浴室排水口カバーのおすすめ14選!ネットやシールタイプも

浴室排水口カバーのおすすめ14選!ネットやシールタイプも

お風呂用の排水口カバーは、排水口の掃除が簡単になるアイテムです。排水口は四角形の蓋やトラップカバー、目皿など様々な形状やサイズがあり、対応するカバーも多数販売されています。また、ネットタイプやステンレス製など、素材も商品によって異なります。今回は、浴室排水口カバーの選び方と、髪の毛キャッチが簡単にできるものなどおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

お風呂用排水口カバーの選び方

排水口の形にあったものを選ぶ

目皿につけるタイプ

目皿につけるタイプ

出典:Amazon.co.jp

排水口の形は、円形の蓋に網目の穴が空いている目皿が一般的で、排水トラップとも呼ばれます。排水口が見えないように上から蓋が被さっているタイプもあるため、蓋を外して確認してみてください。円形の蓋用の排水口カバーは、細かい網目状のステンレスのものや、抜け毛をしっかりとまとめて使い捨てできるネットのものなど、様々な種類があるのが特徴です。

細い排水口には栓をするタイプ

細い排水口には栓をするタイプ

出典:Amazon.co.jp

排水口の形が細い場合は、栓をするタイプを選びましょう。このタイプは形が筒状になっており、排水口に挿入することでカバーの役割を果たします。水の流れで抜け毛が絡みつくような造りになっているものが多く、排水口の詰まりを防ぐことができます。掃除の際にはまとまった抜け毛を簡単に取り抜くことができるため、手間がかかることもありません。また同様に抜け毛が溜まりやすい、浴槽内や洗面台などの排水口カバーとしても使用することができます。

素材で選ぶ

使い捨てで衛生的なネットタイプ

使い捨てで衛生的なネットタイプ

出典:Amazon.co.jp

ネット素材のものは、衛生的な使い捨てタイプがほとんどです。形を自在に変形させられることもメリットの1つで、排水口の目皿の形を問わず使用することができます。また、目皿に被せるタイプの他にも、目皿の代わりに置くだけのタイプも販売されています。目皿を取り外して使用するため、掃除の際に目皿を洗浄する必要がなく、汚れたものはそのままゴミと一緒に捨てられます。

掃除が簡単なシールタイプ

掃除が簡単なシールタイプ

出典:Amazon.co.jp

シール素材の排水口カバーは、ネット素材のものと同様に使い捨てタイプです。粘着力のある不織布などのシールを、排水口の上から貼って使用します。ネットタイプよりも簡単に付け外しでき、取り外す際も抜け毛が手に触れることがないことが特徴です。中には自分で好きな大きさにカットして使用できる商品もあるため、排水口のサイズや形を問わずに使用することができます。使用を続けると粘着力が弱まるため、こまめに交換することが必要です。

手軽に購入できるプラスチック製

手軽に購入できるプラスチック製

出典:Amazon.co.jp

プラスチック素材の排水口カバーは安価で購入できるため、排水口カバーを試してみたい方などにもおすすめです。形状が工夫されているものが多く、水流によって抜け毛がくるくると1つにまとまるような造りになっているものもあります。抜け毛などのゴミの処理は簡単に行える一方で、ぬめりや黒カビが発生しやすいため、こまめに掃除するのがおすすめです。

汚れにくいステンレス製

汚れにくいステンレス製

出典:Amazon.co.jp

ステンレス製の排水口カバーは、ぬめりが発生しにくく、カビなどの汚れも落としやすいのが特徴です。お風呂場に馴染むシンプルなデザインのものが多く、見た目と使い勝手を両立したい方にもぴったりです。金属糸を編み込んだタイプは、抜け毛が絡まることで穴詰まりを起こす場合があるため、それぞれの穴が独立したパンチング加工のものがおすすめです。

抗菌・消臭効果の高い銅製

抗菌・消臭効果の高い銅製

出典:Amazon.co.jp

銅は水に触れると、ごく微量の銅イオンを発生させます。銅イオンは殺菌効果が高いため、排水口のカビや悪臭を防いでくれる効果が期待できます。また、銅素材のものはぬめりが発生せず、洗浄の必要がないことが大きな特徴です。時間の経過とともに銅製品特有の黒ずみが起こりますが、塩とお酢で磨くことで見た目を維持することができます。また、錆びにくいようメッキ加工がされたものがおすすめです。

抗菌・防カビ機能の有無で選ぶ

繰り返し使用するプラスチックやステンレス素材のものは、使い続けていると菌が繁殖したりカビが発生したりします。しかし銀イオンが配合されているものなど、抗菌・防カビタイプのものを選べば、汚れの発生を最小限に抑えることができます。

掃除の頻度で選ぶ

掃除の頻度で選ぶ

抗菌加工が施されていないプラスチック素材の商品は、ぬめりがつきやすいため週に2〜3回は掃除するのが好ましいです。一方で、ぬめりや悪臭が発生しにくい銅素材のものや、抗菌加工や防カビ加工がされたものであれば、週に一度の掃除でも十分でしょう。普段掃除する頻度に合ったタイプを選ぶことで、清潔に使えます。また、排水口カバーの掃除が面倒だという方は、使い捨てタイプがおすすめです。

浴室排水口カバーのおすすめ14選

浴室排水口カバーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー