爪ブラシのおすすめ9選!軽石がついた足用ブラシも

爪ブラシのおすすめ9選!軽石がついた足用ブラシも

爪ブラシは、通常の手洗いでは落としにくい爪の間の汚れを落とすためのアイテムです。ガーデニング後や、子どもが外で遊んだ後に、爪の間に入った土を落とすのにもぴったりです。歯ブラシでも代用できますが、きちんと汚れを落とすためには爪ブラシがおすすめです。爪ブラシは、硬めのブラシや足用ブラシ、取っ手がついたものなど、形状や大きさが異なるのでどれを選べば良いか迷ってしまいますね。今回は、爪ブラシの選び方や、クマなどのかわいいキャラクターがついた赤ちゃん用などのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

爪ブラシの選び方

目的にあった形状を選ぶ

手の爪に使うときは手にフィットするものを

 
手の爪に使うときは手にフィットするものを

出典:Amazon.co.jp

手の爪に使うのであれば、利き手じゃない方の手でも使いやすいような形状のものがおすすめです。また、手の爪は小さいため、小回りが利くような小さなサイズで使いやすく手にフィットしやすい構造の製品を使うと便利です。

足の爪に使うときは風呂場で使いやすいものを

足の爪に使うときは風呂場で使いやすいものを

出典:Amazon.co.jp

足の爪に使うのであれば、手に使うものより大きめのサイズのものがおすすめです。中には、フットケア専用の爪ブラシもあり、軽石やヤスリと一体になっているものもあります。風呂場で使うことを前提に、水の切りやすいものや風呂場で保管しやすいかどうかも考慮すると良いでしょう。

指の間に使うときは細長いものを

指の間に使うときは細長いものを

出典:Amazon.co.jp

指の間に使うのであれば、ブラシ部分が細めのものがおすすめです。ブラシ部分の面積が大きすぎると指の間にうまく入らず洗いにくいという面があります。特に足の指の間を洗うのであれば、細長い形状部ブラシがついたフット用のものがおすすめです。

好みの毛の硬さのブラシを選ぶ

爪ブラシの毛の硬さもチェックしておきましょう。商品によって毛の硬さは様々です。皮膚が弱い方や硬い触感が苦手な方はや柔らかめのブラシを、しっかり爪の汚れを落としたい方は硬めのブラシがおすすめです。

水切りしやすいものがおすすめ

爪ブラシは手や足を清潔に保つためのアイテムですが、濡れたままにしておくと爪ブラシに雑菌が繁殖してしまいます。手や足を清潔にするはずが、雑菌をこすりつけてしまうことにもなりかねません。そのため、爪ブラシはしっかり水気を切り、乾かして保管するようにしましょう。水気を切りやすいかどうかは爪ブラシの形状にもよるので、何かに引っ掛けられるようになっているものや、乾きやすい構造になっているかもチェックしましょう。

爪ブラシの消毒方法

ブラシの汚れを落とす

爪ブラシを使い終わった後は、中性洗剤で揉み洗いをし、流水で十分にすすぎます。目には見えなくても雑菌や汚れがブラシに付着しているので、ブラシの汚れ落としは毎回行うようにしましょう。

消毒した後はしっかり乾かす

消毒する場合は、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)を水で薄めた液に5分程度ひたし、流水でよくすすぎます。洗い終わった後は水気を十分に取って、フックなどに掛けて乾燥させます。濡れたままだと雑菌が繁殖しやすいので、乾燥させることを徹底しましょう。

爪ブラシのおすすめ9選!

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

人口軽石が使われていて、片面にブラシが付いているアイテムです。軽石で角質ケアをして、ブラシで爪の中の汚れを落としたりすることができます。入浴時に1つあるとさまざまなケアができるのでとても便利です。壁にかけられる紐が付いているので、使用後も乾燥させやすくなっています。心地良く磨ける柔らかさの軽石が使われているので、余分な角質だけを削れるAmazonでも人気の軽石です。

この商品の特徴

人口軽石が使われていて、片面にブラシが付いているアイテムです。軽石で角質ケアをして、ブラシで爪の中の汚れを落としたりすることができます。入浴時に1つあるとさまざまなケアができるのでとても便利です。壁にかけられる紐が付いているので、使用後も乾燥させやすくなっています。心地良く磨ける柔らかさの軽石が使われているので、余分な角質だけを削れるAmazonでも人気の軽石です。

爪ブラシのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー