霧吹きのおすすめ5選【観葉植物に】

霧吹きのおすすめ5選【観葉植物に】

室内用の多肉・観葉植物のお世話、ガーデニングに欠かせないアイテムの一つが霧吹きです。細かい霧が出る実用的なものや、インテリアにもあるおしゃれなものなど、様々な種類があります。シンプルなものは100均でも購入することができますが、購入後に「使いにくい」「霧が出ない」ということにならないよう、注意して選ぶ必要があります。今回は霧吹きの原理(仕組み)や選び方、おすすめ商品をご紹介します。

霧吹きの仕組み

霧吹きの仕組み

出典:Amazon.co.jp

霧吹きのハンドルを握ることで、内部に圧力がかかります。この圧力によって、小さな口のノズルに少量の液体が送り込まれます。ノズルの形状により、水流が回転し、口から水が出るときに円錐状に霧になります。霧吹きの代用品としてストローを使った方法がよく紹介されていますが、圧力をかける点は同じです。

霧吹きを選ぶポイント

タイプで選ぶ

広範囲に水分を湿らせたいときは広角に噴霧できるタイプがおすすめです。葉の裏側などの入り組んだ場所にも対応したいなら、傾けたり、逆さにしても使えるタイプを選ぶ必要があります。広角、鋭角のどちらも備えたタイプもあるので、必要な方はチェックしてみてください。ただし、直線的な噴霧は葉を傷つける可能性があるので注意が必要です。

また、加圧式の霧吹きは、ポンピングしたあとに上部のレバーロックボタンを押せば連続で噴霧できます。細かい霧がふんわりと噴霧できるタイプは、しっとりと湿らせたいときに重宝します。じょうろでは流されてしまいがちな種の植え付けなどに使われます。最後の一滴まで使いたい場合は、振り子ホース仕様のタイプがおすすめです。横に傾けても中のホースが振り子のように傾くので途切れることなく噴霧できます。

使いやすいサイズをチェック

小さめなサイズからたっぷり使えるものまでいろいろあります。250〜300mlのサイズはちょっとした植物のお手入れにぴったりで、普段使いしやすいサイズです。500ml以上のサイズは何度も水を入れ替える手間が少なくなるので、たくさん水やりやお手入れをしたいときに便利です。ただし、一度に多くの水を入れると持ち上げるのが大変になります。

安定感のある形状を選ぶ

霧吹きを置いたときに倒れてしまわないよう、安定感のある商品を選びましょう。底面が大きく、ある程度重みがあると安心です。おしゃれなデザインの霧吹きの中には、ボトル部分が球体のようになっていて、底面がかなり小さいものもあるので注意が必要です。

薬品を入れても使えるかどうか

ガーデンニングをしていると、水やりだけではなく、薬品を散布するのに霧吹きを使う場面もでてきます。霧吹きの素材によっては薬品をいれてはならないものもありますので、購入前に確認しておきましょう。

インテリアに合わせたデザインも

霧吹きにはインテリアとして室内に飾れるような、おしゃれなデザインのものがあります。アンティーク調のレトロなものやカラフルなものが観葉植物のそばに置いてあるとおしゃれですよね。また、ステンレス製のスタイリッシュな霧吹きも、モダンなインテリアの中に映えます。また、中身が見えると残りの分量が分かり、実用的に使えます。

霧吹きを使った水やり「葉水」で植物も元気に

霧吹きを使った水やり「葉水」で植物も元気に

「葉水」は、はみずと読み、根水(ねみず)の反対語です。鉢を植え替えた後や夏の暑い時期に一定期間行うと効果的で、葉っぱから水分が蒸発してしまう量を押さえることができます。また。葉の表面についてほこりや汚れを落とすこともできます。害虫予防にもなるので、必要に応じて葉水をしてあげてください。ここでは葉水をやるときの注意点をあげます。

常温の水をあげる

冷たい水ではなく常温に戻した水をあげます。冷たい水を霧吹きに入れたときはしばらく置いておきましょう。

適量を守る

根元だけでなく葉っぱにもやさしく霧吹きで水分を与えてあげましょう。葉っぱに直接霧吹きで水を吹きかけます。葉の粒が水滴として滴り落ちない程度(粒になった状態)を目安にしてみてください。

ホコリをとる

室内に置きっぱなしの観葉植物はほこりがつきやすく、そのままにしておくとホコリが固まって取りづらくなります。葉水した後は、柔らかい布やティッシュで優しく拭き取ってあげます。そうすることで葉からの呼吸もしやすくなり、イキイキとした状態になります。

霧吹きのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

霧が細かく、水漏れがしにくく、手が疲れない実用的な一品です。ふわっとした霧はまるで湯気のように優しく植物をしっとりさせます。また噴射口から水が滴り落ちることもありません。何度もシュッと握っていると手が疲れてくるものですが、これはちょうどよいホールド具合で疲れにくい点もおすすめです。

この商品の特徴

霧が細かく、水漏れがしにくく、手が疲れない実用的な一品です。ふわっとした霧はまるで湯気のように優しく植物をしっとりさせます。また噴射口から水が滴り落ちることもありません。何度もシュッと握っていると手が疲れてくるものですが、これはちょうどよいホールド具合で疲れにくい点もおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

320mlの真鍮・ステンレス製の、本格的なプロ仕様を味わえるオートマチックスプレーです。細かくてたくさんある部品が高度な技術で組み合わされています。デザイン性も高く、多肉・観葉植物の側に置けばアンティークな雰囲気がでて、インテリアとしても映えます。

この商品の特徴

320mlの真鍮・ステンレス製の、本格的なプロ仕様を味わえるオートマチックスプレーです。細かくてたくさんある部品が高度な技術で組み合わされています。デザイン性も高く、多肉・観葉植物の側に置けばアンティークな雰囲気がでて、インテリアとしても映えます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

700mlと容量が大きめのスプレーです。材質はポリプロピレンで耐久性にも優れています。カラーもグリーン・レッド・ホワイトがありますので、お部屋の雰囲気や他のアイテムに合わせて選べます。ハンドル部分はラバー素材を使用しているので握りやすく作業もしやすくなります。

この商品の特徴

700mlと容量が大きめのスプレーです。材質はポリプロピレンで耐久性にも優れています。カラーもグリーン・レッド・ホワイトがありますので、お部屋の雰囲気や他のアイテムに合わせて選べます。ハンドル部分はラバー素材を使用しているので握りやすく作業もしやすくなります。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ロングノズルがついた霧吹きです。1回の噴射で1ml噴霧できるので、薬品などを容量通りに使いたい場合にもぴったりです。持ちやすさや使いやすさが好評で、葉の裏側のように細かい部分も狙って噴霧できます。

この商品の特徴

ロングノズルがついた霧吹きです。1回の噴射で1ml噴霧できるので、薬品などを容量通りに使いたい場合にもぴったりです。持ちやすさや使いやすさが好評で、葉の裏側のように細かい部分も狙って噴霧できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

材質がステンレス、ポリプロピレン、ポリエチレンと耐久性に優れています。ジョーロも「SALUS(サルース)」シリーズで扱われているので、おそろいでそろえるとおしゃれですね。

この商品の特徴

材質がステンレス、ポリプロピレン、ポリエチレンと耐久性に優れています。ジョーロも「SALUS(サルース)」シリーズで扱われているので、おそろいでそろえるとおしゃれですね。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー