土ふるいのおすすめ6選&選び方【家庭菜園にも】

土ふるいのおすすめ6選&選び方【家庭菜園にも】

土作りの際に必要なアイテムの1つが土ふるいです。土を入れてふることで、土の中にある小石や枯れた根っこ、害虫などを選別することができます。また、細目・中目・荒目といった網の目のサイズを変えることで、粒の大きさを分けることもできます。ホームセンターではもちろん、ダイソーなどの100均やアマゾンで購入することもできます。今回は、土ふるいの選び方や作り方、代用品についてご紹介します。おすすめ商品では、電動の土ふるい機なども紹介しています。

土ふるいとは

土ふるいとは

土ふるいは、土を再利用するときや、再生させるときに使う道具です。一度使った土には、古い根やゴミが入っていたり、虫がいることもあります。根や雑草、ゴミを含んだままだと、前の病気の菌が生き続けてしまったり、水はけが悪かったり、前に植えていた植物が生えてくる可能性もあります。ですので、土ふるいで不純物を取り除くことが必要です。

土ふるいの選び方

ガーデニングの際に利用される土ふるいですが、素材やサイズなどに違いがあり、どれを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。土ふるいを選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介します。

使いやすい素材を選ぶ

使いやすい素材を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

土ふるいにはステンレス製、鉄製、プラスチック製などがあります。素材が違っても機能に変化はありませんが、見た目や手になじむ感覚に違いが出てきます。屋外に出しておく場合は、さびにくいステンレス製やプラスチック製がおすすめです。使用感はもちろん耐久性なども考慮してみてください。

網目のサイズで土の状態が変わる

網目のサイズで土の状態が変わる

出典:Amazon.co.jp

ふるいの網目のサイズには「細目」「中目」「荒目」があります。それぞれの網目サイズがフィルターの役割をして、石や根っこ、枯れ葉、ゴミ、害虫などを選別することができます。ある程度異物が取れるもので十分という場合は荒目でも良いですが、当然のことながら細かくふるいにかけた方がより正確に選別ができますので、細目や中目との使い分けをおすすめします。替え網が2~3種類セットになった商品を選んでおくと、数種類のふるいを持つ必要がなく、コンパクトにおさまります。

土の量に合わせた本体サイズを選ぶ

土の量に合わせた本体サイズを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ふるいには円形や四角形があり、基本的には円形の商品が多く見られます。直径18cm、20cm、30cm、37cmなど幅広いサイズ展開になっています。選ぶときのポイントとしては、これからふるいにかけたい土の量に適した大きさにすることです。作業する範囲が広いのにふるいが小さいと、作業回数が多くなります。それほど量がないのにふるいが大き過ぎても、使わないときに場所を取ってしまいます。サイズ選びは慎重に行ってください。

土ふるいのつくり方

土ふるいはお店やネット通販でも購入できますが、金網や木材を購入してくれば自分でつくることもできます。以下のサイトに詳しいつくり方が載っています。それぞれ形やつくり方が少しずつ違い、つくり方のコツも書いてありますので、ぜひチェックしてみてください。

土ふるいの代用品

土ふるいをわざわざ購入しなくても、あるもので代用が可能です。網目の大きさによって、おすすめの代用品が変わります。

根や小石を取り除くにはカゴ

根や小石など、少し大きめのものを取り除くなら、網目が広いものでも十分に代用が可能です。ですので、苗などが入っていたカゴなどで代用が可能です。

さらに細かく取り除くにはザル

根や小石が取り除き終わり、さらに小さなゴミなどを取り除く場合は、もう少し細かい網目が必要となります。網目の細かい土ふるいの代わりとなるのは、台所で使われるザルです。ホームセンターなどでも購入できますね。量に合った大きさを選びましょう。

ふるいのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値978円(税込)
4.25(71件)

この商品の特徴

細・中・荒目の網がセットになったステンレス製のふるいです。37cmとやや大きめですが、一度にたくさんの土を入れたい方におすすめです。土の粒の大きさを正確に分けたい方には、セット商品がおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

細・中・荒目の網がセットになったステンレス製のふるいです。37cmとやや大きめですが、一度にたくさんの土を入れたい方におすすめです。土の粒の大きさを正確に分けたい方には、セット商品がおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値851円(税込)
3.99(15件)

この商品の特徴

片手でふるうことができるグリップつきの片手ふるいです。とても軽く、力が入りやすい形状なので、ふるうときも負担になりません。穴が少し大きめなので、小石を分けるというよりも雑草を抜いて草と土を分けるときに使いやすいでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

片手でふるうことができるグリップつきの片手ふるいです。とても軽く、力が入りやすい形状なので、ふるうときも負担になりません。穴が少し大きめなので、小石を分けるというよりも雑草を抜いて草と土を分けるときに使いやすいでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値760円(税込)
1.00(1件)

この商品の特徴

耐久性のあるプラスチック製のふるいです。非常に軽く、お手入れも簡単です。濡れたままにしておいても、さびる心配がありません。お庭になじみやすい色もポイントです。直径20cm、金属製以外のふるいをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

耐久性のあるプラスチック製のふるいです。非常に軽く、お手入れも簡単です。濡れたままにしておいても、さびる心配がありません。お庭になじみやすい色もポイントです。直径20cm、金属製以外のふるいをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,161円(税込)
4.00(12件)

この商品の特徴

細目・中目・荒目、3種類の網とふるい台が付属した便利なセットです。ふるい台を使用することで、土を入れた状態の重いふるいを持ち上げることなく楽に作業ができます。使用後は折り畳めるのでコンパクトに収納できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

細目・中目・荒目、3種類の網とふるい台が付属した便利なセットです。ふるい台を使用することで、土を入れた状態の重いふるいを持ち上げることなく楽に作業ができます。使用後は折り畳めるのでコンパクトに収納できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値125円(税込)
4.70(7件)

この商品の特徴

花鉢用や少量ずつ土をふるいたいときに便利な、直径18cmのコンパクトサイズのふるいです。お手頃な価格なので、試しに買ってみたい、という方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

花鉢用や少量ずつ土をふるいたいときに便利な、直径18cmのコンパクトサイズのふるいです。お手頃な価格なので、試しに買ってみたい、という方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値61,900円(税込)
2.30(2件)

この商品の特徴

電動の土ふるい機です。小型モーターを採用した、回転式ふるいです。一度にたくさんの量の土をふるいたいという方におすすめです。小型モーターなので、持ち運ぶのも楽です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

電動の土ふるい機です。小型モーターを採用した、回転式ふるいです。一度にたくさんの量の土をふるいたいという方におすすめです。小型モーターなので、持ち運ぶのも楽です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー