散水タイマーのおすすめ10選!庭の鉢植えに自動で水やりしよう

「散水タイマー」は、自動水やりタイマーや自動散水機とも呼ばれています。水栓式やタンク式といったタイプの違いや、性能面の違いなど、様々な商品があります。今回は、散水タイマーのメリットやデメリット、散水タイマーの選び方、おすすめ商品などをご紹介します。タカギのG225や、藤原産業のセフティー3など人気商品もピックアップするので、ぜひチェックしてみてください。

旅行中も庭のお花に水やりをしたい!

庭で草木やお花を育てるガーデニングは、手軽にできて非常に人気の高い趣味の1つです。しかし、植物は毎日水やりをしなければならないため、なかなか長期間は家を空けられないという悩ましい点もあります。旅行で数日不在にしている間に庭のお花の元気がなくなったり、枯れてしまうのはとても悲しいですよね。そこで便利なのが散水タイマーです。散水タイマーを使えば、家にいない間も庭の植物に水をやることができるので安心です。

散水タイマーとは

出典:Amazon

散水タイマーは植物に自動的に水やりをするための機器です。あらかじめ設定しておくことで、毎日決まった時間に自動で散水することができます。毎日決まった時間に自動的に水やりができるので、長期で家をあけることが多い方や、忙しくて水やりを忘れそうな方にとても便利です。また、散水タイマーは庭木や鉢植えなどへの水やりのほか、グラウンド・公園の芝への水やりなど畑への水やりなど、規模の大きな作業にも使用されています。

散水タイマーの選び方

タイプで選ぶ

散水タイマーは水の引き方で2つのタイプがあります。このタイプの違いは水やりに直接影響します。それぞれの特性をチェックし、設置しようとしている環境によりマッチするタイプを選ぶことが大切です。

水やり可能範囲が広い「水栓式」

出典:Amazon

水道などの水栓につないで給水しながら使用するタイプが水栓式です。水が不足する心配がないので、広範囲に散水することができます。なお、水栓やホース、ノズルなど各箇所の接続を失敗すると、漏水する恐れがあるため注意が必要です。

決まった水量で散水できる「タンク式」

出典:Amazon

付属のタンクにあらかじめ水を入れ、タンクからの給水で散水を行うのが「タンク式」です。大きな漏水の心配なく散水できる点がメリットです。なお、タンクの容量分しか水を入れておくことができないので、長期間補水できない場合は散水がストップしてしまう恐れがあります。なおタンクのほか、ペットボトルなど水の入った別容器に接続して散水できるものもあります。

水やりの時間や間隔が調節できるか

散水タイマーの最大のメリットは、毎日決められた時間や一定の間隔で自動的に散水できる点です。その上でどこまで細かな設定が可能なのかは製品それぞれです。植物の種類によって水やりのペースは異なります。また、自分なりの散水ペースがある方もいるでしょう。自分がいなくてもどこまで自分で行うような散水ができるか、自分にとってベストな調節ができる製品を選びましょう。

防水性で選ぶ

水を扱う電気製品なので、防水性の有無も気になるポイントです。防水性が低いと、早い段階で壊れてしまう可能性もあります。できるだけ長く使いたい場合は、防水性や防滴仕様など、水気に強い機能が備わった製品がおすすめです。

雨が降ったときに水やりを止められるか

散水タイマーを使用して旅行などに行くと、使用している期間の途中で雨模様になることも考えられます。雨が降ったら水やりは不要になります。そこで便利なのが雨を察知するセンサーです。雨が降り始めるとセンサーが反応し、水やり予約を自動キャンセルするため、節水につながります。長期で家をあけることが多い方や、天候の変わりやすい地域に住んでいる方などは、このような機能が備わった散水タイマーを選ぶのも良いでしょう。

一度に何箇所の水やりができるか

水やりをしたい植物は1つと限りません。水を植物に運ぶホースが分岐していれば、複数の植物に水やりをすることが可能です。複数の植物に一気に水をやりたい場合は、1つの散水タイマーで最大いくつまで水やりが可能かを確認しておきましょう。

電源の種類で選ぶ

散水タイマーには乾電池や太陽光、家庭電源などの電源タイプがあります。電源を引くことが難しい場所に設置したい場合は、乾電池や太陽光など、別の電源との接続が不要なタイプが適しています。多少設置場所が制限されても、水やりに馬力が欲しい場合は家庭電源タイプがマッチします。ランニングコスト重視で使用したいなら、太陽光タイプがぴったりです。

ただし、乾電池式の電源である場合、長期間チェックしないと知らないうちに電池が切れてしまう可能性があります。また、太陽光を使用するタイプはほかの電源タイプに比べて初期費用が高めです。家庭電源を使用するタイプは、100Vの電気を変圧して使用する必要があるため、少々手間がかかります。それぞれの電源タイプにメリットとデメリットがありますが、優先したいポイントは何かを明確にして選ぶと良いでしょう。

取り付けやすさ・取り扱いやすさで選ぶ

出典:Amazon

どんなに機能性の高い散水タイマーでも、取り付け方が複雑だったり、取扱いが難しければ使いづらく感じてしまいます。蛇口に簡単に取り付けられるタイプや、ペットボトルにも取り付けられるタイプなど、手間のかからないタイプを選べば気軽に設置できます。

また、長期不在時など、限定的なタイミングで使用する場合はなかなか使い方を覚えられないこともあります。そんなとき、いちいち取扱説明書を引っ張り出して読むのは面倒です。本体に簡単な取り扱いガイドなどが付属しているタイプや、操作がシンプルなタイプであれば、必要なときすぐに使用できます。

散水タイマーのおすすめ10選

最安値1,501円(税込)

3.25(147件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値10,500円(税込)

3.40(43件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値3,880円(税込)

4.70(14件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値13,000円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

ガーデニングが好きでも、毎日自分で欠かさず水やりをするのは大変なものです。そんなときに散水タイマーは非常に便利です。散水タイマーがあれば、水やりがあるからと旅行を諦めることもありません。散水タイマーを上手に活用して、より気楽にガーデンニングを楽しみましょう。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事