭の模様替えをしたいときに便利なのが「砂利」です。熱帯魚の水槽や花壇にも使用する砂利には、砕石などさまざまな種類があり。敷き方によっておしゃれな庭造りができます。ホームセンターで購入するほか、大量に必要なら通販で激安の商品を探してみるのも良いでしょう。この記事では、砂利の選び方や使い方、価格の安いおすすめ商品などを紹介します。

庭の雰囲気をガラリと変えよう

庭の雰囲気をガラリと変えよう

いつもの庭を模様替えして雰囲気を変えたいと思ったとき、いろいろな方法があります。その方法の1つが砂利を敷くことです。砂利は小石やチップなどさまざまな種類があり、自分の造りたい庭の雰囲気に合わせて選ぶことができます。また、砂利は景観を整えるだけでなく、雑草を生えにくくしたり、防犯に役立ったり、さまざまな機能を併せ持っています。見た目が良く機能的な庭を造るためには、砂利が非常に便利なのです。

砂利のメリット・デメリット

メリット

メリット

出典:Amazon.co.jp

砂利には景観を整えるという見た目的な良さのほかにも、機能面においてさまざまなメリットがあります。例えば砂利を敷けば、風などで飛んでくる植物の種子が土にふれにくいため、雑草防止になります。土埃の発生を防ぐので、外に置いてあるものが汚れなくてすみます。また、砂利の上を歩くと靴の汚れ落とし代わりにもなります。さらに、砂利は踏むと音がするため、防犯的にも有益です。より大きい音が鳴る防犯砂利もあります。1回敷けば、次に敷くまでメンテナンスにあまり手をかける必要がないことも便利なポイントです。

デメリット

デメリット

砂利にはデメリットもあります。砂利はゴツゴツしているので、転んだ場合、土よりもケガをしやすくなります。特に小さな子どもがいる家では、十分注意する必要があるでしょう。また、砂利は排水溝に落ちたり外に出ていったりするうちに少しずつ減っていくため、定期的に足さなければいけません。この部分に少々手間を感じるかもしれません。

砂利の選び方

使用場所によって選ぶ

砂利にはさまざまな種類があり、砂利を敷く場所によって適するタイプは異なります。よく砂利が使われる場所別に、どのような砂利が適しているのか紹介します。

庭は目的に合わせて砂利を選ぶ

庭は目的に合わせて砂利を選ぶ

庭に敷く砂利は、砂利をどのような目的で敷くのかによって適するタイプが異なります。例えば雰囲気や景観重視で庭をつくるのであれば、形や色などデザイン重視で選ぶと良いでしょう。洋風の庭なら爽やかな白などの砂利が似合います。和風の庭なら黒い玉砂利などが素敵です。機能性が高く実用的な庭にしたいのであれば、もたせたい機能が見込める砂利を選びましょう。水はけを良くしたい場合は、粒の大きめの砂利を敷くのが有効です。防犯性を高めたい場合は踏むと大きな音が鳴る防犯砂利があります。

駐車場にはコスパの良いタイプがおすすめ

駐車場にはコスパの良いタイプがおすすめ

駐車場に敷く砂利はあまり見た目の良さを求められません。景観を整えるよりも、実用性の高さを重視して選んだ方が良いでしょう。中粒程度のサイズのポピュラーな砕石などがおすすめです。重い車両が出入りする場所に敷くため、壊れにくく丈夫な砂利が適しています。また、大量に敷かなければならないので、大容量で格安の商品だとコスパが良いです。

花壇や水槽はそれぞれの特性を活かす

花壇の中に土の代わりに砂利を敷く場合は、ガーデニング用の化粧砂利を使うと見た目が美しく仕上がります。水槽の中に敷く砂利には、水草が根付く土台となる役割や、水質を安定させる役割などもあります。水に入れると酸素が発生するタイプや、吸着・ろ過に優れたタイプなど、機能面を強化した商品が販売されているので、利用するのも良いでしょう。なお、水槽はデリケートな素材が多いため傷つけることがないよう、角の尖った形よりも丸い玉砂利などを選ぶと良いでしょう。

砂利の大きさで選ぶ

砂利の大きさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

砂利は大きさもさまざまです。1粒が手のひらからはみ出すようなビックサイズから、豆粒のようなサイズまであります。サイズを選ぶ際にも砂利を敷く目的などで考えましょう。水はけを良くしたり駐車場を整備したり、機能的な目的がある場合は中ぐらいのサイズが最も使い勝手が良いです。歩くスペースや景観の整備が目的である場合は小さなサイズがおすすめです。

種類で選ぶ

砂利は素材のバリエーションが豊富です。それぞれの素材の特性を理解した上で、目的に合った砂利を選びましょう。

ナチュラルな風合い「自然石砂利」

ナチュラルな風合い「自然石砂利」

出典:Amazon.co.jp

自然石砂利は、自然ならではの色むらや風合いなどが特徴的です。ポピュラーな砕石などは価格がリーズナブルなので、広い場所に敷く場合など、量を重視したいときにおすすめの種類です。

カラーが豊富な「玉石」

カラーが豊富な「玉石」

出典:Amazon.co.jp

角がない丸みのある砂利です。やわらかいフォルムなので、敷いたときの雰囲気に特徴が出ます。白や黒などのモノトーンカラーのほか、赤、黄、緑などカラフルなタイプなど、カラーバリエーションが豊富です。

重さで選ぶ

必要な砂利の量を割り出したうえで、商品の重さで選ぶのも1つの方法でしょう。10kg入りや20kg入りなど、全体的に非常に重量感がある商品が多いですが、砂利は薄く敷くだけでかなりの量が必要です。

正しい砂利の敷き方

正しい砂利の敷き方

出典:Amazon.co.jp

砂利はやみくもに敷けばいいというものでもありません。ポイントを押さえながら正しい敷き方をすれば、砂利の良さをうまく活かすことができます。次に紹介する砂利の敷き方を参考に、地面などの整備をしてみてください。

STEP1:必要な砂利の量を用意する

砂利を敷くスペースを計測し、平米を調べます。1平米あたり大体60~80kgの砂利が必要なので、スペースの広さから分量を割り出しましょう。

STEP2:砂利を敷くスペースを整地、転圧する

砂利を敷くスペースの土を整えないまま砂利を敷くと、地面が沈んだり雑草が生えてきたり、後から不具合が生じる可能性があります。砂利を敷く前に雑草を抜き、地面を踏み固めてしっかり下準備をしましょう。なお、防草シートを敷いておくと、雑草防止により有効です。

STEP3:砂利を敷き詰めて均等にならす

スペースの準備が済んだら砂利を敷き詰めます。均等な厚さになるよう、丁寧にならしましょう。

砂利のおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値598円(税込)
3.80(10件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値440円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,300円(税込)
4.30(19件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,180円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,280円(税込)
-(0件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,197円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値13,375円(税込)
4.70(18件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値598円(税込)
5.00(1件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,200円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

砂利のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー