草取りフォークの選び方&おすすめ5選【面倒な雑草の処理に】

草取りフォークの選び方&おすすめ5選【面倒な雑草の処理に】

春になると草花だけではなく、雑草もどんどん大きくなります。お庭の雑草の手入れは本当に大変で、きりがないものですよね。今回は厄介な雑草の処理をするときに便利な「草取りフォーク」の使い方や選び方について解説します。力が弱い女性や年配の方に人気のものや、Amazonや楽天で評判のいい、おすすめの商品もご紹介します!

草取りフォークとは

草取りフォークとは

出典:Amazon.co.jp

草取りフォークは、雑草の処理などを簡単に効率よくするための道具です。名前の通りフォークのような形状になっており、フォーク部分を使って力を入れずに雑草を抜くことができます。フォークに工夫がされているものが多く、小さな雑草にも使いやすいです。

テコの原理で雑草を抜く

草取りフォークにはテコの原理を利用するものが多いです。最小限の力で雑草の根を掘り起こしやすくなっています。テコの原理を使うことで、女性や子ども、年配の方でも楽に雑草の処理をすることができます。

手が汚れない

通常、雑草の処理をするときは利き手で掘って、反対の手で引き抜くという動作をします。そうするとどうしても手が汚れてしまいます。草取りフォークを使えば、雑草を掘り起こすだけでなく、手を汚さずにフォーク部分で引き抜くことができます。手が汚れるストレスがなくなると、作業もはかどります。

草取りフォークの選び方

自分に合ったグリップを!

草取りフォークを上手にラクに使うためには、持ち手であるグリップの形状が大切です。自分が力を入れやすい形を選びましょう。ストレートのグリップは握るだけなので、テコの原理を上手く使える方に向いています。テコの原理を生かすことが苦手な方は、グリップがカーブしていたり、ループ状になっているものが良いです。

フォーク部分の長さは雑草に合わせる

根が深い雑草の処理に使う場合は、フォーク部分はやや長めがいいでしょう。一方短い雑草に使う際は、フォーク部分が短い方が力が入りやすいです。フォーク部分が長いもので小さい雑草を処理しようとすると、力の入れ方が少し難しくなります。

サイドの工夫もチェック

フォークのサイドに小さなフォークがついているものは、小さい雑草の根を掘り起こすことができます。処理したい雑草の種類が多い場合は、フォークの長さが選びにくいものです。サイドに工夫がされているものを選べば、ある程度の雑草に対応することができます。

草取りフォークの使い方

STEP1:雑草の根の横から差し込む

抜きたい雑草の根部分の横から、垂直に差し込みます。差し込んだあとに、テコの原理で根から掘り起こすイメージで使いましょう。根が長い雑草や、力が弱い方が使う場合は浅いところから徐々に掘っていくと上手くいきます。

STEP2:根を掴んだら引き上げる

根を掘り起こしたら、そのまま真上に引き上げます。根が切れるとまたそこから雑草が伸びてくるので、できるだけ根っこごと引き上げるイメージで使いましょう。根が切れてしまっても、その根の横に草取りフォークを差し込めば根自体を取ることができます。

草取りがラクになるポイント

雨のあとに作業する

雨のあとに作業する

晴れた日に雑草の処理をしようとすると、土が渇いていて根っこから抜けにくいです。雨が降ると水を含んで土が柔らかくなり、頑固に根を張って大きく育った雑草も簡単に抜けるようになります。雨が上がり、水たまりがなくなった頃がベストなタイミングです。雨が中々降らない場合やタイミングを逃してしまった場合は、草むしりをしたい場所にたっぷりと水をまくと作業しやすくなります。

雑草が短い内に処理する

雑草が短い内に処理する

雑草はあっという間に次から次へと生えてくるので、小さいうちに抜いてしまいましょう。春先や初夏の、まだ雑草が大きくない段階で草むしりをしておくのがおすすめです。雑草を早い段階で抜くということは、花や種をつける前の段階なので、広がりを防ぐこともできます。

草取りフォークのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

小さな雑草ほど引き抜きにくく処理が難しいものですが、この草取りフォークがあれば簡単です。短いフォーク部分で地面を削り取るようにして使うだけで、雑草の処理ができます。刃の幅が広いので、一度にたくさんの雑草を引き抜くことができます。グリップ部分に角度が付いているのでテコの原理が使いやすいこともポイントです。

この商品の特徴

小さな雑草ほど引き抜きにくく処理が難しいものですが、この草取りフォークがあれば簡単です。短いフォーク部分で地面を削り取るようにして使うだけで、雑草の処理ができます。刃の幅が広いので、一度にたくさんの雑草を引き抜くことができます。グリップ部分に角度が付いているのでテコの原理が使いやすいこともポイントです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

刃に雑草を引っかけて引き抜くタイプです。フォークの形状ではありませんが、同じように使うことで簡単に雑草を引き抜くことができます。根元近くに刃を引っかけて、斜め上に引き抜けば根っこから処理することができます。フォークの形状が上手く使えない方や、処理したい雑草の根があまり深くない場合におすすめです。

この商品の特徴

刃に雑草を引っかけて引き抜くタイプです。フォークの形状ではありませんが、同じように使うことで簡単に雑草を引き抜くことができます。根元近くに刃を引っかけて、斜め上に引き抜けば根っこから処理することができます。フォークの形状が上手く使えない方や、処理したい雑草の根があまり深くない場合におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

根が強い雑草におすすめです。刃が二股だけなので、力が入れやすいです。フォーク部分をしっかり差し込んでテコの原理で引き起こすだけで、しっかり根から処理できます。グリップもしっかりしているので、長時間の作業でも手が痛くなりにくいです。

この商品の特徴

根が強い雑草におすすめです。刃が二股だけなので、力が入れやすいです。フォーク部分をしっかり差し込んでテコの原理で引き起こすだけで、しっかり根から処理できます。グリップもしっかりしているので、長時間の作業でも手が痛くなりにくいです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

やや長めのフォークとサイドの工夫が特徴的な草取りフォークです。サイドの突起部分で根を掘って、フォーク部分で引き起こすという処理が可能になります。グリップがループ状になっているので、力を入れやすく疲れにくいです。女性や年配の方におすすめです。

この商品の特徴

やや長めのフォークとサイドの工夫が特徴的な草取りフォークです。サイドの突起部分で根を掘って、フォーク部分で引き起こすという処理が可能になります。グリップがループ状になっているので、力を入れやすく疲れにくいです。女性や年配の方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

座っての作業が難しい方におすすめです。立ったままの状態でしっかり根元から雑草を引き抜けます。アルミでできているので、軽くて操作がしやすいです。先端はフォーク状ではないので突き刺す動作は不要です。斜め上から引っかけてそのまま引き抜きましょう。

この商品の特徴

座っての作業が難しい方におすすめです。立ったままの状態でしっかり根元から雑草を引き抜けます。アルミでできているので、軽くて操作がしやすいです。先端はフォーク状ではないので突き刺す動作は不要です。斜め上から引っかけてそのまま引き抜きましょう。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー