ギター用ワイヤレスシステムのおすすめ10選!充電式も

ギター用ワイヤレスシステムのおすすめ10選!充電式も

ギター用ワイヤレスシステムとは、ギターとアンプを、ケーブルを使わずにワイヤレスで接続する音響機器のことです。ステージ演奏に適したタイプ、自宅使いに向くものなど、様々な種類があります。同じ周波数帯を使用する機器からの干渉を受けることがあるため、安定した通信には、混線回避機能が搭載されているタイプがおすすめです。今回はギター用ワイヤレスシステムの選び方と、Xvive、ammoon、boss、Line6、SHUREなどのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

ギター用ワイヤレスシステムとは

ギター用ワイヤレスシステムとは

出典:Amazon.co.jp

ギター用ワイヤレスシステムとは、ギターとアンプをワイヤレスでつなぐ音響機器のことです。トランスミッターと呼ばれる送信機をギターに装着し、レシーバー(受信機)をアンプに取り付けて使用します。一般的にギターとアンプを接続する場合は、シールドケーブルを使って、有線でつなぎます。ワイヤレスシステムを利用すると、ギター演奏中にケーブルを気にせず、自由に動けるのがメリットです。

ギター用ワイヤレスシステムの選び方

使用周波数帯で選ぶ

「2.4GHz帯」は音質が良いが電波干渉が起こりやすい

「2.4GHz帯」は音質が良いが電波干渉が起こりやすい

出典:Amazon.co.jp

2.4GHz帯を使用しているギター用ワイヤレスシステムは、音質が良いのが特徴です。価格が安価なものも多く、入手しやすいメリットもあります。そのため、自宅使いや練習用におすすめです。一方で、Bluetoothおよび、2.4GHz帯を利用するWi-Fiとの電波干渉が起きる場合があります。パソコンやスマホの発する電波の影響を受けやすく、ノイズが発生する場合があるので注意しましょう。2.4GHz帯のワイヤレスシステムをライブなどで使用する際には、混線回避機能付きの商品を選ぶのがおすすめです。

「B帯」はチャンネル数が少ないが電波の影響を受けにくい

「B帯」はチャンネル数が少ないが電波の影響を受けにくい

出典:Amazon.co.jp

B帯とは800MHz帯のことで、電波の干渉や障害物の影響を受けにくいのが特徴です。Wi-FiやBluetoothの電波干渉を受けないので、PCやスマホを利用している環境でも、安心して使用できます。一方で、チャンネル数が少なく、同時に使用できるワイヤレスシステムの台数が少ないのがデメリットです。また、2.4GHz帯を使用するタイプと比べると、音質は劣ります。

演奏シーンや接続したい楽器の数に合わせて最大チャンネル数を確認

演奏シーンや接続したい楽器の数に合わせて最大チャンネル数を確認

出典:Amazon.co.jp

ギター用ワイヤレスシステムにおける使用可能チャンネル数とは、同時に接続できるギター数のことです。複数の楽器と接続して演奏する場合には、最大チャンネル数が多いものを選びましょう。ライブハウスなどで、他のバンドもワイヤレスシステムを使用していた場合、混線やノイズなどの原因となる可能性があるので、接続する予定の台数よりプラス2チャンネル以上多い商品を選ぶのがおすすめです。

混線回避機能付きならノイズや音飛びを防げる

混線回避機能付きならノイズや音飛びを防げる

出典:Amazon.co.jp

ギター用ワイヤレスシステムに安定した通信を求める方には、混線回避機能が搭載されているタイプを選びましょう。混線回避機能タイプを使用すると、ノイズ、音飛び、混線などを防止できます。接続する台数が多い、周囲でほかの電子機器を利用しているといった場合におすすめです。

長時間の使用には電池式がおすすめ

長時間の使用には電池式がおすすめ

出典:Amazon.co.jp

ギター用ワイヤレスシステムの種類により、給電方式は様々です。主に電池式と充電式がありあります。長時間使用する場合は、電池式のギター用ワイヤレスシステムがおすすめです。中には、単3形電池2本で、24時間以上連続使用できる商品もあります。また、電池式であれば、バッテリー切れになっても、交換すればすぐに使用できるのがメリットです。

使用する目的にあった通信可能範囲を選ぶ

使用する目的にあった通信可能範囲を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ギター用ワイヤレスシステムは、商品ごとにトランスミッターとレシーバー間の通信が可能な範囲が異なります。自宅やスタジオで使用するのであれば、通信可能範囲(伝送範囲)が短めでも問題ありませんが、ライブやコンサートなどで、広い会場で演奏する場合は、できるだけ通信可能範囲が広いものがおすすめです。商品によっては、屋外の使用で20~50mの範囲に対応しているものもあります。

持ち運びやすい重さやサイズを選ぶ

持ち運びやすい重さやサイズを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ギター用ワイヤレスシステムを、外部のスタジオなどへ持ち運ぶ機会が多い方には、軽量かつコンパクトなサイズに設計されているタイプがおすすめです。ギター用ワイヤレスシステムはトランスミッターとレシーバーがセットになっているので、合わせてどのくらいのサイズかをチェックした上で、携帯しやすいサイズを選びましょう。

【2.4GHz帯】ギター用ワイヤレスシステムおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

通信可能範囲約40mで電波干渉が起こりにくくライブでの使用におすすめ

約40mの伝送範囲のカバーが可能な、ギター用ワイヤレスシステムです。ライブやコンサートなどのステージパフォーマンスで活躍します。トランスミッターは充電式で、最長で約8時間の連続駆動が可能です。2.4GHzISM帯で動作するので、テレビや無線機器などからの干渉を避け、高度なシグナルの整合性を保てるのが特徴です。エレキ、アコースティックなど、様々なタイプのギターでの使用に対応しています。

通信可能範囲約40mで電波干渉が起こりにくくライブでの使用におすすめ

約40mの伝送範囲のカバーが可能な、ギター用ワイヤレスシステムです。ライブやコンサートなどのステージパフォーマンスで活躍します。トランスミッターは充電式で、最長で約8時間の連続駆動が可能です。2.4GHzISM帯で動作するので、テレビや無線機器などからの干渉を避け、高度なシグナルの整合性を保てるのが特徴です。エレキ、アコースティックなど、様々なタイプのギターでの使用に対応しています。

出典:Amazon.co.jp

操作や充電が手軽で簡単なのが魅力

1度のフル充電で、最長約8時間駆動するギター用ワイヤレスシステムです。スリープモード時は最長約200時間待機します。レシーバーにトランスミッターをセットするだけで、簡単に充電できるのも魅力です。デザインがシンプルなので、直感的に使えるメリットがあります。操作も簡単で、つないですぐにギター演奏を楽しめます。

操作や充電が手軽で簡単なのが魅力

1度のフル充電で、最長約8時間駆動するギター用ワイヤレスシステムです。スリープモード時は最長約200時間待機します。レシーバーにトランスミッターをセットするだけで、簡単に充電できるのも魅力です。デザインがシンプルなので、直感的に使えるメリットがあります。操作も簡単で、つないですぐにギター演奏を楽しめます。

出典:Amazon.co.jp

軽量でコンパクトなので持ち運びしやすいのが特徴

最大伝送距離が約30mのギター用ワイヤレスシステムです。USB充電式で、約1.5時間のフル充電時は、連続で約5時間駆動します。4チャンネル仕様なのが特徴で、複数台を同時に使用することが可能です。複数台を同時に接続する時は、混線を防ぐために、自分のトランスミッターと相手のレシーバーの距離を1.5~2m以上離しましょう。軽量かつコンパクト設計で、携帯に便利です。

軽量でコンパクトなので持ち運びしやすいのが特徴

最大伝送距離が約30mのギター用ワイヤレスシステムです。USB充電式で、約1.5時間のフル充電時は、連続で約5時間駆動します。4チャンネル仕様なのが特徴で、複数台を同時に使用することが可能です。複数台を同時に接続する時は、混線を防ぐために、自分のトランスミッターと相手のレシーバーの距離を1.5~2m以上離しましょう。軽量かつコンパクト設計で、携帯に便利です。

出典:Amazon.co.jp

最大14チャンネル使用可能!各チャンネルの状態を確認できるのも魅力

電池式のギター用ワイヤレスシステムです。単3形アルカリ電池2本を使用します。最大で約25時間の連続使用が可能で、ギター演奏を長時間楽しめるのが魅力です。14チャンネル仕様で、各チャンネルの状態をリアルタイムで確認できる上、適したチャンネルの選択も簡単です。サイズがコンパクトでエフェクトボードへ設置しやすいメリットがあります。

最大14チャンネル使用可能!各チャンネルの状態を確認できるのも魅力

電池式のギター用ワイヤレスシステムです。単3形アルカリ電池2本を使用します。最大で約25時間の連続使用が可能で、ギター演奏を長時間楽しめるのが魅力です。14チャンネル仕様で、各チャンネルの状態をリアルタイムで確認できる上、適したチャンネルの選択も簡単です。サイズがコンパクトでエフェクトボードへ設置しやすいメリットがあります。

出典:Amazon.co.jp

音の途切れや音質の劣化が少ない安定した通信が特徴

USB充電式のギター用ワイヤレスシステムです。トランスミッター単独で充電できるほか、レシーバーと組み合わせて同時に充電することも可能です。レイテンシーが2.3msと小さく、ギター演奏時に違和感がありません。2.4GHz帯で動作し、最大14台を同時に使用できます。音が途切れることがなく、通信が安定しているのも特徴です。

音の途切れや音質の劣化が少ない安定した通信が特徴

USB充電式のギター用ワイヤレスシステムです。トランスミッター単独で充電できるほか、レシーバーと組み合わせて同時に充電することも可能です。レイテンシーが2.3msと小さく、ギター演奏時に違和感がありません。2.4GHz帯で動作し、最大14台を同時に使用できます。音が途切れることがなく、通信が安定しているのも特徴です。

出典:Amazon.co.jp

ギターペダルに取り付けて簡単に充電できる!チューナー内蔵なのが魅力

1度の充電で最大約16時間連続で使用できる、充電式のギター用ワイヤレスシステムです。レシーバーはペダルボードに取り付けるだけで、簡単に電源を確保できます。レシーバーのLEDセグメントディスプレイで、トランスミッターの電池残量を確認できて便利です。伝送距離は、屋内の場合は通常で最大約30m、屋外で使用する場合は最大約20mです。環境によっては、それぞれ60m、50mをカバーできる場合もあります。

ギターペダルに取り付けて簡単に充電できる!チューナー内蔵なのが魅力

1度の充電で最大約16時間連続で使用できる、充電式のギター用ワイヤレスシステムです。レシーバーはペダルボードに取り付けるだけで、簡単に電源を確保できます。レシーバーのLEDセグメントディスプレイで、トランスミッターの電池残量を確認できて便利です。伝送距離は、屋内の場合は通常で最大約30m、屋外で使用する場合は最大約20mです。環境によっては、それぞれ60m、50mをカバーできる場合もあります。

出典:Amazon.co.jp

プラグインするだけで自動でチャンネル設定ができる

280°回転するプラグが特徴のギター用ワイヤレスシステムです。ヘッドが柔軟に動く設計のため、ベース、エレキ、アコースティックギターなど、ほとんどのタイプに対応するのが特徴です。プラグインするだけで自動でチャンネルを設定するので、複雑なセットアップが不要なメリットがあります。2.4GHz帯で動作し、テレビやラジオなどからの干渉がなく、通信が安定しています。

プラグインするだけで自動でチャンネル設定ができる

280°回転するプラグが特徴のギター用ワイヤレスシステムです。ヘッドが柔軟に動く設計のため、ベース、エレキ、アコースティックギターなど、ほとんどのタイプに対応するのが特徴です。プラグインするだけで自動でチャンネルを設定するので、複雑なセットアップが不要なメリットがあります。2.4GHz帯で動作し、テレビやラジオなどからの干渉がなく、通信が安定しています。

出典:Amazon.co.jp

リアルタイム双方向通信で混線を防止するギター用ワイヤレスシステム

リアルタイム双方向通信が採用されているギター用ワイヤレスシステムです。トランスミッターとレシーバーとの間でリアルタイムに通信を行い、干渉する周波数を自動で回避するので、混線を防げるメリットがあります。さらに、周波数ダイバー、時間ダイバー、スペースダイバーシティ方式なども採用されており、通信が安定しているのも特徴です。

リアルタイム双方向通信で混線を防止するギター用ワイヤレスシステム

リアルタイム双方向通信が採用されているギター用ワイヤレスシステムです。トランスミッターとレシーバーとの間でリアルタイムに通信を行い、干渉する周波数を自動で回避するので、混線を防げるメリットがあります。さらに、周波数ダイバー、時間ダイバー、スペースダイバーシティ方式なども採用されており、通信が安定しているのも特徴です。

【B帯】ギター用ワイヤレスシステムおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

LEDで電波が正常に受信できているか確認できる

B帯で動作するギター用ワイヤレスシステムです。壁や人などの障害物があっても透過率が高いので、通信が安定するメリットがあります。伝達距離は、見通しの良い環境下で、最大約20mです。ライブなどの各種イベントでの使用に適しています。トランスミッターの電源は、単3形アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池、リチウム乾電池のいずれか1本使用です。

LEDで電波が正常に受信できているか確認できる

B帯で動作するギター用ワイヤレスシステムです。壁や人などの障害物があっても透過率が高いので、通信が安定するメリットがあります。伝達距離は、見通しの良い環境下で、最大約20mです。ライブなどの各種イベントでの使用に適しています。トランスミッターの電源は、単3形アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池、リチウム乾電池のいずれか1本使用です。

出典:Amazon.co.jp

シンプルな操作で初めて使う方でも使用しやすい

4つの周波数チャンネルを切り替えられるギター用ワイヤレスシステムです。最大4台まで同時に使用できるのが特徴です。トランスミッターとレシーバーを、それぞれ楽器とアンプに接続し、スイッチをオンにしてチャンネルがリンクすれば、すぐに演奏を楽しめます。専用の電池を使用する充電式で、付属のUSBケーブルを活用すると、トランスミッターとレシーバーを同時に充電できます。

シンプルな操作で初めて使う方でも使用しやすい

4つの周波数チャンネルを切り替えられるギター用ワイヤレスシステムです。最大4台まで同時に使用できるのが特徴です。トランスミッターとレシーバーを、それぞれ楽器とアンプに接続し、スイッチをオンにしてチャンネルがリンクすれば、すぐに演奏を楽しめます。専用の電池を使用する充電式で、付属のUSBケーブルを活用すると、トランスミッターとレシーバーを同時に充電できます。

自宅練習用にギターアンプもおすすめ

スタジオに行く時間が取れない時などに、自宅でもアンプから出る音で練習できると便利です。ギターアンプの選び方やおすすめ商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

ギター用ワイヤレスシステムのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー