タオル掛けのおすすめ6選&選び方【キッチンをおしゃれに】

タオル掛けのおすすめ6選&選び方【キッチンをおしゃれに】

キッチンや洗面所で使うタオルは、いつもきれいに掛けておきたいものです。今回はタオルかけについて解説します。タオルかけの種類や選び方、自作できるDIY方法についてもお伝えします。ステンレスやアイアン、人気のシリコン製のタオルかけもご紹介しますので、ぜひこの機会に使い勝手の良いタオルかけを見つけてみてください。

タオルかけとは

タオルかけとは、トイレや洗面所、またはキッチンなどにタオルをかけておくものです。棒状のものが主流ですが、中にはおしゃれなフック式も人気のようです。100均やホームセンターのニトリなどでも気軽に購入することができます。

「タオルバー」とも呼ぶ

タオルかけは「タオルバー」または「タオルハンガー」とも呼ばれます。通販でタオルかけを探すときには、これらの名称でも探してみると良さそうです。「タオルバー」で検索すると、ステンレス製やプラスチック製の棒状のものが多く出てきます。

タオルかけの種類と特徴

タオルかけには様々な設置方法があります。タオルをかける場所の性質や広さなどによって選ぶと、タオルが使いやすくなりそうです。

棚や戸に引っ掛ける

棚や戸に引っ掛ける

出典:Amazon.co.jp

タオルをかける場所に余裕がない場合は、戸に引っかけるタイプのタオルかけが便利です。引っかけ方はいくつかあります。先端がフック状になっているものは、棚などにかけやすいです。引き出しなどに、タオルかけの一部を噛ませて引っかけるタイプもあります。いつでも簡単に取り外しができるので、壁などに傷を付けたくない方にもおすすめです。

どこでもつけやすい吸盤

どこでもつけやすい吸盤

出典:Amazon.co.jp

洗面所などに使うことが多いのは吸盤タイプではないでしょうか。フラットな壁面であれば、基本的にはどこにでも付けることができます。好きな場所に付けられるので、邪魔にならないところを選んで付けられるのがうれしいポイントです。ただし、吸盤は劣化してくると頻繁に落ちるようになります。一定の期間で交換した方が快適に使えるでしょう。

電化製品にくっつける!マグネット

電化製品にくっつける!マグネット

出典:Amazon.co.jp

洗濯機や冷蔵庫にマグネットで取り付けるタイプのタオルかけもあります。限られたスペースの中にタオルをかけておきたい場合に便利です。ただし、マグネットを電化製品に貼ると、磁気の影響を受けやすいとも言われています。電化製品の取扱説明書などを確認しておいた方が良いでしょう。

しっかり固定!壁付け

しっかり固定!壁付け

出典:Amazon.co.jp

タオルかけを壁に取り付けるタイプです。小さなネジなどを使って簡単に取り付けられるものも多く販売されています。壁に取り付けてしまえば、タオルかけが落ちる心配もありません。ただし、壁に穴を開けるタイプが多いので、賃貸物件に住んでいる方にはおすすめできません。場所の変更などにも手間がかかります。

タオルかけを選ぶときのポイント

タオルかけを選ぶときには、いくつか確認しておきたいポイントがあります。タオルかけは、毎日頻繁に使うことが多いものなので、妥協せずに選んだ方が良さそうです。

バータイプ・ワンタッチタイプ

タオルかけには大きく分けて2種類あります。バーにタオルをかけて、タオルを使うバータイプと、タオルかけにタオルを噛ませることで使えるワンタッチタイプです。

バータイプ

バータイプはタオルをかけるだけなので、使い方によってはタオルがすぐに落ちてしまいます。また、バーの長さとタオルの幅が合わないと、タオルを折った状態で使うことになるので、湿気が溜まりやすくなります。しかし、幅が合えばタオルをいつでも開いた状態で使えるので、タオルが傷みにくく、シワにもなりません。

ワンタッチタイプ

ワンタッチタイプ

出典:Amazon.co.jp

ワンタッチタオルはタオルかけに直接タオルを挟むので、バータイプに比べるとタオルの傷みが早くなります。また、タオルが開いた状態では使えないものもあるので、シワになりやすく、湿気が溜まることもあります。しかし、ワンタッチタイプはバータイプに比べてタオルが落ちることが少なく、その点ではストレスが少ないでしょう。

何枚かけたいか

タオルかけに、タオルを何枚かけておきたいかということも重要です。一般的なタオルかけには1枚用のものが多いようです。キッチンで使う複数枚のタオルをかけたいのであれば、布巾かけなどを利用するのも良いでしょう。また、スタンドタイプのタオルハンガーなどであれば、複数枚かけることもできます。

素材

タオルかけは様々な素材で作られています。それぞれに特徴がありますので、事前にどの素材を使うのかを考えておくと決めやすいようです。

錆びないステンレス

錆びないステンレス

出典:Amazon.co.jp

軽くて丈夫なステンレス製のタオルかけは、商品数が多くお好みのものが選びやすいでしょう。素材に光沢があるので見た目もきれいです。錆びが出ないので、水気の多いキッチンや洗面所で使っても安心できそうです。

おしゃれなアイアン

おしゃれなアイアン

出典:Amazon.co.jp

アイアンのタオルかけは、鉄特有の風味がありおしゃれなものが多いようです。アンティークな雰囲気や、オリエンタルな印象のものがお好みに方におすすめです。ただし、アイアンは重さがあるので、場合によってはケガをすることもあるかもしれません。しっかりと取り付けができる壁掛けのものが多いようです。

使い勝手の良いプラスチック

軽くて安価なプラスチック製のタオルかけは、バリエーションが豊富です。色や形をお好みで選びやすいでしょう。取り付け方法も幅広いので、タオルかけを取り付けたい場所に寄らず使うことができます。しかしプラスチックは劣化しやすいので、定期的に取り替えが必要になりそうです。

しっかりホールドするシリコン

ワンタッチタイプに多いのがシリコン製です。シリコンの弾力を生かしてタオルをホールドします。水気にも強く、重さもさほどありません。色や形が豊富なのでインテリアに合わせて選びこともできそうです。

おしゃれなデザイン

タオルかけは、ただタオルをかけるだけのものではありますが、だからこそデザインにこだわることでおしゃれな雰囲気を出すこともできます。タオルをかける部分が円形のリング状になっているものや、装飾が付いたものなどが人気のようです。

置きたい場所

タオルかけを購入するときは、どこに置くかを決めておいた方が良いでしょう。場所が決まっていないと、商品が選びにくくなるだけでなく、購入した後で大きさやデザインが合わなかったという失敗にも繋がりやすくなります。置く場所を決めたら、おおよその見当を付けてサイズを測っておくと安心です。

タオルかけのDIY方法

お好みのタオルかけが見つからないときは、ご自身でDIYすることもできます。材料は100均などでも充分揃えることができるので、ぜひチャレンジしてみてください。今回は、スタンダードなタオルかけのDIY方法をご紹介しますので、お好みによってアレンジしてみましょう。

準備するもの

  • タオルかけになる部品
  • 接着剤
  • やすり
  • ニス(なくてもOKです)
  • ネジや両面テープなど

STEP1:板にやすりをかける

タオルかけの土台となる板にやすりをかけてなめらかにします。その後ニスを塗れば艶が出て、見た目がさらに良くなります。

STEP2:部品を板に取り付ける

タオルかけになる部品(棒状のものが簡単です)を板に取り付けます。接着剤を使うと、きれいにしっかり付けることができます。

STEP3:壁に取り付ける

板の裏に両面テープを貼って、壁に取り付けます。両面テープは強力なタイプのものがおすすめです。壁に付けたらしっかりと押えて固定します。これで完成です。

タオルかけのおすすめ6選

最安値699円(税込)

この商品の特徴

人気のニトリの商品です。バーの裏にシリコンボンドが付いており、壁に貼り付けることができます。また、木ネジも付属しているので、壁にネジ止めしてしっかりと固定することもできます。家庭の事情に合わせて、都合の良い取り付け方を選ぶと良いでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

人気のニトリの商品です。バーの裏にシリコンボンドが付いており、壁に貼り付けることができます。また、木ネジも付属しているので、壁にネジ止めしてしっかりと固定することもできます。家庭の事情に合わせて、都合の良い取り付け方を選ぶと良いでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値816円(税込)

この商品の特徴

キッチンの引き出しに噛ませるだけで、しっかり安定しそうなタオルかけです。タオルをかけたまま、引き出しや扉を開閉することもできます。キッチンのスペースをできるだけ節約しながらも、効率良く使えるタオルかけをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

キッチンの引き出しに噛ませるだけで、しっかり安定しそうなタオルかけです。タオルをかけたまま、引き出しや扉を開閉することもできます。キッチンのスペースをできるだけ節約しながらも、効率良く使えるタオルかけをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値480円(税込)

この商品の特徴

真ん中のシリコン部分に、タオルの一部を押し込むだけで使えます。場所を取らないので省スペースでの利用が可能です。キッチンでは目線よりも少し下の所に取り付けると使い勝手が良さそうです。あまり生活感を出したくない、シンプルなデザインが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

真ん中のシリコン部分に、タオルの一部を押し込むだけで使えます。場所を取らないので省スペースでの利用が可能です。キッチンでは目線よりも少し下の所に取り付けると使い勝手が良さそうです。あまり生活感を出したくない、シンプルなデザインが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値916円(税込)

この商品の特徴

洗濯機や冷蔵庫など、既にある家電を利用してタオルかけを設置することができます。マグネットタイプなので、いつでも取り外せて便利です。お客様が来たときにもさっと片付けられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

洗濯機や冷蔵庫など、既にある家電を利用してタオルかけを設置することができます。マグネットタイプなので、いつでも取り外せて便利です。お客様が来たときにもさっと片付けられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値214円(税込)

この商品の特徴

片手でも簡単にタオルやふきんが掛けられます。・キッチン、バス、洗面所、トイレ等、色々な場所で使用できます。・ふきん、タオル等、布の端を三角形のすき間に掛けるだけでとまります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

片手でも簡単にタオルやふきんが掛けられます。・キッチン、バス、洗面所、トイレ等、色々な場所で使用できます。・ふきん、タオル等、布の端を三角形のすき間に掛けるだけでとまります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値267円(税込)

この商品の特徴

キッチンのタオルかけはやっぱりスタンダードなものが安心する、という方にはこれがおすすめです。吸盤で取り付けられるプラスチック製で、タオルが壁に付きにくいように工夫されています。滑り止め付きでタオルがずり落ちにくくもなっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

キッチンのタオルかけはやっぱりスタンダードなものが安心する、という方にはこれがおすすめです。吸盤で取り付けられるプラスチック製で、タオルが壁に付きにくいように工夫されています。滑り止め付きでタオルがずり落ちにくくもなっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー